薬物と注射器

MDMAで逮捕された沢尻エリカが薬物をやめられない理由を解説!長期依存の症状は出ていた?女優生命や周囲に与える影響とは

2019年11月に報道された、沢尻エリカ逮捕のニュースはまさに青天の霹靂だったといえるでしょう。

トップ女優逮捕のニュースは、瞬く間に日本中にセンセーショナルを巻き起こしました。

大河ドラマの出演も決まっていた彼女だけにその影響は大きく、テレビ番組はこぞってこの話題を取り上げています。

彼女以外にも芸能人や、スポーツ選手等の著名人が薬物取締法違反で逮捕されるという話は後を絶ちません。

沢尻エリカは合成麻薬「MDMA」を所持していたとして逮捕されましたが、そもそもこのMDMAとは何なのでしょうか?

また、以前から使用していたと申告している彼女は何故、辞めることができなかったのでしょうか?

今回はこのMDMAについて、そして沢尻エリカの今後について、分かりやすく解説していきます。

MDMAとは?

MDMAとは一体どういった薬物なのでしょうか?まずはMDMAについて説明します。

MDMAは合成麻薬

MDMAは3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンの事で、同じ覚せい剤のアンフェタミンと類似した構造の化合物です。

同じ麻薬でも、マリファナコカインとは別の種類に分けられます。

他には、LSDもこの合成麻薬に分類されます。

効能

MDMAは脳内に分泌されるノルアドレナリンセロトニンの神経伝達物質の放出を促します。

これにより高揚感・親近感が増します。このためMDMAは愛の薬とも呼ばれています。

治療薬として用いられる

麻薬として認定されていたMDMAですが、昨今ではその効能からPTSDに効果があるという見解が認められています。

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」のことで、戦闘帰還兵等によく表れる症状でトラウマのことです。

アメリカでは治療薬として認められているMDMAですが、ほとんどの国では違法とされています。

エクスタシーと同じ?

MDMAは別名「エクスタシー」、または「モリー」とも呼ばれています。

このエクスタシーは英語の「ecstasy(高揚感、夢中)」とかけてダブルミーニングになっているようです。

実際にはエクスタシーはMDMAの錠剤の事を指す場合が多いそうです。

また、入手したエクスタシー錠剤にはMDMA成分が含まれていない場合もあるとのこと。

そのことから必ずしも「MDMA=エクスタシー」ではないといわれています。

それに対して、モリーは「純度の高いMDMA粉末」の事を指すようですが、別の薬物であるという見解もあります。

罰則

Man in handcuffs

MDMAは違法薬物の為、所持・販売等においては刑罰の対象となります。

その際、大麻やコカインとは異なり麻薬及び向精神薬取締法違反として扱われます。

営利目的での輸出入は1年以上の有期懲役、または情状による500万円以下の罰金の併料となるようです。

それ以外は1年以上10年以下の懲役が科せられます。

営利目的での所持・使用の場合刑罰は1年以上10年以下の懲役、または情状による300万円以下の罰金の併料となります。

また、譲渡・譲受の場合も同様です。

それ以外の場合も7年以下の懲役に科せられます。

どうやって入手するのか?

MDMAのような非合法ドラッグはどのようにして入手するのでしょうか?

かつて違法薬物は、暴力団関係者が中心で売買がされており、それが暴力団の収入源の1つになっていました。

インターネットが普及しはじめてからは、その舞台はネットに移行します。

その為、全国どこでも入手可能となり、販売側も足が付きにくいことから違法薬物の密売が急速に広がりました。

使用用途は?

酒を飲む男女

MDMAはどういった目的で使用されるのでしょうか?その目的、理由について見ていきましょう。

パーティードラッグとして

MDMAは元々ドイツの化学メーカーによって開発され、食欲抑制剤として用いられたといわれています。

80年代、ドラッグパーティーがアメリカやイギリスなどで盛んになり、そこでMDMAは脚光を浴びるようになります。

MDMAの親近感や共感力を高める効能が、パーティーには「持って来い」だったのです。

結果、アメリカでは85年にMDMAは非合法ドラッグと認定されています。

セックスの際に用いる

沢尻エリカの逮捕によりMDMAは「セックスドラッグ」としても有名になりました。

気分が高揚する為、セックスの際に服用される場合も多いようです。

元俳優の押尾学が、愛人との密会中にこのMDMAを一緒に使用し、その愛人が全裸で死亡していた話は有名です。

症状・依存性

 

副作用、特有の症状がある為麻薬は違法とされています。MDMAを使用するとどのような症状が表れるのでしょうか?

