海外旅行におすすめの財布の選び方とスリ対策を徹底解説!海外旅行に最適な安全性の高い財布とは?貴重品を守る管理術も必見!

あなたはこれから海外旅行に行く計画を立てているところですか?

楽しい思い出がたくさんできるであろう海外旅行。

そんな一大イベントで、例えばスリの被害に遭ってしまったらどうでしょうか?

きっと予定していた日程をキャンセルして被害状況の把握と後処理に追われることになるでしょう。

そんな悪夢のような事態は何としても避けたいものですね。

この記事では、スリ対策を強化し海外旅行を成功させるために役立つおすすめの財布行動方針について解説していきます。

海外旅行にはたくさんの危険が

まずは海外旅行での危険について解説していきます。

日本人は狙われやすい

もし仮にあなたがスリや強盗だとしたら、誰を狙いますか?

まず標的にするのはお金持ちでかつ防犯意識の甘い人ではないでしょうか。

では世界的に見てお金持ちは誰を含むでしょうか?日本円という世界的に強い通貨を扱う日本人が含まれます。

つまり日本人である以上、海外では特に狙われやすい部類の人間だということを自覚しておく必要があるのです。

基本的に海外の治安は日本未満

日本人が海外でより防犯意識を高める必要があるという現実には、日本が圧倒的に治安が良いという状況も関係しています。

日本国内において、強盗や命の危険が著しく高い地域はほぼ存在しないといっても過言ではありません。

一方で海外には治安の良い地域悪い地域があり、多様性に富んでいます。

しかしいずれにせよ日本よりも圧倒的に治安の良い地域を探すのは簡単なことではありません。

海外旅行者はわざわざ日本よりも治安の良くない地域に出向いていくわけですから、犯罪に遭う確率は上がって当然なのです。

責任の幾らかは必ず自身にある

実際、海外旅行に伴う様々な危険を軽視している人に、海外に行く資格はないでしょう。

たとえ厳しいと思えてもこれが現実なのです。

犯罪に巻き込まれたということは、自分がその場所にいたことと犯罪者に隙を与えてしまっていたことが関係しています。

続く部分では、特に後者に関するいかにして犯罪者に対する隙を最小限に留めるかという点について掘り下げていきます。

貴重品を守るために

詐欺イメージ

危険な場所に自ら飛び込んでいくわけですから、身を守るための正確な知識を身に付けて出かけていく必要があるのは事実です。

ヨーロッパに行く方は特にご注意

一口に海外といっても地球上には200を超える国や地域が存在しており、それぞれ多発する犯罪の傾向や特徴は様々です。

各地の犯罪の傾向に関して外務省のホームページにはこのような記述があります。

欧州では、どちらかというとスリ、置き引き、引ったくりなどの瞬時に犯行を完結する手口が多く見られます。スリに限っては世界全体の62%、アジアの2倍強という数に上っています。

