闇バイトの特徴や種類・見抜き方を徹底解説!求人で注意すべきキーワードは?闇バイトの実態と犯罪に巻き込まれる危険性に迫る

これは、逃げられたときに個人情報を悪用してやるという意味合いなのです。

このように逃げるのも大変ですし、早めに気づいて見切りをつけることがポイントです。

求人で注意すべきキーワード

「簡単・高収入・誰でもできる」

ネットとお金
この3セットで応募を促してくる求人は要注意です。

闇バイトはとにかく誰でも楽にお金を稼げることを売りにした求人を出します。

なんらかの事情で仕事がなく困っている人などに付け込もうとしているのです。

冷静に考えたら、簡単に高収入を得られる仕事など存在しないと判断できるはずです。警戒してください。

「日当10万円!」

パソコンを見る人
このキーワードも、すぐにお金が必要で困っている人を狙っています。

そして、仕事の内容の記載はというとあいまいな場合が多いです。

不明瞭な仕事で10万円ももらえると仮定すると、非常に怪しく感じられるかと思います。

大金にすぐに釣られず、一度立ち止まって考えてみてください。

闇バイトは、このように、困っていて判断能力が鈍ってきた人に狙いを定めているのです。

悪意ある甘言にはのらないよう、十分注意してください。

闇バイトの実態

SNS・知人などから誘われることも


なんと、SNSのメール機能から突然勧誘されるケースも多いのです。

闇業者は、無差別にメールを送っているのですね。

つまり、あなたのSNSにも闇バイトの勧誘メールが突然届く可能性もあるのです。

SNSの通報機能を使い、運営に通報します。

そして一切そのアカウントとかかわらないように、ブロック機能などで対処しましょう。

また、気心知れた知人や友人から勧誘されるケースもあります。

突然のことに戸惑うかと思いますが、冷静に、毅然とした態度で断りましょう。

裏サイト・裏ハローワークは利用しない


求人サイトは様々ですが、なかには通称裏サイト・裏ハローワークなるものも存在しています。

サイトを見て、少しでも違和感を覚えたら、そもそもその求人サイト自体を使わないようにしてください。

闇バイトの案件のみを集めている求人サイトもあるのです。

そこは「簡単・高収入・誰でもできる」のオンパレードである場合も少なくありません。

求人サイトは、「エンバイト」「リクナビ」など、いわゆる大手サイトを使うと安心できるでしょう。

「人がやらないようなニッチな仕事の方が儲かるのではないか」という考えは捨ててください。

闇バイトで犯罪に巻き込まれる可能性


闇バイトで犯罪者になる可能性もあるのです。いえ、犯罪者になる可能性は高いです。

今回ご紹介した行為だけでも、詐欺罪や横領・窃盗などに当てはまり、立派な犯罪行為であるのです。

お金がほしかっただけなのに、自分が犯罪者になり逮捕されるだなんて、ばかばかしい話です。

一時的なお金のためだけに、一生を棒に振るということになりうるのが闇バイトなのです。

バイトを探すときは、くれぐれも甘い言葉に騙されないようにしましょう。

また、自分のお子様や、親族が定年後のバイトを探しているなどと言った場合、闇バイトに引っかからないよう注意を向けていてあげてください。

闇バイトの求人は、判断能力が乏しい・鈍ってきている人を狙っています。

つまり、お子様やご老人は要注意といえるでしょう。

応募する前に求人サイトをチェックし、怪しくはないか確認してあげてください。

まとめ


闇バイトは簡単に大金を得ることができるなどといった言葉で、私たちを狙っています。

かかわると犯罪者として逮捕される可能性も高いです。

日頃から求人を探すのは大手サイトにしたり、突然SNSで勧誘されても話にのらないようにしましょう。

自分や家族が、応募する前に闇バイトであることをしっかり見抜き、犯罪者にされないように身を守りましょう。

応募してしまった後に闇バイトと気づいたときは、身分証明書の提示をする前に速やかに逃げて、警察に通報してください。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html