白い粉と黒く反射する表面

コカイン常習者のピエール瀧がコカインを使用した理由や常習歴は?常習を引き起こすコカインの性質と心身に与える影響を解説

2019年3月に大麻の使用によって麻薬取締法違反で逮捕されたマルチタレントのピエール瀧さん。

様々な分野で活躍されていたことから、この逮捕による影響は多方面にわたり、ワイドショーを連日賑わせていました。

そんな順風満帆なタレント人生を歩んできたであろうピエール瀧さんがコカインに陥ってしまった理由は何だったのか。

そして、コカインを使用した場合にはどのような影響やそれの裏側までを見ていきましょう。

ピエール瀧がコカインを使用した背景や使い始めた時期は?

ビジネスのイメージピエール瀧さんがコカインを使用した理由は「多忙によるストレスを解消したかったから」というものでした。

20代の頃からコカイン以外にも大麻を使用していた供述もしており、これは所属していた電気グルーヴの活動初期にあたります。

1990年代のグループ絶頂期やテレビや映画の出演などが重なり多忙を極めた結果、薬物に手を出してしまったようです。

逮捕までのおよそ30年、一時的に薬物の使用を控えていたこともあったそうですが、それでも断ち切ることは出来ませんでした。

芸能人は密売人に狙われやすい?

駐車場の車泥棒芸能人が薬物使用によって逮捕されたというニュースを目にする機会は多いかもしれません。

有名人が逮捕されるたびに、次に逮捕されるのは誰なのかという話題が出ることもしばしばあります。

実は芸能人を狙ってコカインや覚せい剤などの薬物を持ち寄ってくる密売人も存在するようです。

多忙を極めストレスを抱えることの多い芸能人をターゲットにして、長期的な関係を築いていきます。

密売人はクラブに現れることが多く、そこは芸能人も多く出入りすることから接点になりやすい場所と言えるでしょう。

コカインが心身に与える影響

気分の変化が激しくなる

落ち込む男性コカインは使用直後に気分がスッキリしたり興奮したりするなど、気分が急激に高揚します。

これは覚せい剤やその他薬物と同様の効果で、効果が切れてくると鬱に陥ったりイライラしたりするのです。

先述の通り、過度なストレスを抱えている人がそれを解消することを目的にコカインに手を出しています。

そして、コカインの効果が切れてしまうとストレス解消のために再び使用してしまうのです。

やる気が起きなくなる

コカインの効果が切れてくると倦怠感や無気力になるなど、やる気が起きなくなってしまいます。

これも他の薬物と共通する点で、薬物を使用するまではこの状態が継続的に続くのです。

コカインを使用すれば一転し、急激にやる気に満ち溢れた状態になるでしょう。

幻覚症状が現れる

コカインの使用によって、幻覚症状に見舞われたり極度の被害妄想に陥ったりしてしまう事例が見られます。

例えば、全身を虫が這いずり回る感覚になってしまうことや、誰かに常に監視されている・追いかけられているといった妄想です。

そのような状態になってしまえば、精神が不安定となるだけでなくパニック障害を引き起こしてしまうこともあります。

コカインの副作用による不安定な状態を解消するためには薬物を使用するしかありません。

病気に罹患しやすくなる

医師身体中に悪影響を及ぼし、病気に罹患する可能性が高めてしまうのもコカインの怖いところです。

具体的には、脳卒中や脳出血といった脳疾患から腎臓や肝臓などの臓器に関わる病気に繋がる恐れがあります。

さらには血圧上昇によって、上記以外の病気を引き起こすきっかけにもなりかねません。

死に至るケースもある

コカインを大量に摂取することで、死に至るケースも散見されます。

これは継続的な使用によってけいれんを引き起こしてしまうことや、先述の様々な病気が悪化してしまうことが原因です。

コカインに限らず大半の薬物を使用していると、耐性がついて慣れてきます。

その結果、より強力な効果を得たい場合や繰り返し使用したいという欲におぼれ、身を滅ぼしてしまうのです。

あまり知られていないコカインの裏側とは?

コカインの原料と流通経路

南米コカインの原料は、コカの木という南米原産の灌木になります。

コカインは原産地である南米で密かに栽培されているため、日本国内の流通量はあまり多くない点が特徴的です。

つまり、コカインが原因で逮捕されているケースのほとんどは海外とつながりがある人物を経由していると言えるでしょう。

2019年5月末には、メキシコから成田空港へ向かう機内で邦人男性が発作を起こし亡くなるという事件がありました。

死亡解剖の結果、男性の体内からコカインが入った袋が見つかりましたが、このような手口は頻繁に使用されるようです。

実は医療現場で使用されている

麻薬として非常に知名度が高いコカインですが、医療現場においては局所麻酔として使用されることがあります。

そもそも麻薬とは「麻酔効果がある薬」という意味があり、その特性を上手く利用したのが医療現場です。

これはコカインが有効活用されている数少ない事例と言えるでしょう。

コカインとその他薬物の大きな違い

効果の持続時間が短い

側面コカインは覚せい剤やその他薬物と比較すると、その効果の継続時間が短いです。

そのため、コカイン中毒に陥ると頻繁に摂取しなければ常に不安やストレスに駆られてしまいます。

持続性が短いとなれば使用する頻度も増加してしまいますので、他の薬物以上に悪循環に陥ってしまうでしょう。

金額が非常に高い

コカインはその他薬物を比較すると、価格が非常に高いという特徴を持っています。

これは、覚せい剤などと比較すると流通量が少ないことが大きな要因です。

厚生労働省によると、押収量は覚せい剤が1,136.6kgであるのに対し、コカインが11.6kg(いずれも平成29年)と圧倒的に少なくなっています。

また、押収量と比例するように検挙者数は覚せい剤が10,284人でコカインが185名(いずれも平成29年)です。

コカインが非常に高価であるため、非常に狭いコミュニティでしか流通しない特徴を持っていることが分かります。

コカインは多くの時間を損失させる

助けてというサインを出す悲しむ女性コカイン中毒になってしまえば、膨大な時間を失うことになりかねません。

コカインの副作用に一生悩まされ続けたり逮捕されたりすることで、一度しかない貴重な時間を消費してしまうのです。

前者の悩むというのは、幻覚・倦怠感・身体機能の低下などに陥ることで自身の思い通りに生活が出来なくなることを指します。

後者は逮捕されることによって、物理的に自由な時間が減少してしまうのです。

コカインの使用は麻薬取締法によって、7年以下の懲役が定められています。

薬物は簡単に断ち切ることが出来るものではないため、繰り返し使用してしまえばそのたびに逮捕されるでしょう。

その結果、非常にたくさんの時間を失うことに繋がってしまうと言わざるを得ません。

これはコカインに限らず、薬物全般の恐ろしい性質と言えるでしょう。

さいごに

ボールペンのペン先アップピエール瀧さんだけではなく、芸能界では一定のスパンで薬物使用による逮捕者が出てそのニュースが報道されています。

今回のように、ストレスが原因で薬物に手を出すようになったという事例は芸能界に限らず後を絶ちません。

言い換えれば、一般人である私たちも一歩間違えれば薬物に陥る可能性があるということです。

「一度試してみれば?」や「使用しても全く問題ない」という甘い言葉に惑わされてはいけません。

そういった際には断固として拒否することで、自身を守るように徹することが大切になります。

そして、薬物の恐怖や依存性を正しく理解して一度しかない人生を棒に振らないようにしましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html