暗闇の中で麻薬をつかもうとする手

覚せい剤で逮捕の清原和博が薬に溺れた理由を解説!「告白」に綴られた心身への影響とは?清原が語る依存症治療の難しさに迫る

数々の記録を持ち、野球界のスーパースターであった清原和博覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは2016年2月2日のこと。

甲子園から常に脚光を浴び続け、日本のプロ野球界を牽引してきた彼の逮捕に野球界のみならず日本中が衝撃を受けました。

なぜ、清原は薬物に手を出してしまったのでしょうか?

そして2018年に発刊された、「告白」を著した心境とはどういったものだったのでしょうか?

野球界の英雄、清原和博のストーリーを通して、薬物依存の恐ろしさについて語っていきます。

何故薬に手を出したのか?

白い粉と黒く反射する表面

高校時代から注目され、同じPL学園だった元プロ野球選手「桑田真澄」と共に一時代を築きあげました。

そんなスーパースターが何故薬物に手を染めてしまったのでしょうか?

その真相について見ていきましょう。

いつから使用していた?

裁判では「遅くとも引退した2008年すぎ頃から覚せい剤を使い始め、以降繰り返し使っていた」と供述しています。

しかし、実際は1995年頃には既に黒い交流があったという噂があります。

その際暴力団関係者から合成麻薬であるMDMA(通称エクスタシー)を使ったことがきっかけといわれています。

さらに巨人時代のチームメイトは、彼が薬物に手を出していることを皆知っていたといわれています。

元プロ野球選手で当時同僚だった、「野村貴仁」が2006年に違法薬物取締法違反で逮捕されました。

野村は、清原が逮捕された事に関して言及。「球場で覚せい剤を渡した」と暴露したことが話題になりました。

また逮捕された後、清原が「俺の事は言っていないよな?」と連絡してきたと語っています。

事実、清原自身出所後のインタビューで、「現役時代にグリーニーを使用していた」と告白しています。

グリーニーとはアンフェタミンと類似の構造を持つ医薬品で興奮剤のことです。2007年に使用が禁止されました。

覚せい剤であるアンフェタミンと同類のものですから、グリーニーも使用禁止となるのは当然でしょう。

その影響からか、巨人に入団してから2005年までの8年間の間、清原のルックスは大きく変貌しています。

そして、その時から暴力団との関係が噂されていました。

巨人への移籍が原因

1997年から巨人に移籍します。

元々、清原はドラフト時に巨人入りを希望しており、清原にとって、巨人軍入団は夢の実現であるとも言えたでしょう。

しかしながら、その思いとは裏腹に巨人時代はケガに悩まされることになります。

いかなる状況だろうと、常に結果を求められる巨人軍でプレイするのは相当なプレッシャーだったかもしれません。

コンディションを保つため、清原は試合前にニンニク注射を打つようになり、また、それは周りにも知られていたようです。

ニンニク注射の成分は違法薬物ではない為、ドーピング規定に違反するというものではありませんでした。

しかし、何かに依存する体質というのはこの時から既に出来上がっていたのかもしれません。

黒い交流の噂

Businessman well-dressed with empty wallet, no money

暴力団との関係が深まったのは、故障に悩まされていた巨人時代だといわれています。

1996年に、暴力団関係者と賭けゴルフをしたことを別の暴力団関係者から脅されていたとのこと。

そしてその問題を解決する為に、また別の暴力団に接近したことから、彼らとの関係が深まったとの噂があります。

その事が報じられた1999年は、巨人に入ってから最悪の年で、またプロ野球生活の中でも最低の成績でした。

2003年頃からは、暴力団との関係が度々報じられるようになっていきます。

2006年から2008年の引退まではオリックスに所属、そして引退後から益々暴力団との関係が強くなっていったようです。

裁判では「引退後は不安を野球で解決できなかった」「心の隙間を埋めるために使った」と語っています。

森監督が影響?

当時、西部ライオンズの監督を務めていた森監督が原因であるという意見があるようです。

森監督は1986年から1994年まで監督を務め89年以外、チームを日本一に導いた監督で西部の黄金時代を築いた名将です。

そして、当時ルーキーだった清原を大々的に起用し、彼をプロ野球を代表する名選手に育て上げました。

森監督は清原にとってはまさに「育ての親」と言っても過言ではないでしょう。

当時の森監督の方針は「自由奔放」だったようです。それが清原和博をスターにしたといわれています。

しかしながら、皮肉にもそれが原因で彼は薬物に手を染めてしまったとの意見があります。

「森監督は清原に野球は教えたが、社会人としての常識を教えなかった」とは、前西部監督である広岡氏の言葉です。

逮捕

2016年2月2日、午後11時過ぎ、自宅のマンションにて覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。

