ワイヤーロックによる自転車の盗難対策を解説!効果的な使い方や併用におすすめのロックは?ワイヤーロック選びのポイントも紹介

通勤通学などで毎日乗っているという方も多い自転車。

もしも大事な“足”である自転車が盗難の被害にあってしまったら…。

考えるだけでもゾッとしますが、防犯登録が必須となった今でも自転車の盗難被害が後を絶ちません。

ある日突然、停めていたはずの自転車が忽然と姿を消してしまったら、その落ち込みや怒りは相当なものになると想像できますね。

鍵やワイヤーロックをしていても盗まれてしまうのはなぜでしょうか?

この記事では誰でも簡単に使えるワイヤーロックについて、その効果的な使い方やおすすめのワイヤーロックを紹介します。

鍵が付いているから大丈夫と思っている方も、併用できるワイヤーロックでさらなる盗難対策をしてみてくださいね。

ワイヤーロックを使う時のコツ

ワイヤーロックを付ける「位置」は高くしよう

みなさんは普段、ワイヤーロックをどんな高さで付けているでしょうか?

しばしば、後輪タイヤの「下側」にワイヤーロックを装着している自転車を見かけることがあります。

地面により近い場所にワイヤーロックを付けていると、盗難のリスクがグンと上がってしまうので要注意です。

なぜでしょうか?

それは、地面に近いところでワイヤーロックを付けると、盗難者に都合のいい状況が生まれてしまうからです。

例えば、ワイヤーロックを壊すときに盗難車はしゃがみ込みます。すると、混雑した自転車置き場では、盗難者の姿がうまく隠れてしまいます。

かなり盗みやすくなってしまうわけです。

しかしワイヤーロックをできるだけ高い場所に付けておけば、悪だくみをしている姿が人目に晒されやすくなり、盗難者へプレッシャーをかけることができます。

また、ワイヤーロックが地面に近いところにあると、ワイヤーロックを破壊するカッターなどを利用しやすくなるというデメリットがあります。

足の力でワイヤーカッターを使って、ワイヤーロックを容易く切断することができるからです。

手は足の数倍の力を持っています。

どれだけ丈夫なワイヤーロックでも、ワイヤーカッターに足の力が加われば予想以上の切断力を発揮してしまうのです。

これらの理由から、ワイヤーロックを「高い位置」に装着する重要性がおわかりいただけたかと思います。

ハンドルに近ければ近いほど安全性が高まる」と意識するとよいでしょう。

安いワイヤーロックは使わないようにする

ワイヤーロックは素材や作りによってピンからキリまであり、値段にもかなり幅があります。

人によっては安価で手ごろなワイヤーロックを使っている方もいるかもしれませんが安いワイヤーロックはおすすめできません。

自転車窃盗のプロは、安いワイヤーロックを恰好のターゲットにして狙ってきます。

専用のワイヤーカッターさえあれば、まるでプラモデルをニッパーで切り落とす要領であっという間に切断してしまうのです。

窃盗者はクロスバイクなどの高級な自転車ばかり狙っているわけではありません。

あくまでも窃盗者は「狙いやすい自転車」に目を光らせて活動しています。

「自分は安物のシティバイクに乗っているし、ワイヤーロックを多少ケチっても問題ないだろう」

このような考えはとても危険で、油断した人たちの自転車こそ最も狙われやすいのです。

可能ならワイヤーロックは2つ以上装着しよう

鍵を切る泥棒

自転車窃盗のリスクから遠ざかるための基本原理は、「窃盗犯のターゲット候補から外れやすい状況」をつくることです。

窃盗犯も、自分が捕まるリスクを冒すようなことはしません。

短時間でワイヤーロックを破壊できないような自転車は基本的に対象外になります。

ですから、例えばワイヤーロックを2個装着するだけでも、“窃盗犯避け”として十分に効果を発揮するといえるでしょう。

どんなワイヤーロックを選べばいいの?

ワイヤーロック1本で使うなら太いものを

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html