大麻所持で逮捕された田中聖の事件を解説!大麻使用で現れる不審な言動とは?不起訴処分でも人生を変えてしまう大麻の怖さに迫る

»

薬物に関する事件は芸能界では特に絶えません。

私たちも決して他人事ではなく、その問題について無知のままでいるのは非常に危険です。

防犯工房では著名人が陥ってきた失敗について今一度考察し、私たちがどのように対処していけば良いか提案しています。

今回取り上げるのは大麻所持で逮捕された田中聖(こうき)さん。ジャニーズ時代の彼の活躍を記憶に留めておられる方は少なくないでしょう。

彼の人生における失敗から教訓を学びます。

その前に、まずは現在大麻を取り巻く複雑な事情について解説していきたいと思います。

大麻を全否定できないことは事実

「大麻」と聞いて怖く感じる方は、日本人としてある意味正常な感覚をお持ちの方かと思われます。

しかし私たちにとって、場合によっては大麻の恩恵を必要とするという事実を知っておくことは不可欠です。

薬物の種類が多岐にわたる現代社会においてバランスのとれた考え方をするために、大麻に関する正確な知識を身に付けましょう。

大麻の多様な用途

もしも「大麻草をすべて禁止する」としたら、どのようなことが起こるのでしょうか?

実際のところ日本人にとって大麻は、生活と文化に密接に関わるとても馴染みの深い植物です。

たとえば麻を使って作られている布や衣服、縄や紙など、麻製品は意外と身の回りにあります。

これらは薬物と同様、同じ大麻草から採れる繊維から作られています。

ですからどれだけ薬物としての大麻が危険であるとしても、それを規制するのには限界があるのです。

まだまだ存在する大麻の用途

大麻の扱いに関する私たちの考え方に柔軟性が求められる分野は他にもあります。

実は大麻は医療の分野でも大きな可能性を秘めていることが分かってきているのです。

例えば、がん・てんかん・HIV・不眠症・ぜん息・パーキンソン病・慢性的な痛みに効果を発揮するようです。

がん細胞の増殖や転移を抑えて殺してしまうという大麻の力は、現代人にとってはとても無視できない希望ではないでしょうか。

このような喉から手が出るような長所が大麻草に含まれているわけですから、取り締まるのは一筋縄ではいかないというわけです。

多くの人を陥れてきた薬物

薬物と注射器

しかしながら医療効果がどれだけ良いとはいえ、大麻を無制限に使用することは人体に非常に大きな害があるのは事実です。

実際にこれまで多くの人が大麻によって人生を狂わせてきました。

ですからバランスのとれた考え方をしつつも、大麻の使用の仕方について私たちは正しい知識をもつことは不可欠なのです。

そして絶対に間違った仕方で大麻を使用しないという決意をいつももっておきましょう。

その決意を強めるため、過去の事例から教訓を学ぶことはとても効果的です。

田中聖の逮捕

ジャニーズグループKAT-TUNとバンドINKTの元メンバーとして現在も音楽シーンで活躍している田中聖さん。

彼の大麻に関する逮捕報道の真相について振り返ってみましょう。

大麻取締法違反容疑

2013年9月をもってジャニーズの専属契約を解除された田中聖さん。その後もタレントとして活動する意思を示していました。

翌年10月には、バンドINKTの5人のメンバーの一人として活動することを宣言。

その後数年間にわたりバンド活動を続けていた彼ですが、しばらくしてその人生を大きく揺るがす出来事が起きます。

2017年5月24日、東京渋谷区道玄坂の路上で、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反容疑で警視庁渋谷警察署に現行犯逮捕され、以降INKT、個人活動共に休止。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%81%96

もともと田中聖さんの素行にはいろいろといわれており、ジャニーズとの契約が終了した原因の一つでもありました。

それでも元ジャニーズで知名度も影響力も計り知れないものをもっていた彼の逮捕は、多くの人にショックを与えるものでした。

残念ながら半年も経たない同じ年の9月には、INKTも解散となりました。少なからずこの事件が影響していることでしょう。

所持していたものは

その日、巡回中の警察官の目に留まり追跡と停止命令を告げられた田中聖さん。

路上で停車を求められた彼のワンボックスカーの車内からは、大麻の花穂(かすい)と呼ばれる部分が発見されました。

花穂とは花の芽の部分で、薬物としての作用がより強く乱用者の間では「バッズ」とも呼ばれています。

その車を運転していた田中容疑者自身は「自分のものではない」と容疑を一貫して否定

しかしその後の尿鑑定では陽性反応が出るなど、使用に関しても幾らかの可能性が疑われました。

司法の判断は

逮捕されてから約2週間後、彼は釈放され重要度の少し劣る任意捜査へと切り替えられます。

大麻の「使用」は合法であること、逮捕時に乗っていた車が親族名義で乗降者の絞り込みが困難だったこと、車内から見つかった乾燥大麻がごく微量だったことが影響したとみられている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%81%96

大麻を所持していたこと自体が問題であり、使用に関しては処罰の対象とならないことが定められている大麻取締法。

実際のところその少ない量の乾燥大麻が誰の所有物だったのか特有することが難しかったというわけです。

そのようなわけで逮捕から約1ヶ月少し経った6月30日、嫌疑不十分により不起訴処分となりました。

大麻常習者に現れる特徴とは

幸いと表現できるかは分かりませんが、不起訴処分となり裁判にまで発展することはなかった田中聖さんの逮捕。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html