コンプライアンス違反を未然に防ぐための対策を解説!違反の事例や気をつけるべき事とは?パワハラの対処法や相談先もご紹介

さらにそれによって職場の雰囲気が悪くなることも避けられる可能性があるのです。

このように1つの問題が別の問題に関連していることもあります。

1つ1つの問題を放置して正当化せず、しっかりと解決に向けて改善していくことで誠実なコンプライアンス経営へ繋がるでしょう。

コンプライアンス違反を徹底対策!ポイント別の対策法

分析 コンピューター 雇用

予期せぬコンプライアンス違反を避けるためにも対策は大切になります。

不正や人的なトラブルを未然に防ぐために具体的な対策を講じる必要があるからです。

そこでコンプライアンス違反を防ぐポイントについても見ていきましょう。

アドバイスを専門家に受ける

弁護士 裁判

コンプライアンスは様々な社会倫理企業倫理を守る必要があるため、専門家のアドバイスを受けることがおすすめです。

会社を担当している弁護士、もしくはコンプライアンスに詳しい弁護士専門機関に相談してみてください。

電話で気軽に質問できる弁護士事務所やコンプライアンスの相談窓口もあります。

コンプライアンスは専門性の高い事柄なので無理に自身で解決しようとせず、より詳しい相手にアドバイスを受けると良いでしょう。

規則の明確化と周知

ルール 日常生活 構造

社内で規則を明確にし、それを周知させる活動も行いましょう。

弁護士などと相談して規則をしっかりと示せば、遵守しなければならない点が明確になります。それは社内での抑止力となるでしょう。

また、規則を作るだけではなく、さらにそれを禁止とする意味理解を広めることも大切です。

社内で同じ認識が広まることで違反が起きにくい、起きても迅速に指導して悪化を防ぐことができる可能性もあります。

社内環境の設備

男 女 オフィス

社内環境を多角的に良くすることも大事にすべきでしょう。社内環境は備品などの物の問題、同僚や上司などの人の問題があります。

空調設備がないために労働環境が悪かったり、勤務態度に問題がある人を放置することはコンプライアンス違反です。

社員全員が快適に労働できる設備工事をしたり、社員への指導や人事異動をして社内環境を整えるようにしてください。

社内環境を整えることで社員が働きやすい雰囲気になり、能率も良くなるでしょう。

外部機関を利用して防止対策をする

オフィス 代理人 読む

コンプライアンス問題がある場合、相談できずにいる社員がいることもあるでしょう。

例えばそれが同僚や上司などで人間関係に支障をきたす恐れがある場合はそれを懸念する人も多いはずです。

そんな時に相談しやすくするためにコンプライアンス管理を外部機関委託するという手もあります。

弁護士社労士などのコンプライアンス受託サービスなどで顧問契約を結び、管理を一括して任せるのです。

外部機関を使うことで違反を防止することができる上、より良い企業へ改善していく相談もすることが出来るでしょう。

コンプライアンス違反の相談先

秘書 電話 オフィス

コンプライアンス違反に含まれる様々な事柄はケースによって、相談先は変わります。

もし労働に関わることであったなら、労働基準監督署にて状況を伝えて問題があるかどうか確認することも良いでしょう。

また、ダイヤルサービスが行うコンプライアンス・ホットラインでは、企業のコンプライアンス違反の通報を受け付けています。

法令に基づいてあらゆるコンプライアンス違反について総合的に相談通報をすることができるのが特徴です。

このような企業を通して、コンプライアンス違反について相談することも視野に入れておきましょう。

全国労働基準監督署の所在案内

ダイヤルサービス コンプライアンス・ホットライン

まとめ:コンプライアンス遵守が社会をより良くする

都市 人 群衆

良き社会を作るためにも企業はコンプライアンスを積極的に遵守する姿勢が必要になってきます。

コンプライアンスを守ることで企業とその社員という大事な資産、ひいては人の生活を守ることにも繋がるからです。

そのためには規則を明確にし、専門家と相談を重ねて不正や違反が起きにくい会社作りを心掛けてください。

また、逆にコンプライアンス違反があって悩んでいる場合も、身を守るために専門の機関を利用するようにしてくださいね。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html