詐欺犯人イメージ

オレオレ詐欺を防ぐ対策法を伝授!騙されやすい手口の種類と防犯方法を解説!シニア世代の両親に伝えておくべきこととは?

オレオレ詐欺による被害はマスコミで大々的に報道され多くの人の知るところとなりました。

警察も専用窓口を設置するなど対応に全力を挙げていますが、犯罪者集団は次から次へと新たな手口を編み出しているようです。

そこで本記事では頻繁に報告される手口最新の対応策について取り上げていきます。

これを読んだ方が1人でも多く卑劣な詐欺被害から逃れるきっかけになれば嬉しいです。

オレオレ詐欺の手口を知ろう

アイキャッチ

オレオレ詐欺が横行するようになり約15年が経過しますが、令和元年7月の被害認知件数はなんと1567被害総額は28.7億円にもなります。

さらに年々悪質なオレオレ詐欺は増加傾向にあり、その手口も巧妙に進化しているのです。

ではオレオレ詐欺は一体どのように進化しているのでしょうか?

これまで知られてきたオレオレ詐欺の手口は、事故の加害者になったと孫や子供を装って金銭を要求するものでした。

何かしらのトラブルを起こしてしまい、その責任を取るためにお金が必要だから助けて欲しい、人の善意を利用した悪質なものですね。

このオレオレ詐欺ももちろんなくなっているわけではありません。

しかし近年発生している詐欺の手口では、人の善意を利用するのではなく“自分の身にトラブルが降りかかった”と思わせるケースが増えています。

そのため、詐欺集団がなりすますのは次の職業の人物が多いのです。

警察官や県や市の職員、銀行員やクレジット会社、そして弁護士など。

これはあくまで2019年10月時点での最新の手口で増えているものなので、これまでのようなオレオレ詐欺も相変わらず横行しています。

どんな人物になりすまし、どんな手口で詐欺に遭うかは予測できません

だからこそ、騙されやすい手口の種類なども知っておく必要があるのです。

騙されやすい手口の種類と防犯方法を解説!

「電話番号が変わった」という通称アポ電

電話番号変更

その手口は、まず対象の相手の子供であることを装って携帯番号が変わったことを知らせるだけのために電話がかかってきます。

あらかじめ電話や不正入手した個人情報で、家族構成や資産、住所を熟知しているケースも増えてきています。

これは単なる序章にしかすぎません。本来の詐欺目的の連絡を確実に受電させるために行うものです。

もしこのような電話がかかってきた場合には、直後に従来の連絡先に折り返し電話をしてみましょう

その際、絶対に当事者の家族同士しか知り得ない事実や、慌てていても簡単に思い出せることなどをキーワードにすることが肝要です。

なりすまし(会社の上司や警察官、銀行、市役所の税務課職員等)

