銭湯盗撮の予防対策方法|隠しカメラが設置されやすい場所や手口

  • 2020年3月6日
  • 2022年6月17日
  • 性犯罪
  • 4390view

身も心もホッとする銭湯。街中の銭湯やスーパー銭湯では、日頃の疲れも取れるうえにリラックスできるでしょう。

しかしリラックスできる銭湯には、盗撮の危険も潜んでいます。

私たちはいかにして銭湯での盗撮の危険から身を守るべきなのでしょうか。今回は銭湯での盗撮を防ぐ方法をご紹介します。




銭湯での盗撮の実態とは?

銭湯盗撮犯

日常生活で身も心も疲れ切っていると、時に銭湯に出かけてリラックスしたくなるでしょう。

普通の銭湯のほか、食事や休憩などができるスーパー銭湯も多く、娯楽の場となっています。

しかし一方で銭湯での盗撮行為も多いです。銭湯での盗撮行為とはどのようなものなのでしょうか。

女性が女性を盗撮するケースが多い

「盗撮」には、男性が女性に対して行うというイメージがあります。

しかし銭湯では、女性が女性に対して行うケースが多いです。

元塾講師は、平成17年11月中旬、当時16歳だった名古屋市の私立高校2年だった少女に、九州地方への修学旅行中の脱衣所で同級生の裸の映像を盗撮させて、DVDを製造した疑い
引用:女が女を盗撮する…脱衣所の危うさ

女性の立場で考えると、銭湯の女湯では女性しかいないために一見安心できます。

一方その安心できる環境が盗撮犯には好条件で、相手の油断を突き盗撮するのが実態です。

ちなみに男性が男性を盗撮するケースもあるため、男性であっても銭湯で油断はできません。

主に金銭目的で行われる

金銭目的で銭湯盗撮

銭湯での盗撮は、いったいどのような目的で行われるのでしょうか。

銭湯での盗撮は、主にお金目的で行われると考えるべきです。

具体的には盗撮した画像や映像を専門のサイトに投稿し、報酬を得るために行われます。

女は2016年8月、男と共謀して熊本県天草市にある温泉施設の脱衣所で、携帯電話のカメラで18歳未満の複数の女性の裸を盗撮した疑いが持たれている。女から動画を貰い受けた男は映像をネット販売していた。
引用:「彼氏に言われてやった」28歳高校教師の女、女風呂を盗撮したとして逮捕

また投稿する以外にも、暗証番号などを盗み取るという悪質な目的で行うケースも多いです。

まず貴重品入れなどに利用者が入力する暗証番号を盗撮で記録します。

そしてなりすましで偽造カードを使い、その人の銀行口座からお金を盗み出すやり方です。

このようにお金目的で銭湯の盗撮が行われていることは、十分理解した方が良いでしょう。




銭湯での盗撮で狙われやすい場所や手口とは?

銭湯盗撮する目

銭湯で盗撮しようとする人は、必ず狙いやすい場所で盗撮を行います。

このため銭湯での盗撮を防ぐには、犯人が狙ってくる場所や手口を知っておくことが大切です。

銭湯で盗撮されやすい場所として、以下のような場所があり、また手口もいろいろとあります。

脱衣所の場合

盗撮犯が狙ってくる場所で、まず挙げられるのが脱衣所です。

利用者がここで服を脱ぎ、全裸になる場所であるため、盗撮犯から見れば格好の場所といえます。

また自然と多くのものを置いていくことになるところも、盗撮犯にとっては狙い目でしょう。

この際の手口が、衣服を入れる棚に小型カメラなどを仕掛けるというやり方です。

相手に気付かれないように、中段よりも下の高さの棚に設置して人知れず盗撮します。

同署によると、ビデオカメラは脱衣場のロッカーにシャツにくるまれた状態で設置されていた。ロッカーのドアが開きっぱなしになっていたのを不審に思った入浴客らがビデオカメラに気づいて従業員に通報。
引用:自称小学教諭、スーパー銭湯の男性脱衣場で盗撮容疑

浴場の場合

狙われる場所として次に挙げられるのが浴場です。

人目もあり、カメラもお湯で壊れやすいと考えがちですが、実はそれが油断の元といえます。

盗撮犯はお風呂セットの中に小型カメラを仕込んで撮影するのが、浴場でのやり方です。

このため浴場も十分盗撮の現場になりやすいと考えるべきでしょう。

露天風呂の場合

銭湯で最も注目される露天風呂も、盗撮犯からすれば盗撮には格好の場所です。

絶景や庭園を見ながらのんびりできる場所のため、盗撮犯にはかえって狙いやすいといえます。

手口としては、まず浴場の場合と同じくお風呂セットにカメラを仕掛ける方法が一般的です。

これに加えて露天風呂では、遠くから望遠レンズ付きのカメラで盗撮するケースもあります。

望遠レンズ付きのカメラで盗撮する場合は、なかなか気づかれにくいため、防止が難しいです。

銭湯での盗撮を予防するには?

