盗聴器発見器の選び方や使い方を解説!おすすめの種類や販売店は?簡易的な方法も紹介!盗聴器を発見したら取るべき行動は?

自宅や会社に盗聴器が仕掛けられていないか不安…。

そう思って盗聴器発見器を買ってみよう思っても、実際はどんなものがいいのかなど分からないことだらけではないでしょうか。

そんな方のために、本記事では盗聴器発見器について種類や選び方、使い方をご紹介!

さらに、万が一実際に盗聴器を発見したらどうしたらいいのか、発見したら取るべき行動の基本的なことを解説していきます。

盗聴器発見器ってどういう種類があるの?

盗聴器発見器とひと口にいっても大きく分けて2つの種類があります。まずはこちらを紹介していきましょう。

電波全てに反応するタイプ

こちらのタイプは安くて1000円台から入手可能なタイプもあり、入手しやすいのがメリットです。

小型で手のひらに収まる程度のものがほとんどで、持ち運びも楽で探し回るときにも都合がいいタイプになります。

デメリットとしては電波を発する機器(電子レンジやWi-Fiルータなど)すべてに反応する点が挙げられます。

機器が反応したとしても必ずしも盗聴器があるとはいえないというわけです。

安価に手に入れやすく使いやすいけれど、盗聴器を見つけるにはひと工夫必要となるタイプですね。

盗聴器に用いられることの多い周波数帯のみ反応するタイプ

盗聴器に用いられることの多い周波数帯というものがあって、その特定の周波数を検知した時に探知機が反応するというタイプです。

価格は安いもので4000円から売られていますが、高いものではプロ仕様の10万円前後するものも販売されています。

盗聴器の発見精度はもちろん価格帯が安価なタイプよりも高めですが、価格によってピンキリ。

高価格帯の発見器は複数の反応周波数帯を変更ができたり盗撮機やGPS発信機も探知可能など、発見精度を上げる付加機能が豊富です。

また、こちらのタイプは盗聴器発見器の形状がトランシーバーのようなハンディ型と大型で持ち運びの難しいデスクトップ型の2種類あります。

しかしデスクトップタイプは性能が高いものも多く盗聴器の発見精度もいいのですが、個人で扱うには大きくて扱いづらく感じるかもしれません。

特に盗聴器発見器を初めて扱う方は探し回りやすさを重視して、ハンディタイプを選ぶと失敗は少ないのでオススメです。

実際に盗聴している音を傍受して探すタイプ

基本的に盗聴音声は電波でマイクから受信装置に送る仕組みなので、盗聴器が飛ばしている音を傍受して盗聴器を探していくというタイプです。

こちらのタイプは業務用として用いられることが多く、経験や知識が必要なので使いこなすのはなかなか難しいでしょう。

初めて盗聴器発見器を使う方にはあまりオススメできないタイプといえます。

盗聴器発見器はどんなお店で購入できる?

家電量販店やホームセンター

安価の盗聴器発見器は家電量販店やホームセンターで入手可能ですが、お店によってはそこまで種類が豊富ではないことが多いです。

お店に行って探しに行くならその点留意しておいた方がいいでしょう。

ネットショップ

Amazonや楽天をはじめとするネットショップでは安価なものから高価な盗聴器発見器まで幅広く見つけることができてオススメです。

ただ、種類が豊富過ぎて選ぶのにちょっと迷ってしまう可能性もあります。

迷ってしまったら購入者のレビューを参考にしてみたり、売れ筋ランキングから探してみる…など様々な声を参考にしながら吟味していくといいですね!

防犯グッズ専門店で購入orレンタル

店舗数はそこまで多くはありませんが防犯グッズ専門店がお住まいの近くにあるならこちらで盗聴器発見器を探してみるのもいいでしょう。

また、盗聴器発見器などの防犯グッズの販売だけではなくレンタルを行っている店舗もあります。

買ったら7万円以上する高額な発見器でもレンタルであれば1泊1万円未満と安く使えるものもあるのでこちらを探してみるのもオススメですよ。

ちなみにネットショップでも防犯グッズの専門店がありますので、こちらで探してみるのもいい手段です。

盗聴器ってどういう場所に、いつ設置されやすい?

いざ、実際に盗聴器発見器を使って盗聴器を探そう!…となったときに具体的にどこを探せばいいのか分からない人がほとんどです。

こういう時は逆に「設置する側の視点」になって考えてみるのがコツ。

「いつ」「どこで」「どうやって」盗聴器が設置されるのかを知っておけば効率よく探すことができます。

具体的なケースは以下の通りです。

  • 電源ケーブルのタップやコンセント内部
  • 室内の照明内部、エアコン、掛け時計などの高くて目線に入りづらいところ
  • ぬいぐるみや絵画などの贈り物
  • 賃貸の前住居人がイタズラ目的に設置
  • 電話機やリビングなど会話が多く行われる場所

ひとつずつ解説していきましょう。

電源ケーブルのタップやコンセント内部

盗聴器を作動させるためには基本的に電力が必要です。

そのため電源が確保しやすく、かつ人目にも止まりにくい場所に盗聴器が設置されているケースが多いといえます。

具体的には電源ケーブルのタップ内電源のコンセントカバー内部延長ケーブル…など。

もちろん内蔵バッテリーで動作する盗聴器もありますので、必ずしも電源が取れる場所付近にあるとは限りません。

この点も念頭に入れながら探していきましょう。

高くて目線に入りづらいところ

盗聴器を取り付ける側の人間からすると、「発見しづらいところに設置したい」というのがまず念頭に浮かびます。

堂々と分かりやすいところに設置するのはまずあり得ません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html