スマホと通帳

これは実在する人物になりすましてターゲットに近づいてくる手口です。

どのような人物になりすますのかをご紹介します。

警察関係者などになりすますパターン

例えば「子供さんが職場で高額の詐欺に遭った。その金額を会社に今日中に補填しないと会社をクビになってしまう。」と連絡してくるケース。

これは人あるいは会社に迷惑がかかることを危惧する気持ちを利用して金銭をだまし取る手口です。

「大至急指定口座に入金してください」「クレジットカードを預かります」などと電話で了承を取った直後、偽警官を被害者宅に訪問させます。

警察官だからと安心してクレジットカードや銀行の通帳を預けてしまうと、限度額を利用されたり預金を引き出されてしまうのです。

警察官が1人で個人宅に訪問し、個人情報ましてやクレジットカードや銀行通帳などを預かることはまずあり得ません

被害者の弁護士になりすますパターン

弁護士を名乗って電話をかけ、孫や子供がトラブルを起こしたと思い込ませる手口です。

「詐欺被害の示談交渉を始めたいが、相手が目の前で興奮して話が始まらないので一時金として〇〇万振り込んで下さい。」などと要求します。

交通事故などを起こしてしまった場合、実際に相手の保険会社や弁護士から直接連絡が来ることはあるでしょう。

しかし、加害者本人から何の相談もないまま突然家族に連絡をしてくるということは考えられません。

まずは慌てず、加害者となったとされる本人に連絡をし、確認をとることが先決です。

区役所や市役所の税務課の担当者になりすますパターン

「過払い税金の還付金を振り込む」と連絡をし、振込先の銀行の口座番号と暗証番号などを聞き出し、全額を引き落としてしまう手口です。

口頭では絶対に銀行の口座番号やクレジットカードの暗証番号などは教えないようにしましょう

本物の銀行や区役所は、電話での振込案内は一切行っていません。

相手の氏名、所属部署、連絡先、対応時間を直ぐに訊いてみましょう

即答できなければそれは詐欺です。電話を切って、正式な場所に掛け直し、通話者の在籍確認をするのも有効です。

これって詐欺かも…。もしもこんな状況になったら

(ケース1) 会社で子供が顧客に損害を与えて、一時金で示談交渉に応じるといわれた

子供の会社の上司になりすまし電話がかかってくる場合があります。

その場合、子供の携帯と会社の所属部署に連絡しましょう。事実確認は迅速に行います。

そして電話をかけてきた人物が本当に存在するのか、部署と名前をフルネームで聞いてください。

社会人であるお子さん本人ではなく、会社が突然親に連絡をしてくるということはありません。

(ケース2)職員を装って銀行の口座番号と暗証番号を聞かれた

行政や自治体の職員を名乗って何らかの返金があるという詐欺も存在します。

もし本当に何らかの返金があるとしても、これらの職員が個別に銀行の口座番号と特に暗証番号をたずねてくることは絶対にありません

自分が住む区役所や市役所の税務課など、連絡が必要な窓口の電話番号をあらかじめ手元に控えておきましょう。

また、電話を一旦掛け直すと伝えてみるとそれ以降掛けてこなくなり解決することもあります。

(ケース3) 銀行のキャッシュカードを新たに作り直す必要があるからとIDと暗証番号の提出を求められた

令和元年に横行した手口のように、元号の切り替えや何か大きな時代の変化があった場合を利用し、詐欺軍団は頭を使ってきます。

このケースでは、元号が変わったことによりキャッシュカードが変更になるという手口でした。

さらにIDと暗証番号をバイク便で送るよう指示してきたのです。

改元のために、キャッシュカードを作り直す必要は一切ありません

もちろん銀行からバイク便がカードの回収に訪問することもあり得ないのです

高圧的な脅しへの対策

困惑する親

詐欺集団は役割によって稼働しています。さらに誰かになりすますため、堂々と演技をするのです。

そして年々その役割も複雑になっていて、「多くの人に迷惑をかけている」と思ってしまう被害者の心理を利用します。

要望に応じるまで派手な振る舞いと怒鳴り声で脅してくるのです。

子供役も、相手の親族や関係者を装った詐欺師から恐喝されているような芝居をします。

こういった緊迫感のある電話の場合、電話受けた方はもっと焦り動揺してしまいますが、そこを詐欺集団は狙っているのです。

そのため、この通話を録音していることを落ち着いて伝え、実際に録音できればなお良いでしょう

即、電話を切られ、解決することも充分あり得ます。

絶対に1人で判断せず、本人と直接連絡がとれるまで絶対に振込をしないことを頭に入れておいてください。

シニア世代に伝えておくべきこと

オレオレ詐欺の被害者はその多くがシニア世代です。

これだけの注意喚起がされているにも関わらずオレオレ詐欺がなくならないのはなぜでしょうか。

それは、正常な判断をさせない手法、手口を熟知しているから。

そしてその手法や手口が最も通用するのがシニア世代だということも分かっているからです。

被害に遭わないためにはどうする?

