泥棒の心理から考える防犯対策を解説!下見でチェックされるポイントと狙われる家の特徴は?泥棒が犯行を諦める防犯対策もご紹介

帰る家がある限り、誰しもが隣り合わせとなる空き巣被害。数ある住宅の中で「まさか我が家が」と他人事として捉えてはいないでしょうか?

警察庁に報告されている空き巣被害は毎年5000件前後。また空き巣被害に遭うのは高所得者よりも一般家庭が殆どです。

いつ自分の身に降りかかってもおかしくありません。

今回はそんな誰もが被害者になり得る空き巣被害を、泥棒(空き巣)の心理を読み解きながら防犯対策を解説します。

泥棒は計画を成功させるために用意周到に下見をするといわれていますので、狙われる家の特徴や狙われなくするためのポイントもおさえましょう!

泥棒(空き巣)をする人物の心理とは?

加害者の心理を理解することで、どういった家が侵入しやすくターゲットに選ばれるのか自ずと見えてきます。

まずは泥棒が犯行に至る際の心理を解説していきましょう。

人目が気になる

壁をよじ登る男

空き巣は犯罪です。

犯罪を犯す人間を見かけたら、それを目撃した人は警察に通報するなり取り押さえるなり何かしらの方法で犯行を妨げようとするでしょう。

そうなると犯人は事に及べないどころか、結果を出していないのに逮捕されたり監視をつけられる事になります。

つまり、目的を達成できなくなってしまうので人目につかないかは最も注意しているのです。

物音を立てたくない

ドアをこじ開けようとする泥棒

『人目が気になる』と同様に物音を立てることで、そこに何者かがいることを周囲に悟られてしまいかねません。

もし人が居るはずのない場所で物音が立てば、その家の住民や近所の人が不信に思って確認しに来てしまうので犯行に及ぶ際には注意を払っています。

用心深い

見取り図を見る男

空き巣は犯罪なので一度でも失敗してしまえば逮捕は免れません。

そのため犯行の1回1回の成功率を高めようと、何度も侵入・逃走や金品を回収する方法を綿密に確認します。

 自分の腕に自信がある

笑う横顔

『用心深い』で解説したように、犯人は犯行に及ぶ際に綿密に計画を立ててから空き巣を実行します。

もちろん鍵開けの練習や逃走経路の確認も何度もするでしょう。

そうして犯行の手順を何パターンも組み立てているうちに成功率の高い方法に近づいていくため、万が一住民に発見された時にも素早く逃げる方法をいくつも持ち合わせています。

できる限り安全に侵入・逃走できる家を狙いたい

男のシルエット

万全の準備・タイミングで空き巣を実行しても、100%成功することは不可能です。

そのため同じような家が複数ある場合、少しでも防犯意識に欠けていて犯行成功率が高い家を狙よう考えます。

泥棒(空き巣)が下見でチェックするポイント

窓・ドアの位置

家の窓を覗く泥棒

人目につきにくい庭裏や木・ブロック塀で視界が隠れている窓、通りからは見えにくい勝手口がないかを確認して、侵入・逃走経路を組み立てます。

近所の人通り・道の入り組み具合

都会の夜の路地裏

年中人通りがあるエリアでは犯行を目撃されてしまう可能性が高いです。

逆に家の前の人通りは少ないけれど、少し離れた所に行けばある程度人混みに紛れられる場所は犯人が一番犯行を行いやすい環境といえるでしょう。

また住宅街などで入り組んでいるエリアもどちらに逃げたのか撹乱できる造りなので注意が必要です。

近隣住民の世代・人付き合い

夜の坂道

エリアによっては若い人・ファミリーが多い、または高齢者が多い場所と年齢層に特徴のあることがあります。

若い人と比べ聴力や瞬発力の劣っている高齢者の多い地域は要注意です。

昼間の時間帯に家を留守にすることの多いファミリー層のエリア、また近所づきあいが希薄な傾向のある単身者・若い人のエリアも時間帯によっては警戒した方が良いでしょう。

住民の不在時間帯・家族構成

バールを持つ男

犯人が犯行に及ぶのは大抵が住民の不在時です。

そのため、家に誰もいなくなる時間帯家族構成を何度も観察し、確実に室内で鉢合わせしないよう計画を立てます。

 ペットの有無

逃げる男

人目につかないように細心の注意を払っている犯人は大きな鳴き声を発する犬や猫などの動物に敏感です。

特に犬は見知らぬ人物に吠えて威嚇することも多いので、飼っている家を避ける傾向にあります。

逃走経路

横断歩道

犯人は金品の収集後や犯行を目撃されてしまった際の対策も行っていると考えましょう。

通報を受けてすぐに出動できる警察署交番付近は犯人にとって都合が悪い立地。

また逆に、すぐ近くに繁華街があれば人混みに紛れて身を隠すのが容易なので好まれます

窓の開閉時間・箇所

窓から侵入する泥棒

窓をよく開けるご家庭はその行動も確認されていると考えてください。

警察庁による統計では犯人の侵入経路で最も多い場所は窓

その約半数は戸締まりのし忘れによるものと発表されています。

昼寝をしたまま窓を開けっぱなしにしていたり、急な用事で鍵を閉めずに外出してしまうと恰好の餌食となってしまうので注意してください。

狙われやすい家の特徴

立地条件

夜の道

普段から人通りが少なかったり近くに街灯がない場所は、人目につきにくいので目配りを緩めて犯行に及べる環境です。

また入り組んでいる場所にある住宅や繁華街が近くにある立地も、万が一犯行を目撃されてもすぐに人目を撒けるので犯人にとって好都合といえます。

住宅の造り

アパート

集合住宅と一軒家では、一軒家の方が侵入しやすい造りとなっています。

さらにブロック塀や木で覆われていて外から家の中が見えづらいと、通行人の目を気にせず犯行に及ぶことができてしまうのです。

庭がある家だと、砂利がない家の方が物音も最小限になり侵入しやすいでしょう。

またマンションなどの集合住宅でもオートロック付きの単身者用マンションの場合、防犯意識が低くなっており窓から侵入される傾向にあります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html