ドアロックの種類や選び方を徹底解説!玄関や窓・賃貸住宅などケース別のおすすめは?防犯性を高める取付け方もチェックしよう

ドアロックを2重以上にすることに対して「既にある鍵で十分ではないか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、空き巣が入る際に鍵が1個だけだとピッキングをされたり窓を割られたりした時点で鍵の意味はなくなってしまいます。

更にいえば窓の鍵だと思われている部分はあくまで窓を止める締め金具であり、完全な鍵とはいえないものなのです。

これらのことから考えるとドアや窓のにある1つの鍵(締め金具)だけに頼るのは心もとないものです。

今回はそんな不安を解決する2重ロックについてのおすすめを紹介していきます。

ドアロックを2重にする方法

一口に2重ロックにするといっても方法はいくつかあります。

その中で最も簡単で料金を使い過ぎない方法はどれになるのでしょうか?

方法1:鍵穴の数を増やす

単純な方法ではありますが鍵穴を増やすことです。

ただし、この方法ではドアに何らかの加工を施さなければいけないので元のドアに傷がついたりデザインを損なう可能性があります

また、ピッキングで開けられる場合は同じタイプの鍵穴を設置することは防犯上効果的ではないものです

方法2:鍵自体を新しいものに取り換える

現状の鍵だけで不安がある場合は鍵自体を新しいものに取り換えるという手段もあります。

鍵をかけると最初から2重ロックがかかるような鍵もしくはドアノブに替えれば防犯性は間違いなく上がるものです。

ただ、元からある鍵を新しくするにはどうしても料金がかかってしまいます

方法3;補助鍵を設置する

3つの方法の中で最もおすすめできるのは補助鍵(錠)の設置です。

使う製品によってはドアを全く傷つけずに設置できるものもあります。

料金についてはピンキリにはなりますがお安く設置できるものもあるのですぐに対策のために買えるのは良いところです。

今回はこの補助鍵について見ていきます。

玄関におすすめの2重ロック

日常生活をする中で鍵を開け締めする回数が多くなるのは玄関です。

そんな玄関におすすめできる2重のドアロックとはどのようなものなのでしょうか?

ここでは製品を一例にしておすすめの補助鍵を紹介していきます。

別種のキーによる2重ロック

ガードロック内開き扉用[室外]物件管理ロックNo.597

1つ目はシンプルにもう1つの鍵穴を設置するタイプの2重ロックです。

補助鍵の場合は鍵の形がディンプルキーというピッキングに強いタイプのキーになっていることが多くなっています。

この鍵の形が違うことで片方がピッキングで開けられたとしても、もう片方には同じ開け方が通じないという対策ができます。

ダイヤル式のキーによる2重ロック

ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ ブラック N-2425

2重ロックをする際に気になるのは鍵の管理です。

鍵の数が増えると無くしてしまう可能性も上がりそうと考える人もいると思います。

そんな不安がある方はダイヤル式のキーがおすすめです。

暗証番号であればピッキングの対策はもちろんのこと2つ目の鍵を持つ必要はありません

また、こちらの製品とは異なりますが同じく数字を使用するテンキー型の補助鍵も存在します。

ただし、テンキーの場合は電子製品となるので値段もやや高めになってきます。

リモコン式のキーによる2重ロック

鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEY

2重ロックでは通常の鍵に加えて解錠までにもうひと手間かけなければならないところがあります。

そんなひと手間を省くことができるのがリモコンによる2重ロックです。

外からリモコンのボタンを押すことでロックを解除できるので後は通常の鍵を開けるだけになります。

設置が大変に思えますが画像の製品は工事不要で取り付けられるタイプであり、そのような製品は数多くあります。

値段は高めになっていますが便利さでは他よりも優れたロックです。

補助鍵の設置についての注意点

今回紹介している製品はドアに挟み込むか粘着テープで付けられるものになっています。

しかし、商品によってはドアに穴を開け、ドライバーを使用して取り付けるタイプもあります。

購入の際にはどのように取り付けるタイプかもチェックしておきましょう。

窓におすすめのドアロック

暑い夏に風を入れたりや冬に空気を入れ替える等、締めっぱなしとはいかないのが部屋の窓です。

空き巣が入ってきやすい場所でもある窓はどのようなドアロックをすればいいのでしょうか?

ここでも製品を一例としておすすめの補助鍵を紹介していきます。

窓の枠に貼り付けるサッシロック(ワンタッチシマリ)

伊藤製作所 ワンタッチシマリ 大 1個入 ブロンズ

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html