クレジットカードのセキュリティコードの不正利用対策を徹底解説!クレジットカードの悪用を防ぐ有効な手段と注意点もご紹介

  • 2020年3月6日
  • 詐欺
  • 18view
»

キャッシュレス決済やネットショッピングが当たり前の世の中になり、少額でもクレジットカードで決済する人が増えています。

現金を持ち運ばなくてもお金を支払えるクレジットカードはとても便利ですが、一方で不正利用されるリスクもあります。

クレジットカードの不正利用を防ぐ為に特に重要なものがセキュリティコードです。

セキュリティコードの役割と正しい扱い方を知ることで、クレジットカードの不正利用を大幅に防ぐことができます。

日々のちょっとした工夫からできるクレジットカードの不正利用対策についてご紹介します。

セキュリティーコードの役割

ネットショッピングなどでクレジットカード情報を入力する時に、セキュリティコードの入力を求められたことはありませんか?

多くの方が何も気にせずに入力していると思いますが、実はセキュリティコードはとても重要な役割を持っています。

ネットショッピングでクレジットカード決済を行う場合、実店舗とは違ってサインや暗証番号の入力を求めることができません。

以前はクレジットカード番号と有効期限・所有者の氏名だけを入力すればネットショッピングでクレジット決済ができたのです。

しかし、それらの情報はカードの磁気を読み取るスキミングによって、簡単に第3者に盗まれ悪用されてしまいます。

そこで、ネットショッピングでのセキュリティレベルを上げて不正利用を防ぐ為に導入されたものがセキュリティコードなのです。

セキュリティコードは他のクレジットカード情報とは異なり、クレジットカードのICチップや磁気ストライプに記録されません。

つまり、万が一スキミングの被害に遭っても、セキュリティコードがなければ第3者がカードを不正利用することはできないのです。

このように、セキュリティコードはカードを手元に持っている証明として、不正利用を防ぐ為の重要な役割を担っています。

セキュリティコードの管理が重要な理由

セキュリティコードはカードを持っている人しか知り得ない番号のため、カード所有者本人である証明になります。

もちろんクレジットカードの情報全般が厳重に管理すべきものではあります。

しかし、いくつかのカード情報の中でカード所有者であることを証明できるのはセキュリティコードのみです。

だからこそ、犯罪者はクレジットカードのセキュリティコードの入手を狙っているのです。

このような理由から、セキュリティコードは絶対に他人に知られないよう、厳重に管理しなければなりません。

巧妙化するクレジットカード不正利用の手口

クレジットカードの不正利用の手口にはいくつかの種類があります。

特にネットショッピングが絡んだ手口はとても多く、年々厳しくなる取り締まりに対抗して手口が巧妙化しています。

不正利用の手口を把握し、常に警戒しておくことが一番の防犯に繋がります。

偽造サイトでカード情報を盗み取る手口

フィッシング詐欺偽造ショッピングサイトなどが代表的な手口です。

金融機関や公的な機関を装った偽メールを送信して偽造Webサイトに誘導し、クレジットカード情報の入力を求めます。

また、偽造ネットショッピングサイトで商品を購入させ、クレジットカード情報を盗み取るケースもあります。

どちらに関してもセキュリティコードを含む全てのクレジットカード情報の入力を求めてきます。

スキミング

スキマーという機械を用いてクレジットカードの磁気ストライプからカード情報を盗み取る手口です。

盗み取ったカード情報を使って偽造クレジットカードを作り、不正に利用します。

セキュリティコードは磁気ストライプには保存されないようになっているため、スキミングでは盗み取ることができません。

しかし、偽造クレジットカードを作って実店舗で悪用することは可能ですので、注意が必要です。

ネットショッピング事業者からの情報漏洩

ネットショッピング事業者の中には、入手した個人情報やクレジットカード情報を外部に渡して報酬を得ているケースがあります。

また、悪意はなくても入手した情報の管理がずさんで外部から情報を盗まれたりするケースも珍しくありません。

ネットショッピングではセキュリティコードを含むクレジットカード情報全てを入力します。

結果、ネットショッピング事業者からの情報漏洩は高確率で不正利用に繋がってしまうのです。

クレジットカードの不正利用を防ぐ手段

身近なところに潜むクレジットカード不正利用の手口ですが、日々のちょっとした心がけで防ぐことができます。

以下は全て、今すぐに実践できることです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html