スマホの乗っ取りを阻止する対策方法を徹底解説!ハッキング症状や乗っ取りの確認方法は?乗っ取り解除の仕方もチェックしよう

どんなに気を付けていても、もしかしてスマホが乗っ取られてしまったのではないか?と心配になってしまうこともあるでしょう。

そんな時に乗っ取りを確認する方法がありますので、ご紹介します。

知らないアプリが増えていないか確認する

不正アプリを通してスマホがクラッキングされるケースは非常に多いといえます。

不正アプリのダウンロードが原因で、マルウェアやウイルスに感染することもあるでしょう。

ですから乗っ取りを疑う際には、身に覚えがないアプリがダウンロードされていないかどうかを確認することが大切です。

ただしスマホに確認出来ないほどに沢山のアプリがあると見つけ難いので、日頃から使用しないアプリはアンインストールしておきましょう。

SNSなどが不正に使用されていないか調べる

SNSなどの接続履歴を確認すると乗っ取られていないか確認する事ができます。

例えば身に覚えのないところからのアクセスや身に覚えのない時間にメッセージが送信された履歴があるとしましょう。

その場合アカウントが乗っ取られている可能性が高いです。

SNSによってはアクセス通知がきてブロックをしてくれる機能もあります。

しかし稀にその通知を装ったメールでIDとパスワードを入力させる物がありますので、直ぐに入力してはいけません。

入力を求められた場合はURLが公式のものかどうかを確認することも大切です。

ウイルス感染をチェックする

ウイルスが入り込むのが乗っ取りの初期症状である事が多いため、ウイルスが侵入していなければ乗っ取りにあっていないといえます。

そこで、端末のウイルスチェックをしてみましょう。

セキュリティソフトをインストールしていないという人は無料の物が多くありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

ただしインストールは信頼できるページから行ってください。

乗っ取られてしまったらどうやって解除する?

スマホが乗っ取られていると気づいたらどのように対処するべきなのでしょうか。

今回は代表的な方法を3つご紹介します。

スマホを初期化する

手っ取り早く解決したいのであれば、初期化がおすすめです。

初期化をすると基本的にスマホは工場出荷の状態になりますので、ウイルス等も不正なアプリも全て消去されます。

ただしデータが全て消えてしまうので、日頃からこまめにバックアップを取っておくようにしましょう。

知らないアプリは削除する

もしも知らないアプリを発見したら、すぐアンインストールしてしまいましょう。

その知らないアプリを使ってスマホを遠隔操作されている可能性や盗撮をされている可能性があるので、危険の芽は速やかに削除しましょう。

稀にアンインストールできないアプリがありますが、その場合には設定画面から該当アプリを無効化することが大切です。

買い替え

スマホが乗っ取られてしまった時の最終手段は買い替えです。

初期化してもアンインストールしても、不審なアプリが残る場合や動作がおかしい場合があります。

この場合スマホの中から不正アプリを完全に削除できない可能性が高く、その様な状況で使用していると被害が広がってしまいます。

どうしても解決できない時には、最寄りのスマホ販売店に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

スマホを乗っ取られてしまうと、金銭を盗られてしまうだけではなく周りにも迷惑が掛かる為、信用を落としてしまうことにもなりかねません。

実際に被害にあってから慌てても、手遅れになってしまうことがあります。

発覚して対処するまでが早ければ早いほど被害も少なく済むでしょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html