虹彩認証の活用方法を徹底解説!スマホの生体認証やアプリを使うメリットは?顔認証や指紋認証との違いや安全性も比較してご紹介

自分の全財産、尊厳、他のさまざまなものを含む膨大な量のデータを、今や手のひらサイズに収め持ち運んでいる現代社会。

現代に生きている限りそのようなデバイスを適切に管理し悪意ある人たちから保護することは、自分の命を守るのと同じほど大切です。

デジタルデバイスに関する防犯を語る上で欠かせないのが、本当に使用しているのが本人なのかを確認するための認証方式

近年、スマートフォンのロック解除のためにたくさんの認証方式が実用化されてきました。

この記事ではその一つ、虹彩認証について掘り下げていきたいと思います。

生体認証の特徴

iphone, smartphone, apps

生体認証とは私たちの身体的特徴を使って本人かどうかを判別し、それをセキュリティの分野に応用したものです。

虹彩認証はその一つに分類されます。

最近ではスマートフォンATM、その他の多くの機器に生体認証が導入されているものが増えてきました。

まずは数種類ある生体認証方式が全般的にもつメリットとデメリットについて押さえておきましょう。

メリット

生体認証の導入が進んでいる大きな理由の一つは、成りすましの可能性を極端に低くできるということでしょう。

例えばパスワードやパターンなどは、他の人が一瞬見て記憶してしまえば成りすましが可能です。

一方で私たちの身体的特徴はそう簡単には変わらず、また意図的に変えることも非常に難しいといえます。

他人の身体を無理やり持ってきて認証しようとしない限りは、より安全な認証方式といえるのです。

また、パスワードなどのように記憶したりメモしたりする必要がないというのも大きなメリットです。

デメリット

生体認証全般が抱えるデメリットは、私たちにとってほとんど意識することはないといっても過言ではないでしょう。

それは導入コストが比較的高いということです。開発コスト、認証に使用する機器が比較的高価なのです。

とはいえ、今やそのような割高感をスマートフォン購入時に感じることはほとんどないのではないでしょうか。

生体認証は既にスマートフォン等での欠かせない機能の一つとして地位を確立しているのです。

虹彩を使って認証する方式とは

phone, technology, pin

それではいよいよ生体認証の一つの種類、虹彩認証とはどのようなものなのか解説していきます。

虹彩とは

私たちの身体の一部分、虹彩がどこにあるのかをご存知でしょうか?ほとんどの方は理科や生物の授業で聞いたことがおありのことでしょう。

虹彩とは私たちの目の瞳の中にある、色の薄いドーナツ状の形をした部分のことです。

暗いときは虹彩が外側に薄くなり多くの光を取り入れ、逆に明るいときはキュッと光を絞る役割をしてくれます。

私たちが普段何気なくモノが見えているのは、この虹彩のおかげであるといっても過言ではありません。

虹彩の何を読み取るのか

people, girl, beauty

私たちにとって虹彩が普段果たしてくれている役割を意識するということはほとんどありません。

虹彩を生体認証の一つであることにピンと来ない方はきっと多いことでしょう。

実は虹彩には指紋などのように多くのシワがあり、それらは一人一人大きく異なっています。

このシワのパターンをカメラを使用して読み取ることにより認証を行うのが虹彩認証です。

一生変わらない上に高精度

虹彩認証は、実は防犯上非常に安全精度の高い認証方式の一つです。

虹彩のシワのパターンは、私たちのDNAだけでなく乳児期の目の使い方や癖によって形成されます。

当然眼球一つ一つの癖は千差万別ですから、双子どころか同一人物であっても右目と左目では虹彩のシワのパターンは異なります。

その判別精度の高さは指紋や静脈、顔認証など他の生体認証方式を大きく上回ります。

さらにこのシワのパターンは生後2歳までの間にできあがった後は一生変わることがありません

虹彩認証のメリット

good, bad, opposite

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html