盗聴器発見器の選び方や使い方を解説!おすすめの種類や販売店は?簡易的な方法も紹介!盗聴器を発見したら取るべき行動は?

そう考えると目線に入りづらいところに設置することが多いでしょうし、高所に設置されているケースも割と多いです。

具体的にはエアコン室内照明壁時計高所にあるコンセント…といったところが代表格でしょう。

ぬいぐるみや絵画などの贈り物

盗聴器を設置しようとした場合、住居に忍び込んで…といった形はなかなかリスクが高いので贈り物に盗聴器を忍び込ませるケースも。

ぬいぐるみの中の綿に盗聴器を入れてそれをプレゼントにして渡し、盗聴行為を行った…というケースもあります。

賃貸の前住居人がイタズラ目的に設置

アパートやマンションの賃貸物件にて前住んでいた人がイタズラ目的に盗聴器を設置したというケースもあります。

こういった場合は賃貸に最初から備わって、かつ設備に管理会社の人も確認しないような箇所に設置することが考えられますね。

具体的にはコンセントカバーの内部最初から備わっている家電備え付けの棚などを探してみるといいでしょう。

電話機やリビングなど会話が多く行われる場所

盗聴するにあたっての目的を考えると、何かしらの理由で話を盗み聞きしたいということでしょう。

会話が多い場所に設置した方が目的を達成しやすいのです。

そう考えるとリビング電話機の周辺、スマホでよく通話する自室など、会話が発生しやすい場所に設置したくなる心理が働きやすいといえます。

こういった場所で尚かつ気付かれにくい場所を重点的に探してみましょう。

簡易的に調べるオススメの方法は?

「もしかしたら盗聴されているかもしれないけれど、確証もないしお金もそこまで掛けたくない…」

と、このように感じている方も実は少なくないのではないでしょうか。

そんな方にオススメの簡単に比較的安価に盗聴されていないかを調べる方法がありますので、こちらについも紹介します。

ちなみにあくまで簡易的な方法ですので「確実に盗聴器を発見できる」ものではありませんのでその点ご了承ください。

安価な盗聴器発見器を購入して盗聴器が仕掛けられやすいポイントを調べてみる

大まかな方法を説明すると1000円程度の安めの盗聴発見器を使ってよく盗聴器が設置されやすいポイントを重点的に絞って探していくという方法。

盗聴器を設置しやすい箇所はひとつ前の項目で解説していますので、こちらをヒントにしながら発見器を起動して探していきましょう。

電波を発する機器の付近では電源をオフにした状態で調べる

安価な盗聴器発見器はかなり広域な電波に反応してしまいますので、誤反応を起こして盗聴器を調べにくくしてしまいます。

これを防ぐためにWi-Fiルーターや電子レンジ・スマートフォン・パソコンなど電波を発する機器は電源ケーブルを抜くか電源をオフにしましょう。

オフにしてから発見器を使うようにすることがポイントです。

盗聴器を発見した…そんなときに取るべき行動は?

とにかく冷静に

盗聴器をもし見つけたら、正直ビックリしてリアクションしてしまうでしょう。

見つけた段階では、まだ盗聴器が動作している可能性も十分考えられます。

その状態で盗聴器に気付いたリアクションをしてしまうと設置した人物に「バレた」と悟られる可能性があるのです。

そうなると設置した人物が次のアクションを起こしてきたり、自分にとって不利益になる可能性もあります。

そのため、万が一盗聴器を見つけても出来るだけ冷静に、不用意な言葉を喋らないようにしましょう。

自分で取り除こうとせずにそのままの状態で警察に届け出る

警察に相談する前に自分で取り除いてしまうと、警察側が状況が正確に判断できなくなったりする場合があります。

また、指紋などの証拠となるものが失われてしまう可能性もあります。

盗聴器が設置されている場所が通電していて感電の恐れがあることもあるので、自分で盗聴器を取り除くのは危険な場合も。

そのため、盗聴器を見つけても自分でなんとかしようとせずにまずは警察に届け出て相談することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分で簡単にできる盗聴器発見器についても基本的なことがお分かりいただけたかと思います。

少しでも「盗聴されているかも…」と不安に思っているのであれば、まずは簡易的な方法で盗聴器を探してみるのがいいですね。

今回は自分で盗聴器を探す方法、盗聴器発見器の使い方などをご紹介してきました。

しかし、盗聴器を探す方法としては、自分で機材を準備する以外にも業者に依頼するのもひとつの手です。

もちろん業者に依頼するとそれなりに費用が発生してしまいますが、発見の可能性も高くなりますし、こちらも選択肢のひとつとして頭に留めておくといいでしょう。

さらに盗聴は紛れもない犯罪です。

あなたが何らかの犯罪に巻き込まれることがないよう、「おかしい」と思ったらぜひすぐにでも本記事の方法を試してみてください。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html