家電を操作する画面のスマートフォンを持つ手

スマート電球の防犯性を高める使い方を徹底解説!防犯におすすめのスマート電球と取付け方法は?機器連携で留守中の自宅を守ろう

»

家電とインターネットを繋ぐIoT化は着々と進んでおり、それは家を照らす照明も例外ではありません。

インターネットに接続した電球は「スマート電球」と呼ばれ、防犯アイテムとしても注目を集めています。

とはいえ、「どう使えばいいか分からない」と不安を感じる人もいるでしょう。

スマート電球はどのように防犯に活用すれば良いのでしょうか。

スマート電球とは

スマート電球とは、スマートフォンなどを使って遠隔操作できる電球のことです。

現在、IoT(家電をインターネットと接続する)を取り入れた家電が増えています。

スマート電球もその中の一つとして注目を集めているというわけです。

実際フィリップスSONYなど、様々な大手メーカーがスマート電球を発売しています。

防犯グッズとして、スマート電球の導入を考えている人もいるのではないでしょうか。

しかしその種類は多く、どの商品を買えばいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

そもそも、遠隔で操作できるスマート電球がどのように防犯に役立つのでしょうか。

また、しっかり防犯してくれるオススメのスマート電球と、その取り付け方も解説します。

スマート電球は防犯に使えるのか

本来スマート電球は、インターネットと接続して遠隔操作できる電球です。

しかしながら、そこから防犯に役立つというイメージがわかない人もいるかもしれません。

スマート電球が何故防犯アイテムになるのか。それは遠隔操作ができるという特性にあります。

スマート電球はスマートフォンに専用のアプリをインストールすることで、離れた場所からの操作が可能になります。

ちなみにこれは、決まった時間に設定して点灯させることもできるのです。

空き巣などは、外から電気がついているかどうかで忍び込めるか判断します。

遅い時間でも電気がついていないと、家の中に人がいないことが分かってしまい、狙われやすくなるでしょう。

しかしながらスマート電球を使えば、家に誰もいなくても自由に電気をつけることができます。

しかも6時にリビング、8時に洗面所で9時に寝室…と時間ごとに色々な部屋の電気をつけることも可能です。

こうすると家に誰かがいることを装うことができます。それを見た犯人は「家に誰かいる」と思ってマークしにくくなるのです。

ここまで見ると「電気代がかかりそう…」と不安になるかもしれません。しかし安心してください。

スマート電球のほとんどはLED電球です。つまり寿命が長く電気代もさほどかかりません

スマート電球が防犯におすすめなのは、このような省エネともいえる特性もあるからです。

スマート電球の上手な利用方法

Wi-Fi接続かBluetooth接続か

スマートフォンと電球の接続方法は、Wi-Fi接続Bluetooth接続の2種類があります。

Bluetooth接続の場合は、数メートル程度の近距離でしか操作できません。

どちらかというと同じ家の中で、自分がいる部屋とは別の部屋の照明を点灯させるものです。

Wi-Fi接続の場合は屋外からの操作ができます。防犯のために使用するのなら、Wi-Fi接続をおすすめします。

スマートスピーカーで音声による操作

スマートスピーカーであるAmazon Echoや、Google Homeなどと連携できるスマート電球もあります。

電球のオンオフ光の強さ、昼光色や白色など光の種類をスマホから変更可能です。

ただし、すべてのスマート電球がAmazon EchoやGoogle Homeに対応しているわけではありません。購入時はしっかりと確認しましょう。

またスマートスピーカーを用いれば、スマートフォンすら使わず音声だけで操作できます。

外出先からのライト操作

外出先で消し忘れの確認はもちろんのこと、家にいない間も外から見て在宅を装うことができます。

これは従来の電球ではできない、IoT化されたスマート電球だからこそ実現できる防犯技術です。

時間を設定して自動点灯

指定した時間に自動に電気をオンオフできます。

毎日の出勤時間や起床時間、就寝時間などを設定しておけば、より快適に使用できます。

夜道を帰ってきて、暗い部屋に入るのは防犯上危険があるでしょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html