出し子の違法性と巻き込まれないための対策を解説!怪しいバイトの見分け方やリスクは?捜査・逮捕となった実例や罰則もご紹介

皆さんは出し子という単語をご存知でしょうか?

この単語は振り込め詐欺に関わる役割を示すものであり、普通に生活していれば耳にする単語ではありません。

ただ、ちょっとしたきっかけで出し子になってしまう可能性は誰しもあり得るものです。

今回はそんな出し子の違法性や危険性を解説していきます。

特に若い世代やそんなお子さんを持つ人はチェックしてみてください。

出し子とは?

取引

出し子とは振り込め詐欺における役割の一つを指します。

振り込め詐欺においてグループで犯罪をおこなう場合には以下の役割分担をすることがあります。

  • 主犯格……振り込め詐欺の計画・指揮をおこなう人物
  • かけ子……振り込め詐欺のターゲットに電話をかける役割
  • 出し子……銀行に振り込まれた場合にその口座からお金を降ろす役割
  • 受け子……ターゲットの家に直接お金を受け取りに行く役割

これらの役割の中で出し子が別枠として話題になるのは、出し子の役割を詐欺グループ以外の人物がおこなうことがあるからです。

出し子をやる人からすれば口座からお金を降ろすという作業だけで報酬を貰えるという簡単な仕事になります。

その結果、アルバイト感覚で学生未成年が受けてしまう事態が発生しているのです。

出し子の違法性

犯罪者

ここでは若い世代が出し子にされる理由とその違法性を紹介していきます。

詐欺グループが外部の出し子を使うメリット

逃走

詐欺グループが外部の出し子を使う理由は主犯格の特定を避けられるというメリットがあります。

詐欺師の疑惑のある人物は警察も目を光らせていることもあり、安易に銀行へ行くことも詐欺師側にはリスクになり得る行為です。

対して学生や未成年は警察のマークから外れて、お金を降ろせる可能性があります。

ただ、実際には慣れない作業で怪しさが出たり、明らかな未成年が大金を取り出すことに違和感を覚えられたりするものです。

それでもリスクに晒されずお金を降ろせて、いざとなれば足切りできる出し子は詐欺グループ側の大きなメリットになっています。

出し子が問われる罪

出し子は違法行為であることは間違いないのですが、実は罪として問われるのは詐欺罪ではありません。

口座からお金を降ろす行為自体は被害者や銀行側を騙しているわけではないのです。

その代わりに銀行の占有下にあるお金を正当な権利なく引き出すことは、窃盗罪にあたります。

もしも銀行でお金を降ろす際に銀行員と話した場合は詐欺罪が成立することもありますが、人を騙さない限りは窃盗罪となるのです。

出し子の逮捕の実例

逮捕

ここでは実際に出し子が逮捕された実例について紹介していきます。

2020年5月の事例

こちらは19歳の無職の少年が逮捕された事例です。

少年は出し子として銀行に来る際に一般客として紛れるためカレーの具材を入れた買い物袋を持って来ていました。

しかし、警察側が少年に職務質問をおこなったことで出し子が発覚したのです。

買い物袋を持つ行為は詐欺グループ側の指示によるもので、少年のスマートフォンにはそのメッセージが残っていました。

ただ、この手口が他でも数回使われたことで逆に警察の捜査の目印となり、複数人の出し子の特定に繋がったのです。

このように未成年でも出し子として動けるように指示を出されることもあります。

2018年11月の事例

こちらは出し子として詐欺グループに関わっていた親子3人が逮捕された事例です。

3人は騙し取ったお金を仲間に分配するために連携してお金を降ろし、コインロッカーに移動させることを繰り返していました。

家族ぐるみの例は珍しいですが、知り合いから誘われた事で詐欺グループに入ってしまうことは少なくないものです。

顔を見知っているせいで途中で抜け出すこともできず、ずっと詐欺に加担してしまう結果になります。

2018年10月の事例

こちらは出し子のグループリーダーの男が逮捕された事例です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html