結婚詐欺の手口や対策、詐欺師の特徴を紹介!詐欺師を見抜くポイントはココ!婚活で騙されないために心得ておくこととは?

  • 2019年10月21日
  • 2019年12月16日
  • 詐欺
  • 1188view

また結婚詐欺師は、お金を騙し取ったあと、一切の消息を絶ちます。

なので、何かと理由をつけて自宅を教えようとしません。自宅に来ることを過剰に拒む場合も、警戒が必要です。

信頼できる人に相談する

短期間しか交際していないのに、大金を要求された場合、違和感を感じそうなものです。

結婚詐欺に遭う人は、結婚を焦っていたり、相手に情が湧いていたりします。

客観的な判断ができなくなっていることが多いのです。その場合は、信頼できる人に相談するように心がけましょう

お金の貸し借りはしないと心に決めておく

頼まれごとを断れない性格の女性は、「君以外に頼れる人がいない」などと言われてしまうと、ついお金を渡してしまいます。

ですがたとえ結婚を前提とした付き合いであったとしても、金銭の貸し借りなどはするべきではありません。

どんなことがあってもお金の貸し借りはしないと心に決めておきましょう。

結婚詐欺師の特徴

高い頻度で会おうとしてくる

交際を始めたばかりの頃から、高い頻度で会おうとしてくる人は、注意が必要です。

結婚詐欺師は身元を嘘で塗り固めていますが、ある程度時間が経てば矛盾が出てくるもの。

犯人はうっかり矛盾したことを口走ってしまったり、本当の身元が知られてしまうことを恐れます。

なるべく最短期間で距離を縮め、お金を騙し取ろうとするのです。

また高い頻度で会おうとしてくるのには、友人や知人と会わせないようにして、客観的な判断をさせないという狙いもあるようです。

絶対に写真に写ろうとしない

結婚詐欺師は、不自然なほど写真に写りたがらない傾向があります。

写真があれば後々身元を特定される可能性があるからです。

理由をつけて写真撮影を拒否したり、撮った写真の削除を求めてくる場合は警戒した方が良いでしょう。

結婚詐欺師を見抜くポイント

親や友達に合わせてくれない

結婚を前提に交際するのであれば、友人や両親、家族に相手を紹介するのが普通です。

しかし結婚詐欺師の場合、それらを頑なに拒否します。当然ですが詐欺師には結婚する意思はありません。

なので、半ば無理やりな理由をつけて、親に合わせるタイミングを先延ばしにしようとします。

相手の友人や親についてまったく知らない」という場合は、疑いの目を向けたほうが良いかもしれません。

結婚の話を持ち出すタイミングが早い

結婚詐欺師は交際のかなり早い段階で結婚の話を持ち出します

身元がバレないうちにお金を騙し取ろうとするからです。

また結婚の話を軸に貯金額を探ろうとするなど、相手が十分なお金を持っているのか探ろうとしているパターンもあります。

相手のことを深く知るまでは、結婚の話はしないほうがベターでしょう。

交際の展開が異常に早い、出会ったばかりなのに結婚の話を頻繁にする場合は、一度冷静になるべきです。

理想に合致しすぎている場合は注意が必要

恐ろしいことに、用意周到な結婚詐欺師であれば、事前にターゲットのSNSを調査し、趣味や好みを把握していることもあります。

あまりにも自分の理想に合致しすぎているならば、警戒が必要です。

結婚詐欺に遭いやすい女性の特徴

結婚に焦っている

結婚に焦りを感じている女性は特に結婚詐欺に遭いやすいです。

周囲の友達が立て続けに結婚して焦っている人などは、要注意。

お金を無心されたときなども「この人を逃したら結婚できないかもしれない」と冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。

結婚することが目的となっている女性は狙われやすいと心得ておくべきでしょう。

交友関係が狭い

交友関係が狭く、問題をひとりで抱えてしまいやすい人は、結婚詐欺のターゲットとなりやすいです。

交友関係が狭いと、いざという時に相談ができる相手がおらず、客観的な意見を得られません。

堅実な性格

結婚詐欺師は、女性の性格面もよく観察しています。

たとえば、浪費ぐせがあるような女性は貯蓄がないので狙われにくいでしょう。

反対に、将来のことををしっかりと考えている堅実な女性は結婚詐欺師の恰好の的となります。

また収入が平均より高い職業に就いていたり、実家がお金を持っているなど、お金に余裕のある女性もターゲットとなりやすいです。

最後に

結婚は大きな幸せを呼ぶ一大イベントです。

結婚詐欺に騙されれば金銭をだまし取られるだけでなく、深い心の傷まで残ってしまいます。

今回ご紹介した項目をぜひ活用して、幸せな結婚を掴み取ってください

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html