ダフ屋の被害を防ぐ方法を紹介!新たなダフ屋「白ダフ」の手口とは?ダフ屋行為を見分けるポイントやチケット売買の注意点を解説

私たちはほぼ誰もがモノを買うという経済活動を通して生活しています。

そのような経済活動やビジネスのシステムの根幹には、モノを作るだけでなく転売という基本的な考え方または手法が存在します。

モノを流通させる上で重要な役割を果たす卸売業者なども、大きく考えれば合法的な転売業者ということができるでしょう。

しかし中には不法な転売を生業とするダフ屋という業者も存在します。

この記事では私たちのモノを買うという行為とダフ屋との関係について考え、被害を未然に防ぐ方法について考察してみましょう。

ダフ屋とチケット売買のルール

ダフ屋と聞いて、「自分にとっては少し遠い世界の業界の人かな」と思っている方がおられるでしょうか。

いえ、決してそのようなことはありません。

ダフ屋行為と私たちの接点、また自分がダフ屋になってしまわないために知っておくべきポイントについて解説していきます。

ダフ屋行為とは

近年、ネットを通してモノをやり取りする機会が飛躍的に増えました。

例えばフリマアプリメルカリのユーザーが増え大きく成長したことで、多くの人にとって転売が身近な手段になりました。

買い余ってしまったものや開封済みでもまだ使えるものは、誰かに売ってお金に換えることができます。

でも中には最初から転売する目的でモノを調達するという人もいることでしょう。

有名アーティストのライブなど、利益を上乗せできそうなチケットを大量に購入して売りさばくという発想。

ざっくりいうならば、この誰でもできるチケット等の転売という手法がダフ屋行為と呼ばれるものなのです。

個人的な事情による転売は問題なし

「え、チケット転売がダフ屋行為なの!?」と驚かれる方もおられるかもしれませんが、何もすべてが悪いわけではありません。

中には本当に購入後事情が変わって行けなくなってしまったため誰かに譲りたいという場合もあるでしょう。

そのような場合による転売はダフ屋には該当しないのでご安心ください。

個人または業者

問題は、利益を得る目的でチケットの転売をしている人または業者がいるということです。

「いつも必ず正規ルートからしか購入しない、できなければイベントを諦める。」

そんな考え方をもつ方であればダフ屋に接する機会はほとんどないでしょう。

しかし、「目当てのチケットが売り切れてしまった」、「急遽行きたくなった」などの状況に面した場合は注意が必要です。

それは前述のようにネット上のオークションサイトから掲示板を通した個人的なやり取りまでさまざまな方法を含みます。

ダフ屋によってどんな被害に遭うのか

ダフ屋と取引することは私たちにとってどんな害をもたらすのかについて解説していきます。

当事者たちは確実に損をする

イベント主催者は、適正な価格でお客さんに足を運んでほしいと思っています。

一方でイベントに行きたい人もできるだけ安い価格でチケットを買いたいと思っています。

ダフ屋はその間に入り利益を上乗せしてチケットを転売します。どのようなことが起こるでしょうか?

イベント主催者にとっては意図しない価格でチケットが販売されることになり、買う側はより高い金額を払わされることになります。

当事者双方にとっては何の良いことも無く、ただダフ屋だけがおいしく利益をいただくのです。

負の連鎖を生む

ただ一度チケットを高く買わされることに留まらず、ダフ屋の懐に入った利益は次のダフ屋行為の資金源となります。

そのようにして生まれたダフ屋行為の負の連鎖は、終わるところを知りません。

ダフ屋行為を撲滅するためには、私たちの防犯意識の向上が不可欠なのです。

さらには私たち自身がダフ屋になってしまわないようにも注意が必要であるといえるでしょう。

白ダフとは何?

今、白ダフと呼ばれる新たな種類のダフ屋が増えています。ダフ屋の手法がどのように変わってきているのか解説致します。

黒ダフと白ダフ

昔ながらのダフ屋が、いわゆる黒ダフです。

彼らは特にイベント会場付近によく出没し、不要になったチケットを集めては売り捌きます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html