幻覚・幻聴・精神錯乱

全ての薬物同様に、過剰に摂取すると幻覚・幻聴精神錯乱に陥る可能性が謳われています。

精神錯乱によって、暴力的になったりする等他人に危害を加えてしまうことにもなりかねません。

機能障害

セロトニン等の脳内ホルモンを過剰に分泌させるため、それと同じだけの反動が生じます。

薬の効力は3時間から8時間程度と言われています。

効力が切れると、激しい抗鬱間におそわれ、無気力・睡眠障害などの機能障害を引き起こします。

つまり、薬の効き目が切れてしまうと、気分が高揚した分今度は逆に気分が下がってしまうのです。

極端な無力感に苛まれ、最悪の場合は自殺に至ってしまうケースも考えられます。

高熱

異常な高熱を引き起こすケースが報告されています。

パーティードラッグと呼ばれるように、使用場所がクラブ、レイブパーティ等であることが多いのは先述した通りです。

そのような場所では、MDMAの使用と共にお酒や踊り続ける事で体温の異常な上昇を誘発してしまうことになります。

最悪の場合、脱水症状や、逆に水分の取りすぎによる低ナトリウム血症で死亡してしまう場合もあるようです。

実は依存性は低い?

実はMDMA自体の依存性は他の薬物に比べてそれほど高くないという見解があります。

その依存度はコカインなどの薬物は勿論のこと、タバコやアルコールなど嗜好品よりも低いとされています。

MDMAには依存してしまうようなイメージがありますが、その多くはエクスタシーを指しているようです。

エクスタシーはMDMA以外の成分が含まれているケースが多く、依存度が強くなります。

沢尻エリカには依存の症状が出ていた?

沢尻エリカはMDMAの他にLSD、コカイン、マリファナを長年使用していたとの供述が報道されています。

これらの影響から、彼女には薬物依存の症状が出ていたのではないかという意見があります。

彼女の性格について「不機嫌」や「感情の起伏が激しい」とよくいわれており、彼女のイメージにもなっていました。

それは薬物依存の症状だったのかもしれません。

周囲への影響

沢尻エリカの逮捕は業界のみならず、社会的にも多大な影響を及ぼしています。

大河ドラマ、CM等、彼女が出演した作品の延期や中止、差し止めとなれば、損害は数億円規模になるといわれています。

著名人の場合は影響を及ぼす範囲が当然大きくなりますが、一般人であっても薬物乱用は当然周囲へ影響を与えます。

自分の家族、友人等に多大な迷惑をかけることで、人間関係を壊してしまい社会から孤立してしまうこともあります。

また、最悪の場合他人に被害を与えることにもなりかねません。

そうなると傷害致死罪等の罪にも問われ、罪が重複してしまい社会復帰が困難になってしまいます。

沢尻エリカの女優生命はどうなるのか

5496390 – young woman sitting on a rails. sadness concept.

今回の逮捕を受けた沢尻エリカの今後はどうなるのでしょうか?

周囲への影響は計り知れず、「沢尻エリカの女優生命は終わった」といった意見が多いようです。

犯罪を犯したのですから罰せられるのは当然ですし、一般の会社員であれば解雇されてもおかしくはないといえます。

また、女優業等、メディアに出演する方々はイメージが重要視されます。

今回の件が影響し、今後彼女への需要が無ければ自ずと女優生命は終わるのかもしれません。

しかしながら、世界を見たときに、違法薬物で自分のキャリアに影響が及んでしまった著名人は沢山存在します。

欧米であれば「ロックスターがドラッグに溺れるのは当然」といった認識さえあります。

「ドラッグ依存のハリウッドスターが更生施設に入った」というニュースはさほど驚くものでもありません。

そして彼らの多くは見事に更生し、カムバックを遂げているのも事実です。

中には、スマートフォンのようなイノベーションを生み出した人物さえ存在するようです。

そのような点から、「日本は薬物乱用の有名人に対して厳し過ぎるのでは」といった意見は以前からあるようです。

今回も「同じ犯罪でも殺人などの重罪とは異なるもの」「彼女の罪と作品は別である」との声も聞かれます。

日本の治安の良さは日本人の道徳意識の高さに起因しているといわれています。

しかし、その道徳意識の高さが犯罪を犯した者への厳しさに繋がっているという意見もあるようです。

罪を憎んで人を憎まず」ということわざは、この事を指しているのかもしれません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html