車上荒らしの手口と防犯対策を解説!車上荒らしが狙うものと被害に遭う車の特徴とは?おすすめのカーセキュリティーグッズも紹介

車上荒らしという言葉を聞いて、あまり実感がわかない方も多くないでしょうか?

実際に被害に遭われた方や目撃したことがある方は、かなり酷な犯行であることもご存知かと思います。

今回は、そんな車上荒らしについて詳しく解説していきます。

この記事を通して、犯行手口狙われやすい車だけでなく、防犯対策グッズについても知っていただくことが可能です。

ぜひ、参考にしてみてください。

車上荒らしの一般的な手口とは?

まずは、車上荒らし犯が実際に犯行を行う際に、よく使う手口をご紹介します。

皆さんもご存知の内容であったり、想像できる部分もあるかもしれませんが、改めておさえていきましょう。

人気のない場所・深夜を狙う

もし仮にあなたが車上荒らしを行うとするならば、どういった場所や時間を選びますか?

やはり、人気のない場所や深夜を考える方が多いでしょう。

犯人としてもこういった場所や時間は、自分にとって好都合なことは事実です。

お家によっては人の目があまり向かない場所に車が止めてあり、それが原因となっている場合もあります。

家のガレージに置いてあっても、人気がなかったり深夜であれば狙われることがあるのです。

窓ガラスを割る

実際の犯行の際に取られる手段として、窓ガラスの破壊があります。

特に一昔前の車には、セキュリティシステムが取り付けられていないことも。

そのような場合、破壊による“振動”での感知が行われません。

また、大胆な犯行であるものの、一瞬で済ますことができるのも犯人としては好都合なポイントです。

窓が若干空いている車

皆さんも窓ガラスを少し開けたまま、車を離れたことがないでしょうか?

全開や半開の状態で車から離れることはなくとも、少し開けた状態で車を降りた経験は結構あると思います。

そうした少しの隙間から、特殊な道具を使って中から鍵を開けて侵入されることもあります。

あまり形跡を残すことなく、その場を去られてしまうという大きな欠点があります。

車上荒らし犯は何を狙うのか

こうした犯行を行なう際に、犯人は車の中にある何を盗もうと考えているのでしょうか?

カーナビ・オーディオ

車上荒らし犯が盗む品として上位に入るのが、車内に設置された機器です。

ダッシュボード上のカーナビなど、場合によって車外からも視認しやすいことがポイントともいえます。

財布・高級品・ブランド品

これらの物をダッシュボード上に載せていたり、助手席の上へ置いたままにする癖がある人は要注意です。

ダッシュボードは外部から確認しやすいため、犯人としては絶好のチャンス思われてしまいます。

車のパーツ

車内・車外に限らず、車に取り付けられているパーツが犯行対象となってしまうケースがあります。

スポーツカーや名車といわれている車などでは、パーツが盗まれやすいようです。

車が好きな犯人知識が豊富な犯人は、外装パーツであろうと高値で売るために取り外すことがあるのです。

タイヤやホイール

こちらも車のパーツと通ずる部分がありますが、足回りのパーツが狙われることもあります。

場合によってはジャッキを用いて、タイヤ丸ごとホイール丸ごとを取り外されるケースも。

物によっては高価なものがあるため、足回りが狙われてしまうようです。

車上荒らしで狙われやすい車の特徴

赤ペンとチェックノート

こうしたアイテムを狙うために、犯人はどういった車を選ぶ傾向にあるのでしょうか?

カーナビやオーディオ搭載車

カーナビ等の機器を搭載している車は、昔から狙われやすいとされています。

特に最新の機器は高値で売れる傾向にあるため、新しいものほど目をつけられやすいといえます。

また、ダッシュボード上へ取り付けるタイプの物は視認しやすく、狙われやすいです。

三角窓のあるセダン等の車

三角窓は普通の窓に比べてガラスの飛び散りが少なく、また破損跡が面積的に目立ちにくいです。

そのため三角窓が設置されている車は狙われやすいとされています。

セキュリティシステムのない車

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html