Akerunの特徴と導入方法を徹底解説!種類ごとの価格やオフィスの防犯性を強化できる機能は?サポート内容とアプリもご紹介

日常生活における防犯として、戸締りは欠かせません。その戸締りを便利に、かつ確実にしてくれるアイテムが「Akerun(アケルン)」です。

最新型の入退室管理システムで、コンパクトで操作も簡単。スマートフォンやICカードが鍵の代わりになるという便利さも兼ね備えています。

今回はそんな「Akerun」について、詳しくご紹介します。

Akerunって?

最新型のスマートロックシステム

オフィス

Akerunとは、2015年に「Photosynth(フォトシンス)」というベンチャー企業が開発したスマートロックシステムです

スマートロックシステムとは従来のような鍵を使わずに、パスワードやICカードなどで扉を解錠・施錠するものです。

開発当時は家庭向けの製品もありましたが、2019年12月に製造が終了し、現在はオフィス向けの「Akerun Pro」を中心に展開しています。

導入の手軽さと機能性の高さから、今や3,000社以上が導入しているシステムです。

どうして防犯性が高まるの?

Akerunは、アプリやクラウドといったインターネットを介して作動します。

アプリと連携することでスマートフォンからドアの開錠・施錠ができます

ICカードを登録すれば、駅の改札と同じように部屋への入退室が可能です。

さらに鍵を持っている人だけが入れるのはもちろん、「誰が、いつ入退室したか」が記録に残ります。

鍵の代わりとなるアプリやカードの有効日時を決めることもできます。

それによって関係者だけが確実に入退室できるため、防犯性の向上につながるのです。

オートロック機能や開けっ放しアラーム機能も搭載しているので、安心です。

Akerunはセットでレンタルできる!

宅配便

現在はオフィス向けのAkerun Proを、関連機器とセットでレンタル契約する形で製造・販売されています。

Akerun Proと周辺機器をBluetoothで接続するとシステムが作動するという仕組みです。

そこでここからは、Akerun Proのセット内容と製品仕様をご紹介します。

Akerun Pro

看板アイテムであるAkerun Proは、扉の鍵穴部分に設置する機械です。

ほとんどのタイプの扉に取り付けることができ、ペタッと貼り付けるだけでその日から使える手軽さが特徴です。

手のひらサイズの機械を両面テープやビスで止めるだけなので、大掛かりな工事も不要。初期費用もかかりません。

電源は専用のアダプタをつなぐか、単三電池を利用します。

電池が少なくなったら、自動的に交換用電池を送ってもらえるサポート付きなので安心です。

NFCリーダー

NFCリーダーとはICカードなどをかざして通信をするための機械です。

室内、室外どちらからも解錠や施錠ができるように2つセットになっています。

Suicaなどの交通系ICカードやNFC対応の社員証を登録することで、扉の鍵として使うことができます。

ドアセンサー

防犯カメラ

ドアセンサーは、オートロック機能や開けっ放しアラームを利用するのに必要なセンサーです。

扉の開閉状態を認識して自動で鍵をかけたり、一定時間開きっぱなしになっているとブザーがなったりする仕組みになっています。

Akerun Remote

Akerun Proの遠隔操作に欠かせないのが「Akerun Remote」です。Bluetoothで接続することで、クラウドやICカードでの操作が可能になります。

Akerunコントローラー

中には自動ドアや電気錠など、鍵穴に鍵を差し込んで回すタイプとは違った扉もあります。

そういったオフィスに対応しているのが「Akerunコントローラー」です。

こちらを設置してインターネットに接続すると、ICカードでの施錠・解錠や入退室履歴の管理といったAkerun Proと同じ機能が使えます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html