オレオレ詐欺の被害に遭わないためには、最寄りの警察の詐欺対応専門の部署にすぐ連絡できるようにしておくことです。

例えば、家の電話の見やすい場所にメモを貼っておき、電話を受けながらも詐欺を疑えるようにしておきます

携帯のメモにも転記しておくのもいいですね

また、町内で得られる最新情報が有れば共有しておきます。シニアから子供へ、子供からシニアへ。

最近はSOS窓口が町内会にも多数設置されています。

近隣で被害が頻発している時

すでに地域でオレオレ詐欺の被害が確認されている場合、特に注意が必要です。

連絡がきそうな時間帯は信頼できる友人や家族に対応してもらいましょう。

よくあるケースは平日の午前10時頃、または午後2時頃

これは金融機関で振込可能な時間帯を狙ってきているといわれています。

身近で起きたケースの詳細を家族に調べてもらいましょう。

シニア世代の方が家で1人になる時間ができないよう工夫をしてください。

また、親戚縁者で疎遠になっている人と定期的に近況報告をしておくことも大事です。

個人情報を不正に入手してくる業者も多いので、家族の名前や呼び名など、仮に一致することもあるかもしれません。

信用せずに家族に代わってもらうなどの対策を決めておくとよいですね。

番号非通知の電話には出ない、などの細かな取り決めを追加してもよいでしょう。

オレオレ詐欺やなりすまし詐欺では、本人同士にしか解らないキーワードを含めると非常に効果的です。

子供や孫の名前をメモし、電話の近くのわかりやすい場所に貼るのもお忘れなく。

あわせて自分のことをどう呼ぶかを、本人から聞いたりメモをしておくなどしましょう。

あると安心な連絡先一覧を作る

ボールペンのペン先アップ

オレオレ詐欺の被害はシニア世代が最も騙されやすいとお伝えしてきましたが、それ以外の世代をターゲットにする詐欺集団もいます。

そういう意味では、誰もが本記事の対策を頭に入れておくと良いでしょう。

例えば、子供がまだ小さい場合は子供の学校や塾などの担任の先生の名前、親しい友人の氏名と親の連絡先をまとめて一覧にしておきます。

万が一アポ電がかかってきた場合、話題に出された時点で切電し当事者にコールバックすると真偽の判断が容易です。

また、勤務先の部署への直通連絡先と上長の氏名も家庭内で共有しておくといいですね。

犯人の曖昧な言動を許さないように、できれば相手に両方言わせるようにするのも犯人が警戒するポイントです。

あとは自身のメインバンクの最新の振り込め詐欺情報を定期的にチェックしておく必要があります。

パソコンが苦手な方は、家族や周囲の信頼できる方に依頼し、必要なページを印刷してもらうなどして、定期的に情報提供してもらいましょう。

対策に役立つアイテム

詐欺イメージ

詐欺対策強化機能付きの電話

ここまで言及してきた対応をアシストしてくれるような家庭用電話機メーカーの対策が非常に充実してきました。

「詐欺対策」「電話機」で検索することで、最新機器の情報が得られます。

このアシスト機能は、知らない相手には名前を確認してくれる「自動聞いてから応答」です。

応答前に振り込め詐欺対策モードになっていることや通話を録音することについてのメッセージが流れます。

落ち着いて電話対応できるようになりますし、何より防犯意識が高い家であるという印象を与えることもできますね。

ボイスチェンジャー機能付きの電話

また、ボイスチェンジャー機能もついた電話機も増えてきており、一人暮らしの方には心強い機能です。

あらかじめ男性の声で応答してくれるように設定するだけで、犯人が持っているリストから除外される可能性があります。

まとめ

悩まないで

ここまで、オレオレ詐欺の被害に遭わないための対策方法をお伝えしてきました。

シニア世代の方、またはご家族の方はぜひとも本記事の対策を参考にしてみてください。

そして万が一不審なアポ電などを受電した場合は絶対に1人で悩まずに、家族や信頼のおける友人に相談することです。

今後も、新たな手口が続々と増えてくることが予想されます。

オレオレ詐欺の被害に遭わないようしっかりと対策をしておきましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html