Macのウイルス対策の必要性を徹底解説!デフォルトのウイルス対策の安全性は?ウイルス感染の症状と確認方法も知っておこう

近年人気が高まっているMacのPCは以前から「ウイルス対策が不要」といわれてきました。

しかし、Macは本当にウイルスの心配はないのでしょうか。

今回はMacでウイルス対策が必要なのかどうかをウイルスに感染した場合の症状などにも触れながらご紹介します。

Macのウイルス対策は本当に不要なのか?

コンピューターのセキュリティ

Apple社が開発・提供しているMacは人気の高いPCです。

また「ウイルス対策が不要」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

ただ「本当にウイルス対策が不要なのか」という疑問もあるでしょう。

ここではまずMacにウイルス対策が本当に不要なのかどうかをセキュリティが高いといわれる理由に触れつつ見ていきます。

Macのセキュリティが高いといわれるのは?

Macにまつわる噂でよく聞かれるのが「セキュリティが高いからウイルス対策が必要ない」というものです。

セキュリティソフトの宣伝であるならまだしも、パソコン自体のセキュリティが高いと聞くと魅力的に感じるでしょう。

Macのセキュリティが高いといわれるのは世界全体のPCで検出されるウイルスの少なさによるものです。

マカフィー社によると2017年末現在、Macで検出されたウイルスは約75万種で世界全体で検出される数の1割程度になっています。

またMacがデフォルトで非常に優秀なセキュリティ対策が施されていることでも有名です。

Apple社が2006年以降のCMで「対策が不要」と宣伝してきたため「セキュリティが高い」といわれてきました。

ほかにもMacは世界で稼働しているPCでもシェアが1割程度と、9割を占めるWindowsに比べると比較的低いことも理由です。

シェアが低い分、ウイルスに感染した件数の報告も少ないといえるでしょう。

Macに感染するウイルスはシェアの増加に伴い増え続けている

以上の理由から、Macは「ウイルス対策が不要」とよくいわれます。

しかし残念ながらMacユーザーを狙ったウイルスも存在し、数も年ごとに増えてきているのが現状です。

マカフィー社が公表した約75万種の数字も、前年の2016年末時点で約45万種であったため約1.7倍に増えています。

なおMacで検出されるウイルスの種類は2016年の第3四半期から急増し、次の第4四半期(2016年末)には3倍となりました。

加えてMacの人気が急上昇してシェアも増えてきています。このため今後Macを狙ったウイルスに感染するリスクも高まっていくでしょう。

Macがウイルスに感染すると起きる症状とは?

仮にMacにウイルスが感染すると、いったいどのようなことが起きるのでしょうか。

事前にウイルスの感染ルートや感染した際の症状を知っておくことが大切になります。

ウイルスの感染ルートとは?

Macにウイルスが感染するのはネット上で偽物のセキュリティソフトなどをダウンロードした際が多いです。

具体的にはMac Appli Store以外でセキュリティソフトを装ったものをダウンロードした場合が挙げられます。

また怪しいWebサイトでコンテンツをダウンロードして感染する場合もあるため注意が必要です。

閲覧するだけで感染するサイトもあるため怪しければ避けた方が良いでしょう。

他にもメールなどに添付されている正体不明のファイル・リンクを経由して感染する場合もあります。

ウイルスに感染することで起きる症状とは?

感染した場合の症状としてまず挙げられるのが、Macパソコン自体の動作に異常が見られるというものです。

具体的には、待ち受け画面で動作が非常に遅くなったり画面が前触れもなく勝手に閉じたりするなど、操作の面で不具合が発生します。

またSNSのアカウントが乗っ取られ覚えのない投稿が発信されたり、金融機関などに登録した個人情報が流出したりすることも多いです。

他にもメールアドレスの乗っ取りによって、他のパソコンにウイルスが広まるケースもあります。

Macに感染するウイルスには何があるのか?

Macに感染するウイルスの中には世間のニュースを騒がせて有名になったものもあるため注意が必要です。

主なウイルスとして、以下のようなものが挙げられます。

ランサムウェア

2017年5月に世界中を騒がせたことで有名になりました。

身代金要求型ウイルス」とも呼ばれ、アカウントのロックや内部データの暗号化などを行いロック解除の条件として金銭を要求します。

中にはお金を払ったにもかかわらずロックを解除しない悪質なケースも見られるために厄介です。

マルウェア

コンピュータに侵入して悪影響を与えるウイルスやプログラムを指します。マルウェアがもたらす被害は種類によってさまざまです。

例えばトロイの木馬の場合、感染後しばらくしてから個人情報を漏洩したりスパムメールを配信したりするように外部から操作されます。

ほかにもワームのようにMacのファームウェアを勝手に書き換えるケースもあり悪質です。

オンライン銀行詐欺ウイルス

オンライン銀行(ネットバンク)のパスワードなど認証に必要な情報を盗むウイルスで、金融機関を装ったメールを通じて感染します。

セキュリティソフトの監視すら避けるという点でも厄介です。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html