デート商法の見分け方と被害への対策方法を徹底解説!狙われやすい男女別の特徴は?デート商法の手口と現状を事例から確認しよう

  • 2020年3月28日
  • 詐欺
  • 260view

「好き」「愛している」そんな恋愛感情に付け込み宝石や骨董品・不動産など多額の商品を買わせ、消息を絶つデート商法

女性だけでなく男性にも被害者は多く、SNSの発達により手口は巧妙化しています。

今回はそんなデート商法の被害にあわないために、狙われやすい人の特徴や手口や対策を徹底解説しましょう。

デート商法に遭わないための対策

ショッピングモールのカフェ

そもそも、デート商法をしてくる詐欺師に出会わないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

対策を知っておくことで、詐欺師に出会ってしまう確率を大幅に減らせます。

出会い系サイトの利用に注意する

デート商法に引っかからないためには、まず出会い系サイト自体を使わないのがベストです。

とはいえ、それは難しい話でしょう。本来出会い系サイトは、結婚や恋愛に真剣で出会いが欲しいから使うものです。

出会いの場が出会い系サイトでしかないのに、デート商法対策のために使えない…という悲しい話になってしまいます。

使うのであれば、かなり注意して使いましょう

信頼できる大手のサイトだけを利用する・趣味ははっきり書かない美形すぎる人と交流しない…などの対策もしておくべきです。

趣味をはっきり書かないというのは、詐欺師は自分の趣味を徹底的に調べ上げ、「理解がある」というアピールをしてくるため。

生きがいとも呼べる趣味に理解を示されると、人間は嬉しいものです。

信用させる入り口を自分から提供してしまうことになるので、極力書かないようにしましょう。

事前に対策をしておくことで、詐欺師と出会わないようにすることができます。

SNSで知り合った人とは信用できない限り会わない

スマートフォン Twitter

SNSで知り合った相手とはリアルな場では出会わないようにしましょう。

…とはいえ、結婚や恋愛面での出会いを必要としているのに、会うなというのは筋が通りません。

そもそも今の時代、SNSがなければ友達を作ることすらままならない時代です。

会わなければそれに越したことはありませんが、それでは出会いを得られないのであれば会うのも選択肢の一つです。

要するに「SNSで知り合った人と会ってはいけない」のではありません。

「信用できるか見極めない状態で会ってはいけない」のです。

特に、まだ知り合って間もない人と早速会うのは避けてください。

相手のことをよく知らない内に会うと犯罪に巻き込まれるリスクが増えます。SNSは、嘘のプロフィールを書けてしまうからです。

男性なのにSNSでは女性として活動する人、プロフィールと全く事情が違う人というのはデート商法ではなくとも存在します。

会うのであればSNS上のみで時間をかけて相手と交流し、本当に信用できるかどうか見極めてからにしてください。

デート商法の手口

顔を覆う女性

ここでは、近年増加しているデート商法の手口とその手順についてご紹介します。

そもそもデート商法の手口はどのようなものなのでしょうか。体験談などから、その大まかな手口をまとめました。

積極的にアプローチ

まず、詐欺師はターゲットを見つけたら積極的にアプローチして、ターゲットを信じ込ませようとしてきます。

電話やメールを用いたやりとりで関係を深めるところから始めることが多いです。

その間に詐欺師は相手のことを徹底的に調べて、より信頼されるように関係を築きます。

デートに誘ってくる

そして、信頼関係を築いたらデートに誘ってきます。

日時や場所を細かく指定し、デートという名目で相手に警戒心を抱かせないようにするのも余念がありません。

お店でお金の話をしてくる

待ち合わせ場所で会い、ある程度デートをして詐欺の雰囲気を感じさせないようにしてきます。

そして、最終的に喫茶店や高級料理店でお金や商品の話を持ち掛けてくるでしょう。

お金を受け取った後逃げる

電話番号変更

そしてターゲットに買わせた後、しばらくしてから逃げるようにいなくなります

電話番号は使えなくなり、メールも使えなくなるでしょう。

出会い系サイトならアカウントは消えて、ターゲットの前から完全に消息を絶つのです。

デート商法を見抜く方法

スマートフォンを見つめる女性

デート商法を見抜くにはどうしたら良いのでしょうか。

特に出会ったばかりだと、相手が詐欺師かどうかを見分けるのは難しいと感じるかもしれません。

しかし、確実に見抜く方法はあります。

電話では音に注意する

実はデート商法の場合、個人ではなく集団でやっていることが多いです。

電話をすると詐欺師集団の事務所の音が聞こえ、見抜ける可能性があります。

また詐欺師はばれるのが怖いので、色々と理由をつけて電話自体を拒否することもあるようです。

違和感を覚えたら、その相手との連絡を絶ちましょう。

そうすることで、未然にデート商法に引っかからないようにすることが可能です。

待ち合わせの場所や店の場所の変更を提案してみる

待ち合わせや店の場所の変更を提案するのも有効な手です。詐欺師は騙すために都合の良いお店を提示してきます。

「別のお店にしない?」や「そこじゃやだ」というだけで、詐欺師を撃退することが可能です。

場合によっては、こちらからお店を提案してみましょう。

それで慌てるようなら、詐欺師だと疑った方が良さそうです。

返事がすぐ返ってきたら疑う

メッセージの返事が素早く返ってきたら疑ってみましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html