家庭用金庫の必要性を解説!メーカーのおすすめやランキングは?置き場所や何を入れるか・ダイヤル式と指紋認証のメリットも紹介

空き巣などのリスクを回避するためには、貴重品の管理をしっかり行わないといけません。

家庭用金庫は貴重品を管理する方法の一つでこれから使おうと考えている方もいるのでは?

一口に家庭用金庫と言っても種類がいくつも存在するので自分に合った物を選ぶ必要があります。

これからセキュリティ強化を考えている方に向けて家庭用金庫の必要性からおすすめのメーカーまで一通り紹介します。

貴重品の管理を徹底したい方は一度チェックしてください。

家庭用金庫の必要性

金庫

家庭用金庫がどうして必要なのかイマイチ分かっていない方もいるのではないでしょうか?

日常生活を過ごす上で何が起きるか分かりません。

空き巣火災などから貴重品を守るために家庭用金庫が必要です。

大規模な災害により、通帳をはじめとした貴重品が無くなってしまう可能性も十分考えられます。

最悪の事態に備え、家庭用金庫に重要書類などを保管しておきましょう。

家庭用金庫の選び方

数多く存在する家庭用金庫の中からいかに自分に合った物を選べるかどうかが重要になってきます。

物によっては自分に合わない物も存在します。

今から家庭用金庫の選び方について解説していくので参考になれば幸いです。

サイズ

大きめの金庫

家庭用金庫によってサイズがまちまち。

部屋に家庭用金庫が置けるだけのスペースがあるかどうかチェックする必要があります。

重量

重量によって持ち運びのしやすさが変わってきます。

貴重品を外に持ち運びする機会が多いかどうかが選ぶ決め手。

通帳などを持ち運びする頻度が少ない場合は重い家庭用金庫を選ぶことをおすすめします。

軽い家庭用金庫は持ち運びするのに便利ですが、空き巣やひったくりの被害に遭いやすい点に注意しないといけません。

高さ

天井の高い部屋

家庭用金庫を購入する際、天井などの高さを意識したいところ。

保管場所によっては家庭用金庫を収納できない可能性が出てきます。

押し入れなどの高さを採寸しておくことをおすすめします。

収納量

貴重品がどれだけ入るかも重要です。

内寸をチェックし、金庫内にどれだけの物が入るか把握しましょう。

収納できる量は家庭用金庫によって大きな差があります。

また、何段あるか、一段あたりの収納量なども知っておかないといけません。

貴重品を仕分けを意識するなら段数の多い家庭用金庫がおすすめ。

耐火性能

火事

耐火性能に優れているかどうかも家庭用金庫を選ぶポイントです。

火災などの被害が心配な方は耐火金庫を一度チェックしたいところ。

防盗性能

空き巣

窃盗などの被害を避けられるかどうかも家庭用金庫を選ぶ基準になってきます。

空き巣が心配な方は防盗金庫を購入してはいかがでしょうか?

防盗金庫は防盗試験を合格した金庫のことで防盗性能に優れています。

防盗性能に優れているかどうかをチェックすることである程度選択肢を絞ることが可能です。

耐用年数

丈夫で長持ちするかどうかも家庭用金庫を選ぶ際のポイント。

できる限り長く使える物タイプを選びたいところです。

気になる家庭用金庫があれば耐用年数はいったいどのくらいか一度チェックしてはいかがでしょうか?

家庭用金庫の置き場所

防犯対策を行う上で家庭用金庫の置き場所を意識する必要があります。

適当な場所に置いておくと被害に気付くのに遅れたり、貴重品を取り出すのに苦労したりします。

ここでは、家庭用金庫の置き場所について話していくので参考になれば幸いです。

出入り口から離れた場所

書斎

空き巣などの被害を避けるためなら出入り口から離れた場所に設置したいところ。

玄関や窓がどのくらいの場所にあるかチェックし、置き場所を吟味することをおすすめします。

頑丈な床の場所

フローリングの床

家庭用金庫によっては100㎏を越えるタイプも出てきます。

置き場所によっては床が壊れる可能性もゼロではありません。

これから家庭用金庫を設置しようと考えている方は床が頑丈な部屋は一体どこか把握しておきたいところ。

不安な方は床の補強工事を行う必要が出てきます。

使い勝手の良い場所

防犯対策は重要ですが、使い勝手の悪い場所に置いて書類などを取り出すのに一苦労となっては本末転倒です。

家庭用金庫を設置する際は使い勝手の良い場所を選ぶことをおすすめします。

書類などを取り出す際にしゃがむ必要があるかどうかなどをチェックしておくと良いかもしれません。

家庭用金庫に入れておきたい物

家庭用金庫に入れておきたい物はいろいろあります。

人によってはどれを入れておけば良いかイマイチ分かっていない方もいるのではないでしょうか?

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html