センサーライトで防犯効果を上げる方法を解説!おすすめの種類や選び方は?屋外での取付け場所やソーラータイプの寿命もチェック

家に侵入したり車を盗もうとしたりといった犯罪を防ぐために、センサーライトを使う家が多くなっています。

動くものを感知すると自動で灯りがつくセンサーライトは、犯人の心理に影響を与えて犯行をやめさせることができるのです。

しかしながら、きちんと効果のある場所に取り付けなければ意味がありません。

センサーライトで防犯効果を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。

センサーライトで犯罪を防ぐには

センサーライトは近くに動くものや熱を察知すると、自動的に照明がつくアイテムです。

暗い時間に出入り口を照らしてくれる照明にも使えますし、防犯にも効果があるとして注目を集めています。

両方の目的でつけているという人も少なくないのではないでしょうか。

しかしただつけるだけでは、道は照らせても防犯には効果がない…という可能性があります。

今設置しているという人は、そのライトは今どういう効果を上げているのか。

防犯に役立っているのかも今一度確認した方が良いかもしれません。

これから設置する人は何を目的にして、どんな効果を期待するのかを改めて考えてみましょう。

センサーライトの防犯効果

総合的にセンサーライトに期待できる防犯効果は、侵入者に心理的な動揺をさせて、犯行を断念させることです。

侵入者でなくとも家に近づいて突然ぱっと電気がつけば、一瞬驚くのではないでしょうか。

侵入者であれば、常に緊張感が張り詰めた心理状態になります。このような状態だと、ちょっとしたことにも驚きやすくなるのです。

更に暗闇の中で電気がつけば人目につきやすくなるでしょう。そのため犯罪目的で侵入しようとする人は、明るい場所を嫌います。

いきなり照明がつくというインパクトと、犯人が嫌う明るい場所。この二つの観点から、犯行を断念させる効果が期待できるのです。

ちょっとしたことにもインパクトがあり、侵入を阻止できるでしょう。

センサーライトの種類

一言にセンサーライトといっても、実は色々なタイプがあります。設置する際は、自分の家や目的に合わせたものを選びましょう。

センサーライトの種類は大きく分けて3種類です。

  • 電源式
  • 乾電池式
  • ソーラーパネル式

それぞれ特徴や設置できる場所が違います。きちんと違いを知っておくのがオススメです。

最近は100円ショップでも、センサーライトが売られていることがあります。

店頭には色々なタイプのセンサーライトが置かれている可能性もあるため、買う前によく確認しておきましょう。

1番人気は「電源式」

電源式は、現在1番売れているタイプです。電池切れを心配しなくて済むので、安心して使い続けることができます。

ただしコンセントがどこにあるかによって、設置場所が限られてくるので注意が必要です。

場合によっては延長コードを引っ張る、などの追加作業をしなければなりません。

電源式を使う場合は、まず設置場所を決めてからが良いでしょう。

コンセントさえあれば停止しないセンサーライトに

電池式だと電池切れで止まったり、ソーラーパネルだとエネルギー不足で十分な明かりがつかなかったりすることがあります。

しかし電源式のセンサーライトはそのようなことが起こりません。

コンセントにさえ繋いでいれば、よほどのことがない限り動き続けてくれるのです。

アンカープラグでコンクリートに設置できるタイプや、ブザー(警報音)を鳴らす機能がついたものなど、種類も機能も様々。

電源式が使える家であれば、センサーライトそのものの選択肢は幅広いでしょう。

センサーライトは自動で反応して、一定時間経つと勝手に消えるので、消し忘れる心配もありません。

どこで使いたいかを考えながら選んでみましょう。

コンセントがない場合は工事が必要になることも

電源式の最大の欠点は、外壁や玄関にコンセントがないとつけられないことです。

元々コンセントがない家にどうしてもつけたい場合は、工事が必要になります。

たとえコンセントがあっても、場所によっては延長コードなどを使わなくてはなりません。

コンセントの場所を確認して計算しておかないと、余計にお金がかかってしまう可能性があるでしょう。

場所を問わない「乾電池式」

センサーライトには乾電池で動く「乾電池式」というタイプもあります。

場所問わずつけられるのが最大の長所ですが、その代わり電池切れの心配があるデメリットもあります。

取り付けが自由自在

乾電池があれば動くので、コンセントがない家日の当たらない場所にも取り付けることができるのが最大の魅力。

そのため倉庫や駐車場に照明代わりとしてつけることもできます。

照明も動くものがいなくなれば自動で消えてくれるタイプが多いので、わざわざ消しに行く必要もありません。

また、ものによってはスマートフォンと連動する商品も開発されています。

センサーが反応するとアプリに通知が行くため、夜間に侵入者が現れても家の中でそれが確認できるのです。

電源式と同じく乾電池式も様々な機能があるため、自分の目的に合わせたものを選びやすいでしょう。

定期的な電池交換が必要

乾電池で動く以上、必ず電池切れが起こります。そのため短いスパンで電池交換をする必要があるでしょう。

つまり、総合的にはお金がかかりやすいタイプといえます。充電できる電池などを使ってコストを下げるのも手かもしれません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html