客引きの被害に遭わないための対処法を徹底解説!どこからが条例違反?キャッチとの違いって?誘導の手口や追い払い方を確認!

きらびやかな夜のネオンが輝く歓楽街。

気の合う仲間と食事をして「さあ、もう一軒行こうか」などと路上で盛り上がっています。

するとどこからともなく声を掛けてくるのが客引きのお兄さんです。

「こんばんは。次のお店は決まっていますか?」

少し酔って気分が良いこともあり「どこかいい店を紹介してよ!」などと気軽に会話をしてしまいます。

しかしそれは大変に危険な行為なのです。

最近では「客引き行為」は地方自治体の条例で禁止されることが多くなりました。

防犯パトロールの強化や街頭スピーカーでの違法行為への喚起などで、ずいぶんと数が減った地域もあるようです。

しかしその分、隠れて生き残っている客引きの手口は非常に巧妙で悪質になっています。

法外な支払い請求をされるぼったくりなどの大きな被害に遭わないようその対処法を解説しましょう。

そもそも客引きは違法なのか

東京のネオンが川面に映っている

客引きとは客商売の店などが「顧客として自分たちの店に勧誘する」行為のこと。

客引き行為は憲法で認められている「営業の自由」における経済活動のひとつです。

しかしながら悪質な客引き行為が地域の迷惑になり犯罪を誘発することが多いために、それを規制する法律があります。

客引きを規制する法律は風俗営業法と各都道府県の迷惑防止条例の2種類です。

業種と場所によって規制があり、それらに反すると違法な行為とみなされます。

風俗営業法による規制

キャバクラやホストクラブなどの風俗店の客引きは風営法第22条によりすべて禁止されていて、これに違反すると懲役や罰金に処せられます。

居酒屋やカラオケボックスでも深夜0時以降にアルコール類を提供する場合は風営法の対象です。

ちなみに通常の飲食店の従業員が適正に「呼び込み」をして客引きすることは合法となります。

ここでいう呼び込みとは不特定多数の人に対して「いらっしゃい、いらっしゃい」などと店頭で呼び込む行為のことです。

迷惑防止条例での規制

全ての都道府県で迷惑防止条例かそれに類する条例が定められていて、公共の場所での客引き行為などに制限があります。

特に風俗店や酒を提供する飲食店の多い歓楽街では、条例によりすべての客引き行為が禁止されているところが多いです。

そこでは路上でのスカウト行為なども禁止され、これに違反すれば罰金などの厳しい罰則があります。

客引きをした本人のみならず、客引き行為をさせた店舗責任者や受託専門業者なども罰則の対象です。

どこからが条例違反になるのか

迷惑防止条例で違法となる主な客引き行為は以下の通りです。

  • 特定の相手に対し、しつこくつきまとうこと
  • 身体や衣服に触れること
  • 所持品を取り上げること
  • 進路に立ちふさがること

上記のような行為が禁止され、客引き目的で路上にたむろする・うろつくなどの客待ち行為もできません。

特定の人の進路に立ちふさがりしつこくつきまとうことは軽犯罪法でも禁止された行為です。

「客引き」と「キャッチ」の違いとは

都会の夜の路地裏

最近では「キャッチ」という呼び方があります。「客引き」とどのように違うのでしょうか。

キャッチは「キャッチセールス」から生まれた言葉

キャッチセールスとは「アンケートに答えてくれれば、お礼をあげます」などと、路上で呼び止めては雑居ビルなどに連れ込む手口が特徴的です。

そこから強引な勧誘を仕掛けて、高額な商品などを買わせようとする悪徳商法のことをいいます。

「キャッチ」とは捕まえるという意味ですが、元々は路上で客を捕まえる「キャッチセールス」をする人を略した呼び名です。

そこからいつしか派生して、路上で客を勧誘して店に連れて行く行為をキャッチというようになりました。

最近では特にフリーの客引きを「キャッチ」と呼ぶことが多いです。

「フリーの客引き」と「専属の客引き」の違いとは

客引きは本来決まった店の専属スタッフとして客を勧誘していました。

近年では複数の店と提携して誘導先を使い分ける「フリーの客引き」がメインです。

ちなみに大手チェーン店の居酒屋やカラオケボックスなどでは、店の従業員が「専属の客引き」をしています。

フリーの客引きでも、それを取りまとめる専門業者がいるのが普通です。

大きな繁華街ではいくつかの客引き専門業者のグループがあり、反社会勢力とのつながりも指摘されています。

悪質な客引きのほとんどはフリーの客引き(キャッチ)です。

客引きの巧妙な手口とは

酒を飲む男女

腕のいい客引きともなると、客を安心させる会話テクニックが非常に上手です。

例えば世間話から油断させる方法もあり、地元で有名なラーメン店や焼き肉屋などの正しい情報を丁寧に教えてくれたりします。

いろいろ話しているうちに、とても親切な若者なのではないかと錯覚し、つい信用してしまうのです。

路上での「声掛け」から

客引きは看板を見上げたり不慣れな足取りで歩いたりしているターゲットを、雑踏の中から素早く見つけて接近します。

「どこかお店をお探しですか?今ならすぐに入れますよ。値段もお安くしますよ。」

などと、親しみのある笑顔で言葉巧みに近づいてくるのです。

客引きはどのように勧誘すれば反応してくれるかを客の外見から一瞬にして判断します。

若者グループには「安くて、可愛い子がいるよ」などと低価格を強調してアピール。

中年グループには「落ち着いて飲めて、上品な女性がいますよ」などと、年代のニーズに合わせて誘ってきます。

客を信用させる手法とは

客引きは交渉中に何度も携帯電話で店とやり取りする(やり取りするふり?)ことが多いです。

店の混み具合を確認したり、これ見よがしに値引き交渉を演出したりして、客を安心させます。

交渉が成立すると提携している店舗まで一緒に案内してくれることも多いです。

これは親切からではなく客の気が変わって他の店に行くことを防止するためです。

自分の店に誘導する手口とは

客が「行く店が決まっている」などと答えても嘘をついて切り返します。

「その店は今の時間は満席で入れません。ちょうど空いている系列の店を紹介できますよ。」

などと、言葉巧みに自分の提携先の店に誘導するのです。

こうして案内された店は、もちろん系列の店などではありません。

出会い系サイトやマッチングアプリを利用した「新型キャッチ」とは

最近、条例などの規制が厳しくなったエリアで増加している「新型キャッチ」といわれる手口があります。

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った相手が「自分の知っているいい店があるから一緒にいきませんか?」と巧みに誘うものです。

これは提携している店にターゲットを同伴させるという新手の客引きといえます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html