盗聴器発見アプリは本当に使える?盗聴器が見つからない理由とアプリ以外の発見方法を解説!ワンセグ付きスマホでも使えない?

現代社会において、私たちの生活には多くの盗聴器が潜んでいるといわれており、その存在に頭を抱える人がいることも確かです。

私たちの生活が脅かされている中で、昨今では盗聴器の発見を目的としたアプリが次々に登場しています。

それらはお金をかけずに入手出来ますが、果たしてどれくらいの力を発揮するのでしょうか。

そして、それ以外を用いて盗聴器を発見する方法を本稿でご紹介します。

盗聴器発見アプリは効果があるのか?

スマートフォン

スマートフォンでは、盗聴器発見アプリを無料でインストールすることが出来ます。

さて、これらはどれくらいの効果があるものなのでしょうか。

結論からいうと、これらのアプリにはあまり効果がないと考えてもらった方が良いです。

「無料のアプリだから効果がないのではないか?」と思われる方もいるかもしれませんが、その点はあまり関係ありません。

むしろスマートフォンで使用するアプリだからこそあまり効果が期待出来ないのです。

ただし、決して盗聴器を見つけることが出来ないというわけではありません。

しかし、高い確率で盗聴器を見つけることが出来ないといわれています。

では、その理由は一体何なのでしょうか。

盗聴器が見つからない理由とは?

盗聴器が発する電波を感知出来ない

スマホとはてな盗聴器を発見出来ない最大の要因は、盗聴器の電波をスマートフォンで感知することが出来ないというものです。

いずれも電波を受信しなければ使用できないツールですが、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

盗聴器で使用される周波アンテナには、VHFタイプとUHFタイプの2種類があります。

VHFタイプで使用される周波数はFMラジオ・消防・船舶無線などに使用される30MHz~300MHzが一般的です。

また、UHFタイプで使用される周波数は300MHz以上となります。

一般的な盗聴器は400MHz前後の周波数で設定されていることが多いため、UHFタイプの盗聴器が市場に多く流通しているのです。

一方、スマートフォンで使用されている周波数はどれくらいなのでしょうか。

現在、大手キャリアのスマートフォンではその多くが1,900MHz~2,100MHzの周波数で設定されています。

ですので、盗聴器とスマートフォンでは設定されている周波数帯が大きく異なっているのです。

これはほとんどのスマートフォンでは盗聴器が発する電波を感知することは不可能だということになります。

ただし、「そのために盗聴器発見アプリが存在しているのでは?」とお考えかもしれません。

しかし、アプリをインストールしたところでスマートフォンで受信出来る周波数が変わらないでしょう。

これはスマートフォンのハードに関わる問題だからです。

発見しにくい場所に仕掛けられているから

当たり前の話ではありますが、盗聴器は人目のつかない場所に仕掛けられるため、発見するのが容易ではありません。

最近は特に小型の盗聴器が多く流通しています。

家電製品・家具・寝具の裏に仕掛けられることが多いため、日常生活で盗聴器を発見するということが難しいのです。

盗聴器を仕掛けられたタイミングが把握しにくい

ビジネスのイメージ盗聴器が仕掛けられたタイミングを把握することが非常に難しいことも要因となっています。

例えば、10時~11時の間で盗聴器が仕掛けられたと分かれば、そこから何らかの手がかりを掴むことが出来るかもしれません。

しかし、これらの情報が一切ない場合は盗聴器を探す手がかりが特定出来なくなります。

そのため、盗聴器を見つけ出すことは非常に困難ですし、仕掛けられたタイミングを知ることも簡単ではありません。

ワンセグ付きスマホは使えるのか?

スマホとパソコン

ワンセグ付きスマートフォンは、感知出来る周波数が多少広がるため、盗聴器を発見出来る可能性は高くなります。

これは、ワンセグ付きスマートフォンが470MHz~710MHzの周波数も感知出来るためです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html