防犯スプレーのおすすめを徹底解説!所持が違法になってしまうケースは?防犯スプレーの正しい持ち運び方と効果・使い方も紹介

防犯スプレーはドラマや映画・漫画などでよく見かけるアイテムです。

しかしながら、実際に使用したり購入したりする機会は少ないのではないでしょうか。

実は防犯スプレーはその名の通り、犯罪に巻き込まれそうになった時に相手を撃退できるれっきとした防犯グッズなのです。

ただし、防犯スプレーは相手にダメージを与えるもの。場合によっては持っているだけで違法になってしまう可能性があります。

いざ自分で所持したいと思ったときのために、おすすめの防犯スプレー・使い方・法律について知っておきましょう。

防犯スプレーの効果

防犯スプレーとは

クエスチョンマーク

防犯スプレーは刺激物が入った成分をスプレー噴射して相手の動きを止めることができる、即効性の高い効果的な護身用品です。

スプレーが相手の顔面に当たりさえすれば、目・鼻・喉・皮膚などに強烈な痛みを与えることができます。

これにより、最低30分以上は相手の行動を不能にすることが可能です。

相手がひるんだ隙にすばやくその場から離れ、警察を呼ぶなどして助けを求めましょう。

ガスの種類

インターネットや店舗で購入できる防犯スプレーの種類は2つあります。

  • OCガス

赤唐辛子の刺激成分が入った、一般的に「唐辛子スプレー」や「ペッパースプレー」と呼ばれている催涙ガスです。

防犯スプレーといえばこれを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

天然成分を使用しているため、現在は安全なので最も主流とされています。

  • CNガス

OCガスより前から存在している、化学成分で作られた催涙ガスです。

強力ではありますが、動物・酔っ払い・アルコール中毒者には効かない場合があります。

おすすめの防犯スプレー

スタンダード催涙スプレー(L) TG-2510

セキュリティー

唐辛子成分が入っていて、吸い込むだけでくしゃみや激しい咳き込みにおそわれます。

相手の目に入れば激しい痛みを与え、1時間は相手の動きを止めることが可能。

安いのに20回使えるお得な防犯スプレーです。小さくて持ち運びも便利でしょう。

OCガスを採用しています。

催涙スプレー メース ホットピンク パースモデル

可愛いデザインで、女性が持ち運びやすい防犯スプレーです。

販売元はmace社(Mace Security International, Inc.)。

安全かつ効果のある防犯スプレーの製造・販売をしているアメリカのブランドとなります。

見た目だけでなく中身も信頼はバツグンです。

名前にある”ホットピンク”はスプレーに色が付いていることを示していて、オレンジ色のガスを噴射します。

相手を後から警察に特定してもらうのに役立つ防犯スプレーです。

催涙スプレー メース ホットピンクパーソナルモデル(80347)

女性を背後から襲おうとする男

噴射距離が最大6メートルと、相手から十分な距離を保ったまま噴射できます。

こちらもmace社で製造・販売している防犯スプレーです。

強力なスプレーかつ、さらにブラックライトに反応するUV成分が入っているので相手を特定するのにも役立ちます。

OCガス採用で安心して使用できます。

LEDライト・アラーム搭載 ピストル型催涙スプレー Keeper ブラック

名前の通り、LEDライト・アラームのついたピストル型の防犯スプレーです。

相手を狙いやすい点がおすすめポイントのピストル型スプレーは、一般的なスプレー型だと不安な人には安心。

アラームによって周りに助けを求めることもできます。

強力(エリミネーター)催涙スプレー4オンスフリップ 米国製

アメリカの警察でも使用されているこの防犯スプレーは、噴射範囲が一般的な商品と比べて広いです。

噴射距離も約5メートルと、他の防犯スプレーに比べると長め。

大人数相手にも対応できるので、オフィスなどに1つ置いておくといった使い方ができます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html