サムターン回しの防止対策を徹底解説!ドアスコープを利用した手口とは?簡単に取り付け可能なおすすめの防犯サムターンも紹介

住まいを守るために、何らかの防犯対策をしている方も多いと思います。

セキュリティ技術の向上で確かに侵入犯罪そのものの件数は減少傾向にあるものの、未だ空き巣被害を含む犯罪はあとを断ちません。

特にその手口は悪質になっていて、時には侵入に気が付かないこともあるようです。

本記事では、侵入犯罪の手口、特にサムターン回しについて詳しく説明し、大切な住まい、財産、安全を守るための防犯対策についても言及していきます。

まずはじめに、サムターンとは

MIWA(美和ロック)純正防犯サムターン LA用DA-B5・TH

サムターンとは、ドアの室内側についている、錠の開け閉めを行うために使う金具のこと。

引用元:https://www.miwa-lock.co.jp/lock_day/sp/glossary/lock/2.html

鍵を使うことなく施錠できるもので、知っている方も多いかと思います。

ツマミを捩じるだけで扉の施錠ができ大変便利ではありますが、実はこの簡単さが落とし穴になってしまうことがあるのです。

犯罪の手口

サムターン回しとは

侵入しようとする泥棒

サムターン回しとは、ドリル等でドアに穴を開けたうえで金属製の棒状の器具を用い、サムターンを回転させてドアを解錠する手口のことです。

ちなみにドリルで穴を開けることをドリリングといいます。

上記が代表的な手口ですが、近年ではその手口は悪質になっているようです。

ドアとドア枠の間に工具を差し込み無理やりこじ開けるケースや、ドアスコープからアプローチするケースもあります。

代表的手口の場合、ドアに穴を開けることが必要になるのですが、ドアの材質によっては比較的簡単に穴を開けられてしまうことも。

手慣れた侵入者の場合はハンドドリルなどの器具を用いることもあるようで、電動ドリルと違い、周囲に気づかれることなく簡単に侵入されてしまいます。

従ってドアの材質が頑強でない場合は特に注意が必要といえるでしょう。

ドリリングとは

ドリル 加工

ドリリングとは前述のようにドリルを用いドアに穴を開けることを指しますが、狭義ではシリンダーそのものに穴を開け直接のアプローチを行うこともあります。

シリンダーへのドリリングに関しては、シリンダー内部に焼き入れ部品や超硬部品が入った製品で防ぐことが出来ます。

ケースへのドリリング攻撃に対しても、CP認定錠のシリンダーを用いることや、あるいは二重に補助錠と補強部品を併せて取り付けることで防御可能です。

ドアスコープを用いた手口

入り口のドアのスパイホール

ドアスコープが付いているドアも多いですが、こちらは本来は室内から外部の様子を把握するための便利な部品のはずです。

しかし犯罪者の手にかかれば、ドアスコープからサムターンを回すことも可能で、部品そのものを外し、できた穴から特殊な工具を入れてサムターンを回してしまいます。

こちらも、ドアの隙間から工具を入れる方法と同様に大きな音が鳴らないため、気づかれぬうちに侵入されてしまうケースがあるようです。要注意ですね。

データで見る侵入犯罪の現状

住宅における防犯対策の重要性

家を守る

刑法犯認知件数は、平成8年から平成14年にかけて増加し続け、同年には約285万件に達しました。しかし、平成15年からは減少に転じ、平成30年中は81万7,338件と、戦後最少を更新しました。このうち、住宅を対象とした侵入窃盗の認知件数についても減少傾向にあるものの、平成30年中は約3万2千件もの発生がありました。

御自身や御家族の安全と財産を守るため、侵入窃盗の現状を確認しておきましょう。

引用元:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_a/a_b_1.html

上記に挙げたデータからわかるように、防犯対策が功を奏してか、侵入犯罪そのものは減少傾向にあることがわかります。

しかしながら、毎日86件ほどの侵入犯罪が日本国内で発生し続けていることも事実です(平成30年時点での統計による)。

また、そのうち1/3ほどが空き巣被害であることから、住宅における防犯対策の重要性がうかがえます。

ぜひ本記事を参考にして、御自身や御家族を守るべく対策を講じましょう。

サムターン回しの被害の現状

散乱する部屋 荒らされた部屋

施錠被りの手口では多いのは以下の通りです。

1番多いのは合鍵による侵入、2番目は『その他』となっており、次いで3番目に多いのがサムターン回しによる被害

引用元:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/jousei.html

かつて施錠破りといえば代表的な手口はピッキングでした。現在は、サムターン回しのほうが手口として多くなっているのです。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html