神待ち掲示板での犯罪を予防する対策法を徹底解説!家出少女が標的となる神待ちの危険性とは?子供を犯罪から守る方法をご紹介

自分をサポートしてくれる人を待つ神待ち

被害者となる本人がきっかけとして始まることから、犯罪と一体化されてしまうケースも少なくありません。

その上重大な事態にならないと表面化しにくい事件です。

多感な時期の少年・少女自身が、「周りの人は自分をわかってくれない」と感じることは決して珍しいものではありません。

しかしSNSの普及で、その悩みを第三者にいとも簡単に晒してしまうことができるようになりました。

子供達が神待ちを始めとした犯罪に巻き込ませないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

神待ちが犯罪につながる可能性は日常に潜んでいる

女性 救い 求める

本人は、特に思春期の少年・少女であれば情緒不安定な年代です。

さらに大人になり切れていないので、本人は神待ちや知らない人を頼ることに危険をあまり感じません。

家出をする状態にさせないためには、常日頃からコミュニケーションをどのように取るのか、が重要になります。

そもそも「神待ち」とは

そもそもといえば、神待ちとは何でしょうか。

家出や家庭の事情で家に帰れない青少年が、掲示板出会い系サイトを使って宿泊場所や食事を提供してくれる人を探すことです。

少年少女にとって、自分を助けてくれる大人は神様のような存在。そのため「神待ち」と呼ばれます。

家出する子供たちは単に宿泊場所や食事をくれる人を求めているだけです。

しかし、提供する側は何らかの下心を持っていることがあります。

そのため性的被害を受けるなど何らかの犯罪に巻き込まれる可能性があり、問題となっているのです。

何より神待ちの問題点は、「未成年が巻き込まれること」といえます。

家出自体は少年でも少女でも起こることですが、神待ちで犯罪に巻き込まれやすいと話題に上がるのは少女の方でしょう。

無論、これは少年が被害をまったく受けないという意味ではありません。

現在は神待ち掲示板と呼ばれるサイトはほとんど閉鎖しており、まともなものはほとんど残っていないといわれています。

しかしながら、本当にすべてなくなったとは限りません。さらに最近はTwitterなどSNSを使った神待ちも横行しています。

家出をしてしまう状況は決して不思議なものではない

家出は誰にでも起こりうるものです。特に思春期の少年・少女であれば、情緒不安定な年代といえます。

そのため家出が突発的に起こることも少なくありません。

そして彼らは家出や神待ちに対して、特に危険を感じていないケースが多いでしょう。

神待ちの被害から子供たちを守るには、家出をする事態にならないようにしなければなりません。

思春期は話をすることも難しい年頃ですが、それでも常日頃からコミュニケーションをどのように取るのか、が重要になります。

家出をする少年少女に待ち受ける危険性

男性 女性 待ち伏せ 夜 帰り道 犯罪 不審者

家出をする青少年において、少年と少女ではどちらかというと少女の方が被害を受ける危険が高いです。

勿論、少年がターゲットにされるケースもあるでしょう。しかしながら、知らない大人に頼るのは少女の方が得意なのです。

家出をした少女を待ち受ける危険性は高く、悲惨な結果を招くケースはたくさんあります。

なぜ少女の家出が危険なのか

イラスト 不審者 子供

少女を狙った犯行はその報道などからも周知の事実です。

単なる誘拐だけでなく、暴行や最悪の場合は拉致監禁・殺人などに遭遇する可能性を秘めています。

その確率でいえば、体力が劣る少女のほうが少年よりも圧倒的に高いのが現実です。

少女に狙いを定めた犯行の大半は、深夜に一人で行動している場合に多いとされます。

そのような観点からも、家出した少女が単独行動中に事件が発生すると考えられるのです。

金銭のためにネットで援助を募ってしまう

家出をした少女にとっての最初の難関は寝泊まりする場所の確保でしょう。

友人宅などを頼れる場合はまだしも、一人で行動を余儀なくされる場合、寝泊まりには金銭が必要になります。

ネットを使った援助支援を依頼する行動が、いわゆる「神待ち」です。

その結果、ネットで待ち構えている犯罪者に狙われてしまう、ということになります。

家出先や飲食などといったサポートとの引き換えに、性行為などを求められてしまうのです。

危険を感じずとも「知らない大人の家に行くのはあまり良いことではない」と思う場合もあるでしょう。

それでも家に帰れないから、援助と引き換えに仕方なくその要求にしたがってしまうのです。

防止策は家出の原因を探ること

女の子 落ち込む 悲しい 外

彼女らは何故神待ちの状態になってしまう、つまり家出をしてしまうのでしょうか。

家出してしまう状況は大きく2つが考えられます。学校・職場の環境か、家庭環境です。

学校や職場における環境では、考えられる大きなものはいじめが大半をしめます。

学校の先生や職場の上司が味方になってくれない、さらに家族の理解もないと行き場がなくなってしまうでしょう。

これに対しては学校や職場との連携を密にすることで、「家出をしないといけない」という状況を脱することも可能です。

それよりさらに大きな問題となるのは、家庭環境です。

居場所となる自宅を出ないといけない事態になれば、家出を考えるのも当然といえます。

行き過ぎといえる過保護や、しつけと称した虐待ドメスティックバイオレンスなど。

このように自宅にいることが困難になる場合は、より重症度の高い原因となります。

暴力沙汰でなくとも、親にひどく叱られた反動で家出をするというケースも少なくありません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html