銀行強盗への対策法を徹底解説!銀行強盗の特徴や手口・犯行パターンは?銀行強盗に遭遇した場合の正しい対処法も確認しておこう

»

普段から、今日は何か事件が起きるだろうと考えながら生活している人は少ないかと思います。

銀行やATMはよく行く場所かと思いますが、もしその場所に強盗がやってきたら?

強盗は、決して他人事ではありません。

銀行の強盗への対策法や、銀行強盗の特徴、実際遭遇した場合どうすればよいか。あらかじめ確認しておきましょう。

銀行強盗の対策法

防犯訓練


実際に強盗に入られたことを想定した防犯訓練が行われています。

これは警察協力のもとで実施されます。そのため非常に緊迫感のある、現実に即した訓練であるといえます。

警察が犯人役を行うことが多いです。また、警察は銀行に向けて防犯講習会も行います。

銀行は、警察により手厚くバックアップされた施設であるといえます。

カラーボールの常備


犯人の身体や車などに投げつけるカラーボールが、各窓口に常備されています。

行員が投げたカラーボールが命中すると、蛍光塗料がべったりと付着してなかなか落とすことができません。

この蛍光塗料の目印により犯人逮捕を促します。

非常ボタン

コンピュータのセキュリティボタン
窓口や行員の机に、非常ボタンが設置されています。

この非常ボタンは、あらゆるところに行員が押せるよう設置されています

このボタンを押すと、銀行の所在地などの情報が110番に直接連絡されます。そして警察がすぐに駆けつける仕組みになっています。

行員が犯人の特徴を警察に伝え、またはカラーボールの蛍光塗料などを目印にして犯人が逮捕されます。

170cmの観葉植物またはライン


銀行の出入り口に、大きな観葉植物が置いてあるのを見かけることもあるでしょう。

実はこれは、インテリアではありません。強盗犯の身長をぱっと見て計測するために置いてあるのです。

観葉植物のない銀行は、ラインが引いてあります。その高さは、いずれも170cmと決まっています。

これにより、銀行強盗の身長を判断して、警察に伝えるのです。

誰もが通る出入り口にこの目印があることで、犯人が逃走した場合も身長を把握することができます。

合言葉


非常時に、行員だけがわかる合言葉が交わされます。

銀行ごとに合言葉は違います。合言葉が存在するおかげで、今が非常時であることが行員に共有されます。

それでいて、銀行に来たお客さんには大事になるまでは悟られず、不安感を覚えさせずに済みます。

以上のさまざまな配慮のもと、合言葉は設定されています。

銀行強盗の特徴

犯人の平均年齢は47歳

中年層が銀行強盗を働くことが多いというデータがあります。40代の次に、50代・30代と続きます。

日本の若者が、銀行強盗を行う確率は高くないといえます。

リストラ等の差し迫った金銭危機が、中年層を強盗という犯罪に駆り立てるのでしょうか。

中年層の貧困リスクが、銀行にも暗い影を落としています。

犯行はお昼時が多い


銀行強盗は正午ごろ、つまりお昼時に犯行に走るケースが多いです。

銀行をお昼に利用する方も多いのではないでしょうか。

つまりは、たくさんお客さんがいても、強盗犯は怯まず決行するということです。

いつ遭遇するとも限りません。注意しておきましょう。

また、夜間金庫強盗という犯行パターンもあり、この場合は夜に決行されます。

もちろん、午前に決行されるケースもあります。ですので一日中警戒しておくに越したことはありません。

銀行強盗の手口

夜間金庫や通用口で襲撃


夜間金庫に現金を預けようとするお客さんや、銀行の通用口を通りかかった人を襲撃し、お金を奪います。

事業などの関係で夜に入金することがよくある方は、十分に注意してください。

毎回同じ時間で入金をしていると、犯人から目をつけられてしまうかもしれません。

曜日や時間を変えるなど、他人から見て行動が把握できないようにしてください。

窓口の行員を脅迫


銀行の営業時間内に、窓口の行員を襲います。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html