引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp/jikenbo/jikenbo21.html

もちろんこれは被害者の報告によるものであり、発生状況を正確に反映しているのかは分かりません。

しかしながら、スリなどできるだけ時間をかけないタイプの犯罪に遭う確率はヨーロッパが圧倒的に高いようです。

ヨーロッパを目的地に考えておられる方は特にスリ対策を念入りにされることをお勧めします。

もちろん他の地域でも油断は禁物です。

良い財布を選ぶ

海外旅行中の被害を未然に防ぐために最も大切なことは、犯罪者に隙を見せないことです。

そのための具体的な方法の一つは、海外旅行に適した財布を所持することです。

お金持ちに見えるだけでスリのターゲットになる可能性は高まります。

ましてや貴重品を目に見える仕方で持っているなど、被害に遭っても仕方がないといえるでしょう。

多少のコストや不便さを感じるとしても、貴重品を安全に持ち運ぶのに適した財布を使用しましょう。

賢く振る舞う

隙を見せないもう一つの具体的な方法は行動です。

当然ながら、犯罪者はなるべく手間のかからなそうな人から盗みたいと思っています。

ですから「盗みやすそう」だと思われないようにすることは被害を未然に防ぐために非常に重要なことです。

海外旅行に最適な財布の選び方

では実際にどのような財布を選ぶと良いのでしょうか?幾つかのポイントについて解説していきたいと思います。

二つ折り以上または小さめのもの

スリを防ぐための物理的に有効な方法は、まず盗られにくいところに隠すということ。

大きな長財布は、ポケットや小さなカバン等に入れていると目立ちやすくターゲットにされやすいでしょう。

また長財布を持っている人は何となくお金持ちな印象を与えます。

ターゲットにならないためにはなるべく小さな二つ折り以上のものを選ぶと良いでしょう。

スキミング防止対応のもの

クレジットカードなどはスキミングの危険からも守る必要があります。

スキミングとは簡単にいえばスキミングマシンと呼ばれる装置によってクレジットカード等の情報を読み取られ不正利用されることです。

恐ろしいのは物理的に見ただけでは盗まれたことが分からず、また被害額が高額になりうること。

これを防ぐためには財布の素材が読み取りを遮断するものでできている必要があります。

中身が簡単に見えない

ベテランのスリになると、遠くからでもターゲットの所持金額を見て確認できるようになるようです。

「こいつはたくさん持っているな」と思われないためには財布の中身がなるべく見えないものを選ぶのが効果的です。

グッと開いて初めて見えるような隠しポケットを搭載したものなどがおすすめです。

使いやすい小銭入れがあるもの

財布は出し入れする度になるべく素早く扱うことが理想的です。

でなければ小銭などをジャラジャラと探っているうちに中身を確認されたり隙が生まれてしまう可能性があります。

そのような状況を生じさせないためには、できるだけ小銭が扱いやすい小銭入れを搭載したものを選ぶととても効果的です。

どんな行動が好ましい?

犯罪者にとって狙われにくい人と見られるにはどのような行動を取ればよいのでしょうか?

警戒感が表れるような仕草を取り入れる

スリを働く人にとって狙いやすいのは、いかにも警戒感が薄く油断しているのが分かる人です。

であればその逆の人間として振る舞えばいいのです。

いつも自分と自分の持ち物に気を配っているということが分かれば、相手は手を出しにくくなります。

友人などを信用しすぎない

トイレに行くときなど、貴重品を座席に残して同行する友人などに託したくなることがあるかもしれません。

しかしながら防犯のことをしっかり考える以上はそんな時にも自分で持っていくように心がけるのがベターです。

大切な旅仲間とはいえ所詮は他人。案外自分のものと同じほど警戒感をもって見張っているとは限らないものです。

自分のものは自分で責任をもって管理するのが鉄則です。

ズボンや上着のポケットに財布を入れない

日本国内であろうと海外であろうとスリのリスクはさほど変わらないでしょう。

むしろ日本であれば満員電車に乗る機会もあったりして、ポケットに財布を入れないようにしている方は多いのではないでしょうか。

海外旅行の時にもそれと同じことがいえます。

ズボンのポケットはもちろんのこと、上着にあるポケットも状況次第では抜き取られるリスクが高くなります。

財布はできるだけカバンに入れるなどの対策をしましょう。

貴重品の管理術

スリ被害の予防についてまとめてきましたが、最後に万が一の被害を最小限に留めるための貴重品の管理方法についてご紹介します。

役割別に三つの財布を用意する

海外旅行で一つの財布だけを使うのは非常に危険です。

買い物などをする度に所持している全財産をカバンから自分の手に出し入れするなど、少し恐ろしいのではないでしょうか。

もしもそのタイミングで被害に遭ってしまうとしたらどんなに残念なことでしょう。

そのために、できれば所持金を三つに分割して持っておくのがおすすめです。

重要度の高いものは大きい荷物に

多額の現金を持つことはなるべく避けるべきですが、所持する現金のほとんどはなるべく外出時には持たない方が良いでしょう。

最後の砦としてスーツケースなど大きな荷物と共に保管しましょう。

パスポートなど身分証明書のコピーや可能なら予備のクレジットカードなどもお忘れなく。

カバンには二つの財布を

外出時に持ち運ぶ財布は二つあると防犯上安全性は高まります。

より多めの現金やパスポートの原本などが入ったより重要度の高い財布は、常にカバンの中に保っておきましょう。

もう一つの財布は普段使いで出し入れするもので、比較的少額の現金やクレジットカードなどを入れておきます。

それを使用している間に被害に遭ったとしても、全体としての被害を最小限に抑えることができます。

小銭は小銭入れに入れるか、もしくはポケットに入れておくなら財布の出し入れ自体を省き防犯効果を高めることができるでしょう。

まとめ

海外旅行では日本国内にいる時とは比べ物にならないほど違う発想をもった人間が周りに出現することになります。

それでも外国人であれ自分たちと同じ人間であることに変わりはありません。

スリの被害を防げるかどうかは、いかに相手の立場に立って客観的に自分の状況を見られるかにかかっています。

ここで取り上げた仕方で良い財布を選び、事前に自分の行動パターンをよくイメージしてください。

そうすればきっと無事に海外旅行を楽しい思い出でいっぱいにすることができるに違いありません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html