自転車の防犯登録について徹底解説!盗難時にどんな効果を発揮する?登録番号を忘れたり、防犯シールが剥がされても大丈夫?

新しい自転車を購入すると必ず勧められるのが自転車の防犯登録ですが、なぜ防犯登録をする必要があるかご存知でしょうか?

罰則はありませんが、実は自転車の持ち主になったら防犯登録を行うことが義務付けられています。

この記事では防犯登録の目的盗難時にどんな効果を発揮するのかを徹底的に解説します。

自転車の防犯登録って何のためにするの?

自転車の防犯登録をする目的は?

鍵を切る泥棒

自転車の防犯登録には次の目的があります。

  1. 自転車の盗難を予防すること
  2. 盗まれた場合に持ち主に自転車が戻ってきやすくすること

このふたつです。

防犯登録を行うと防犯登録番号が交付されます。

カードや書類として持ち主に渡されるほか、防犯登録番号が記載されたシールがもらえます

そのシールを必ず自分の自転車の目立つ場所に貼りましょう。

よく見える場所にシールを貼ると「この自転車は防犯登録済み」だ、盗んでもすぐに見つかってしまうと認識してもらうことができます。

さらに万が一自転車が盗難にあっても持ち主のもとに戻ってきやすくなります。

防犯登録をすると自転車が戻ってきやすくなる理由については次の項目でご説明します。

防犯登録は自転車の盗難時にどんな効果を発揮する?

ガードレールに鍵で括り付けた白自転車

自転車がもし盗難などの被害に遭った場合は、防犯登録をした都道府県の交番又は警察署の生活安全課に被害届を出しましょう。

防犯登録を行うと自転車の車体番号と持ち主の情報がセットでデータベースに登録されます。

登録データは各都道府県の警察のサーバーに一定期間(5~10年程度)保管されます。

自転車は放置自転車として回収され処分前の防犯登録チェックで盗難自転車とわかる場合も多いそうです。

盗難自転車は警察に引き渡され、そこから持ち主に連絡が来るため自転車を取り戻すことができるのです。

このように、防犯登録をしてあると自転車が持ち主に戻ってきやすくなります。

自転車の防犯登録は所有者の義務です!

ボールペンのペン先アップ

実は【防犯登録は自転車の所有者の義務】だということはご存知でしょうか?

第十二条 自転車を利用する者は、道路交通法その他の法令を遵守する等により歩行者に危害を及ぼさないようにする等自転車の安全な利用に努めなければならない。

2 自転車等を利用する者は、自転車等駐車場以外の場所に自転車等を放置することのないように努めなければならない。

3 自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という。)を受けなければならない

このように法律で定められた手続きですが、登録しなくても罰則はありません

しかし大切な自転車が盗まれた時の対策として役立ちますので必ず行いましょう。

防犯登録には有効期限がある?期限はどうすればわかる?

防犯登録には有効期限がある?

カレンダーにチェック

防犯登録の有効期限は都道府県によって異なります。これは各都道府県警察ごとにデータの保管期間が違うためです。

例えば東京都では10年間、神奈川県では7年間、千葉県では8年間はデータを保管してくれます。

一般的には5-10年の期限が過ぎるとデータは抹消されます。

期限はどうすればわかる?

データの保管期限を防犯登録カードや控えできちんと確認し、防犯登録を更新しましょう。

埼玉県の防犯登録シールのようにいつ登録したかわかるようになっているシールもあります。

ですが大半はいつ登録したかシールを見ただけではわかりません。

シールを貼るときに直接メモしたり携帯に画像を保管して防犯登録の情報を自分で管理する必要があります。

防犯登録はどこでできる?手続きには何が必要?

自転車の防犯登録は自転車の販売店でできる

自転車屋の店頭

自転車の防犯登録は「防犯登録所」に指定された自転車販売店で行います。

各都道府県の防犯登録所は「○○県 防犯登録」でネット検索すると確認できます。

主な自転車販売店は防犯登録所に指定されていますが、近所の自転車屋さんにいけばいつでも防犯登録ができるわけではありません。

というのは【自分のお店で販売した自転車の防犯登録しか受け付けない】自転車販売店も多いからです。

ネットでの自転車購入も増えていますが、自転車が届いてから防犯登録を行う際は手続き可能な販売店探しから始めましょう。

「防犯登録所」のリストにあるお店に連絡をとり「防犯登録の手続きのみ受け付けてもらえるか」を確認してください。

手続きを引き受けてくれるお店が見つかったら、次の項目で説明するものをそろえてからお店に向かいましょう。

自転車の防犯登録手続きには何が必要?