銭湯での盗撮を予防する方法

以上のように、銭湯では盗撮されやすい場所や手口がいろいろとあります。言い換えれば、盗撮犯にとって銭湯は格好の盗撮場所といって良いでしょう。

それでは盗撮に対して、ひたすら泣き寝入りするしかないのでしょうか。

実は銭湯での盗撮を防ぐ手立ては、以下のようなものがおすすめです。

盗撮対策が充実している銭湯を利用

まず銭湯でも、盗撮対策がしっかりしているところを選んで利用する方法があります。

銭湯には浴場へのスマホの持ち込みを禁止するといった規約を設けているところも多いです。

銭湯に出かける予定があるのであれば、事前に利用先の規約をよく確認すると良いでしょう。

なるべく利用者の少ない時間帯に入浴

次に、なるべく利用者の少ない時間帯に入浴するのも効果的な方法です。

特に浴場を利用する際、盗撮犯は大勢の利用者に紛れ込んで盗撮しようとします。人が少ない時間帯に盗撮すると、不審さで怪しまれるためです。

盗撮犯が盗撮しにくいように、利用者の少ない時間帯を利用するとかえって安全でしょう。

具体的には、夕方(18~21時ごろ)以外の時間帯であれば比較的空いています。

長居している人や不審な動きをしている人に要注意

浴場などで長居している人や、付け回すような怪しい動きをしている人がいる場合は要注意です。

前者は盗撮できるカモを狙っていますし、後者は明らかにあなたを狙っているでしょう。

加えて洗面器など備え付けの道具を頻繁にずらしているような人物にも要注意です。そこに仕掛けたカメラを調整している可能性が高いでしょう。

いずれかのケースに当てはまる不審者がいたら、銭湯のスタッフに通報した方が良いです。

全裸にならない工夫も大切

このほかにも、全裸にならない工夫も大切になってきます。

盗撮犯は何よりも全裸になっている映像を撮ろうと狙うためです。特に露天風呂では遠くから撮影されると、防ぎにくいという特質があります。

このためタオルや水着などを着用して、盗撮犯に隙を与えないようにすることが大切です。

関連エアドロ痴漢の対策や設定方法 | エアドロ痴漢の手口や事例とは?




銭湯での盗撮で使われるカメラとは?

銭湯盗撮に使われるカメラに注意

盗撮犯が銭湯で盗撮する際に使うカメラを知ることも、盗撮対策で重要といえます。

主な種類として挙げられるのが、スマートフォン・特殊な小型カメラ・設置カメラです。

スマートフォン

2010年頃から爆発的に普及してきたスマートフォンは、実は銭湯の盗撮でよく使われます

小型であるうえに防水ケースや無音アプリを活用すれば、気づかれずに盗撮できるものです。

特にお風呂セットに忍ばせれば、簡単に盗撮できるでしょう。

銭湯でスマホ持ち込みが禁止されているのも、スマホでの盗撮が増えているのが原因といえます。

特殊な小型カメラ

スマホ以外にも、特殊な形状の小型カメラを忍ばせて盗撮するケースも多いです。

特殊な形状とは、ペン型・腕時計型・メガネ型・腕時計型などがあります。

見た目には小道具であるため、盗撮されていることさえ気づきにくいです。

設置カメラ

このほかにも脱衣所の棚などに置いて盗撮できる、設置型のものもあります。

特に利用者の多い時間帯であれば、脱衣に合わせて仕掛ければ怪しまれません

だからこそ利用者の多い時間帯を避けたり、タオルなどを巻いたりするなど対策が必要でしょう。

銭湯での盗撮に対する防犯カメラの安全性とは?

銭湯盗撮対策の防犯カメラ

最近では銭湯の盗撮対策として、脱衣所に防犯カメラを設置する例も多くなりました。

防犯カメラで不審者を監視する態度を明確にすることで、盗撮を未然に防ぐ効果が期待できます。

銭湯での盗撮について不安を感じる方にとっても、防犯カメラの作動で安心できるでしょう。

ただ一方で、脱衣所に防犯カメラがあることを理由に客足が遠のくリスクも否定できません。

自らの裸が防犯カメラで見られているという気持ちにとらわれるためです。

防犯カメラの設置に対して、施設側が張り紙などで利用者が理解・協力することも重要でしょう。

銭湯で盗撮する隠しカメラを見つけるには?

銭湯で盗撮するカメラを見つける

銭湯の盗撮で使われる隠しカメラを見つけられたら、大きな予防策になります。

しかし探偵であればまだしも、素人が隠しカメラを見つけるのは骨の折れることです。

銭湯で隠しカメラを見つけるのであれば、普段と違和感のある場所に注目すると良いでしょう。

最も怪しいのが比較的水分に触れにくい脱衣所です。

浴場の入口から離れた水分に触れにくく雑然としているところが怪しいでしょう。

まとめ

銭湯盗撮の対策まとめ

銭湯での盗撮対策について、いろいろと見てきました。

比較的小型のカメラで盗撮されるため、盗撮に気付きにくいところもあります。

このため銭湯で盗撮を防ぐには、不審者に注意することと自らタオルを巻くことなどです。

少し工夫するだけでも、銭湯での盗撮に巻き込まれることを避けられます。

関連エレベーターで痴漢に遭ったときの対処法 | 状況ごとの適した乗り方は?




本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
https://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html