のぞき見防止アプリのおすすめを機種別に徹底解説!使えるのぞき見防止アプリの機能は?無料のぞき見防止アプリと設定方法も紹介

電車の待ち時間やカフェでスマホを見ている時、人の視線を気になったことはありませんか?

情報漏洩はいつ、どこで起こるか分かりません。

もしかしたら、ふとした瞬間に個人情報を盗まれている可能性もあります。

大切な個人情報を盗まれないためにも、プライバシーはしっかり保護しなければなりません。

そんな時に役立つのが「のぞき見防止アプリ」です。

そこで今回は、のぞき見防止アプリのおすすめを機種別に徹底解説していきます。

設定方法や主な機能も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

のぞき見防止アプリの主な機能をチェック

無料・有料、機種別に様々なのぞき見防止アプリがリリースされていますが、基本的な機能はほぼ同じです。

スマホの画面上にフィルターを設定して、横や上から画面を見にくくさせます。

フィルターは、モノトーン・ドット・チェック・格子模様などの柄を選ぶことが可能です。

横や上からは見にくくなりますが、初期設定のままだと自分で正面から見た時、画面が見えにくくなってしまいます。

そのため、透明度や画面の明るさを調整し、自分からは見やすく、人からは見えなくさせるのが、のぞき見防止アプリの効果です。

中にはスマホを揺らすだけで画面を隠せるのぞき見防止アプリや、ブルーライトカット効果のあるのぞき見防止アプリもリリースされています。

有料版の方がスペックは高くなり使える機能も増えるので、しっかりプライバシーを保護したい方は有料版をダウンロードしましょう。

iPhoneに有料版のぞき見防止アプリはない?

現在、App Storeでは有料版ののぞき見防止アプリは販売されていません。

そのため、iPhoneユーザーの方は無料版を利用するか、アプリではなく保護フィルムをスマートフォンに貼り付けるのがおすすめです。

またブルーライトカットアプリや明るさ調節アプリを利用すれば、ある程度画面を見にくくさせることはできます。

中にはブルーライトカットアプリの中にのぞき見防止フィルターが付随したアプリも。

下記で、おすすめのブルーライトカットアプリもしくは明るさ調節アプリを紹介していきます。

視力保護ブラウザ〜ブルーライトカットで視力回復〜

ブルーライトカットおよび明るさをボタン一つで調節できます。

画面が黄色くなったり暗くなったりするので、人からは見えにくく、持ち主は目に優しい便利なアプリです。

22万ダウンロードを突破しているため信頼性もあり、過去にはメディカルカテゴリーで最高1位を獲得したこともあります。

無料でダウンロードできるので、気になった方はぜひ使ってみてください。

超ブルーライト削減

最大96%ブルーライトを削減できる画期的なアプリ。

こちらのアプリの特徴は、ブルーライト削減時の色合いをイエロー・ピンク・グリーン・グレーの4色から選べるところです。

さらに、のぞき見防止フィルターも15種類から選べます。

チェック・ストライプ・ボーダー・レンガなど多彩なフィルターが選べるので、自分のお気に入りを設定してみてください。

こちらも無料でダウンロードできます。

【Android】おすすめののぞき見防止アプリ

Androidはのぞき見防止アプリの開発が進んでおり、多数ダウンロードできます。

下記で口コミ評価も高いのぞき見防止アプリを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

のぞき見防止フィルター(160円)

自分の好きなカラーでフィルターを設定できるだけでなく、アルバムの写真をフィルターに設定できる点が魅力です。

横から見ても全く見えず、性能はかなり高いと定評があります。

カラーサークルで細かく設定できるため、ビビット系からパステル系までカラーバリエーションも豊富です。

また、バーを動かすだけで透明度も簡単に調節できます。

無料ののぞき見防止フィルターにある、デフォルトのフィルターだと物足りなさを感じる方には、おすすめです。

のぞき見防止スクリーンフィルター 有料版ライセンスキー(300円)

クール・キュート・エレガントなど、多彩なラインナップのフィルターを設定することが可能です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html