護身術で犯罪から身を守る方法を解説!護身術の種類や基本の動作とは?接近戦で狙うべき人間の急所や武器になるアイテムも紹介

日本は海外に比べて安全とされていますが、それでも物騒なニュースは毎日絶えません。

自分が被害に遭う可能性だってあるのです。そのような状況に陥った時、護身術を身につけておくと安心でしょう。

護身術と聞くと相手と戦うイメージがあるかもしれませんが、戦わずして身を守るのも護身術の内です。

そこで、誰でもできる護身術で犯罪から身を守る方法を解説しましょう。

犯罪から身を守る護身術

世界の中では治安が良いとされる日本でも、子供や女性・お年寄りを狙う卑劣な事件は後を絶ちません。

成人男性でも被害を受けている人はたくさんいます。

もし実際に襲われた時、恐怖でパニックになってしまうこともあるでしょう。しかし、それでは相手の思うつぼです。

相手はこちらが自分より弱いと思って襲ってきます。ならば、こちらは相手から自分の身を守る術を身につければ良いのです。

その身を守る術が、護身術になります。

護身術といえば相手と戦って撃退するイメージがありますが、決してそれだけではありません。

たとえ力がなくても、誰にでも身につけられるものなのです。

護身術はどうやって身につけ、どのように防犯に活かせば良いのでしょうか。

護身術にはどんな種類がある?

ビジネスのイメージ

護身術には様々な種類があり、それぞれ魅力や特徴があります。

自分の身を守るためにもそれぞれの特徴を理解し、自分に合った護身術を選びましょう。

護身術には大きく分けて3種類あります。

危険をあらかじめ察知し近づかない

実は、護身術の基本は危険に近づかないことです。

体を使うことだけが護身術ではありません。

危険を察知し避けることができるか、危険と遭遇したらどのようにして逃れるか、助けを求められるか。

その対処法を事前に知って考えておくのが、最初の護身術なのです。

危険を感じて近づかないのは戦わない護身術といえます。

格闘技

護身術と聞いてまず思い浮かべるのは、主に格闘技ではないでしょうか。

合気道や柔道、空手、ボクシングなど自分に合った技術を身につけて相手を撃退します。

女性や子供は成人男性と比べると体格や体力の差があるため、格闘技をそのまま護身術として使用するのは難しいかもしれません。

ですが相手との距離感攻撃力防御力にも違いがでるので、女性が格闘技を習うことは無駄ではないでしょう。

相手は力が弱いと油断して襲う場合もあるので、格闘技の技術を身につけることで危険を回避できる可能性が高まります。

グッズを利用する方法

防犯グッズを使うのも立派な護身術の一つとなります。

代表的なものとしては防犯ベル催涙スプレーなどです。

特に防犯ベルは相手を驚かせて撃退するのと、周りに助けを呼ぶ両方の効果があります。

大声を出して知らせる方法もありますが、いざこのような場面になると恐怖で声が出せなくなることも多いのです。

それに格闘技などの技術を持っていたとしても、人間は恐怖を感じると体が硬直して動けなくなることもあります。

たとえば痴漢で多くの女性が声を上げられないのも、恐怖で抵抗できないからです。

そのため、保険としてアイテムは持っておくことをおすすめします。

格闘技と比べて、女性や子供でも取り入れやすいものでしょう。

もちろん成人男性も持っておいて損はありません。必ず手持ちのカバンなど鳴らしやすい場所につけましょう。

護身術の基本動作

護身術には様々な動作があります。

動作といっても、初級者向けから上級者向けと難易度も幅広いです。

ここでは比較的初心者でもできる、護身術の基本動作を5つ紹介しましょう。

手首返し

手首をつかまれると行動が制限されてしまい、必死に抵抗しても振りほどくことはまず困難でしょう。

むしろ体力が消耗するだけになってしまいます。体力を消耗せずに逃げられるのが手首返しです。

手首をつかまれるといっても意外と多くのパターンが存在しますが、基本となる手首返しを紹介します。

  1. つかまれた手を開き手前に引きつける
  2. 次に開いた手を反転させる
  3. 最後に指先を少し前方に伸ばしながら、すばやく返して相手の手首をつかみ返す

シンプルですが、これで手首を振りほどくことが可能です。

指折り

相手の指を1本つかみ、付け根の逆方向にねじる技を指折りといいます。

どの指でも効果はありますが、特に小指がやりやすいでしょう。

これを使えば、どんな体格の男性に掴まれても容易にはがすことができるのです。

また指を掴んでいる手を大きく振り回せば、相手を投げ飛ばすこともできます。

掌底(しょうてい)

自分から危険を遠ざけるため、相手を攻撃する場合もあるでしょう。

それなら手の平の下側にある肉厚な部分を使い、相手の身体を当て押したり突いたりする掌底がおすすめ。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html