運転免許証

自転車の防犯登録に必要なものは4つあります。

  1. 自転車本体
  2. 新しい所有者の本人確認書類
  3. 新しい所有者に販売または譲渡した証拠となる書類
  4. 防犯登録料

順番に解説します。

1. 自転車本体

なぜわざわざ自転車を持っていく必要があるのでしょうか。実は、自転車には1台ずつ固有の車体番号が割り振られています。

同じ車体番号の自転車は存在しませんので、車体番号の確認のため自転車本体を持ち込む必要があるのです。

2. 本人確認書類

新しい所有者の本人確認のために公的機関発行の身分証明書が必要です。

運転免許証・健康保険証・パスポート等(公的なもの)のうちいずれか1つがあれば大丈夫。

外国籍の方は外国人登録証明書を持っていきましょう。

3. 新しい所有者に自転車を販売または譲渡した証拠となる書類

「販売証明書・自転車の保証書・ネットでの注文確認書・譲渡証明書」のいずれかを準備します。

書類はいずれも全項目が記入されている必要があります。

自転車をネット等で購入する場合には、必ず全ての項目が記入された「販売証明書」「自転車の保証書」を同封してもらいましょう。

ネットでの注文確認書が有効な場合もあります。

「自転車の車体番号・販売会社・あなたに販売したことが記載されている証明書」が必要ですので記載項目をよく確認してください。

4. 防犯登録料

たとえば東京都の場合なら500円の費用がかかります。

防犯登録は各都道府県の公安委員会に指定を受けた防犯協会や一般社団法人などが行い、販売店は手続きを代行しているだけです。

都道府県により料金も異なりますが数百円で登録ができるようになっています。

以上4つの書類を準備して防犯登録所になっている自転車店で手続きを行うとふたつのものを渡されます。

防犯登録番号がわかるカードまたは控えの紙と、自転車に貼り付けるシールです。

シールは必ず自転車の目立つ場所に貼り、防犯登録カード(控え)はなくさないよう保管してください。

面倒に感じるかもしれませんが防犯登録は盗難を予防するための制度です。

数百円お金を払うだけで数年間は自転車が盗まれても戻ってくる保険だと考えてみることもできます。

非常にリーズナブルなお金の使い方ではないでしょうか。

次の項目では、他人から自転車を譲り受ける場合の大切なポイントを解説します。

自転車を譲ってもらうとき必ず確認するべきポイントはここ!

自転車を譲り受けるのは防犯登録を抹消してもらってから

チェックリスト

自転車を譲り受ける時には、防犯登録を抹消してもらったうえで譲り受けるようにしましょう。

最近はメルカリやジモティなどで自転車を手に入れる方が増えています。

それと同時に前の所有者の防犯登録が抹消されておらず、新しく防犯登録できないトラブルも増えています。

一台の自転車にはひとつの防犯登録しかできません。

ですから自転車を譲り受ける前に「防犯登録の抹消」が行われていることを必ず確認してください。

前の所有者がたとえ家族であっても「防犯登録の抹消」を行わないと新しい所有者の防犯登録はできません

防犯登録の抹消はどうすればいい?

マイナンバーカード

防犯登録の抹消には、

  1. 自転車本体
  2. 所有者の本人確認書類
  3. 防犯登録カード(控え)

が必要です。

登録の時と同じく自転車を自転車販売店か防犯登録を行った都道府県の警察署に持っていく必要があります。

自転車を譲り受けたあとで防犯登録が抹消されていないことに気づいても遅い場合が多いです。

送り返して相手に手続きしてもらうことも難しく、期限が切れるまで前の所有者の防犯登録のままで乗ることになってしまいます。

都道府県によっては本人ではなく同居の家族の申し出で抹消手続きができる場合もあります。

詳しくは防犯協会等に問い合わせてください。

登録番号を忘れたり、防犯シールが剥がされても大丈夫?

登録番号を忘れたとき

敬礼する警察官男女

自宅に保管してあるはずの防犯登録カード(控え)を探しましょう。

とにかく自転車の防犯登録番号がわかれば、本人確認書類をもって最寄りの交番か警察署の生活安全課に行って調べてもらえます。

防犯シールを剥がされたとき

最も避けたいパターンですが、自転車の盗難ではよくある例です。

防犯登録番号がわからないとあなたがその自転車の所有者であることを証明できません。

まずは自宅に防犯登録カード(控え)がないかよく探しましょう。

もしカードを失くしても再発行は原則として行われないため、防犯登録番号の管理は2重3重に対策しておくのがおすすめです。

防犯登録カードや防犯登録のシールを貼った自転車を携帯電話で撮影しておくのが手軽で確実です。

また、シールのほかに自転車の車体の見えにくい場所にペンで記入しておくなどの方法も考えられます。

自転車の防犯登録について!盗難時の効果などについてまとめ

駐輪自転車を盗もうとする泥棒

防犯登録は自転車を手に入れたら必ず行ってください。

あなたの自転車の盗難の予防のためと盗難にあった際に戻ってくる確率を高める保険のようなものです。

もらったシールは自転車にしっかり貼り付け、防犯登録カード(控え)をなくさないように保管しましょう。

シールをはがされてしまったときに備え、最初に貼り付けたとき番号がしっかり見える状態で画像を撮影してください。

登録の有効期限がきたら更新しましょう。

だれかに自転車を譲るときには、防犯登録の抹消を忘れずに。

防犯登録について詳しくは各都道府県の防犯協会などで問い合わせを受け付けています。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html