警察が自宅に踏み込んだ際、清原は手に注射器と吸引用のストローを手に持っていたそうです。

そして、現行犯逮捕された清原は、即座にそれらが自分のものであると認めました。

警察は、2014年に週刊文春が取り上げた薬物疑惑騒動の頃から内偵捜査に踏み切ったとしています。

綿密な捜査の結果、所有および使用の証拠を得たとし自宅に踏み込んで、現行犯逮捕に至ったようです。

現実なのか幻覚なのか分からなかった」「チャイムもならされずにいきなり入ってきた」

清原は当時の状況をそのように語っています。

重度の薬物依存者との診断

側面

逮捕された際、吸引用のストロー、パイプのみならず注射器まで見つかった清原ですが、重度の麻薬常用者だったようです。

一体どのような状態だったのでしょうか?

通常の7倍の薬物反応

麻薬常習者は異常に汗をかくそうです。捜査報告によると、清原の汗からは通常の常習者の7倍もの薬物反応があったそうです。

麻薬は使用するにつれて、頻度、摂取量が多くなっていきます。

その為、麻薬を購入する為のお金が無くなり、別の犯罪に手を出してしまうケースが少なくありません。

清原の場合は野球選手でもあり資金も十分にありました。

結果、選手生活で得たお金を麻薬に使ってしまう事になり、摂取量も通常の何倍もの量になってしまったようです。

元々金使いが荒いと言われていた清原ですが、最後には自家用車等の資産も売り払い、それを麻薬に変えてしまう程でした。

過去に二度救急搬送されていた

逮捕後のニュースで2011年と2013年に、急性薬物の中毒で緊急搬送された過去があったと伝えられています。

1度目は2011年6月で、東京都内のホテルで薬物の多量摂取が原因で、口から泡を吹いて倒れ、そのまま緊急搬送されています。

2013年にまたも急性中毒で錯乱状態になり緊急搬送されます。

いずれも非常に危険な状態で、麻酔薬としかん剤を投与された、電気ショックにて一命を取り留めたそうです。

精神科医によると通常、電気ショック療法は強烈な為あまり行われることはないようです。

その事からも、清原は重度の依存者だったことが分かります。

医者からの診断

44日間の勾留後、糖尿病治療の為入院、その後、薬物治療の専門医に診断を受けます。

診断の結果「重度の薬物依存者である」と診断されます。

清原は「自分では薬物の利用をコントロールしていた。」と、依存者ではないと思っていたそうです。

重度の依存者であるとの診断にショックを受けたと述べています。

判決後

落ち込む男性

保釈後の裁判で懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決が下されます。

清原は、「有罪判決を下されたときはショックが大きかった」と語っています。

覚せい剤取締法違反の罪に問われた事は、彼の生活にどのように影響を与えたのでしょうか。

殿堂入り除外

逮捕後、阪神甲子園球場内の甲子園歴史館から、展示されていた清原が使ったバット等のアイテムが撤去されています。

また、東京ドーム内の野球殿堂博物館からも彼のユニフォームの展示が見送られ、候補だった殿堂入りも除外されました。

甲子園時代からスター街道をまっしぐらに進み、記録に、記憶に残る活躍をプロ野球でしてきた清原です。

本来であれば問答無用で殿堂入りをはたしていたでしょう。

薬物の後遺症

 

保釈後の1年間は一歩も外に出れなかったと述べています。また、薬物依存者特有の症状であるうつ病に苛まれたようです。

その時のことを「1日中何もする気がせずボーっと家にこもっていた」と話しています。

告白

PCと男性の手、本棚

2018年に自信の著書「告白」が文藝春秋より出版されました。

内容は、雑誌「Sports Graphic Number」に約1年間連載されたインタビューを一冊にまとめたものです。

自分の人生に対して自問自答している清原に「過去を振り返ってみないか?」と持ち掛けれたのがきっかけだったそうです。

今までの栄光や苦悩、屈辱等、清原和博という人物の内面を知ることができる一冊となっています。

今なお戦い続けている

清原は、逮捕直後に「野球を始めたこと自体後悔している」とさえ語っていたようです。

2019年現在では啓発イベントへの参加や、トライアウトでの現場監督を任される等、少しずつ回復の兆しを見せています。

しかしながら今も治療は続けており、依存と戦い続けています。

「薬物は一時的に止められても、辞め続けることは非常に難しいことだと思います。」とイベントで語っています。

清原和博は今後一生自分自身と戦い続けることになるのかもしれません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html