防犯性能の高いロードバイクの鍵とは?盗難の手口から鍵の選び方やかけ方を解説!狙われにくくする施錠テクニックも紹介!

ロードバイクの盗難被害は後を絶ちません。

ロードバイクは軽量で高価であるうえに、窃盗犯を突き止めることがなかなか難しいからです。

特に高級なロードバイクは、盗難されるものと考え、日頃から盗難対策を常に意識する必要があるでしょう。

今回はどんな盗難手口があるのかご紹介し、鍵の選び方からかけ方までご紹介します。

ロードバイク盗難の手口とは?

まず、ロードバイクはどのように盗難されているのでしょうか。

その手口を解説していきます。

 鍵が切断される!?

盗難の手口でよく行われているパターンで、犯人は数分のうちに、鍵を切断しロードバイクを持ち去ってしまいます。

ワイヤーロックやチェーンロックを切断するのは、ホームセンターで売っているような工具で素人でも可能なのです。

鍵ごと本体そのまま盗まれる!?

地球ロック(後述)されていないロードバイクは、軽量なためそのまま持ち去られてしまうこともあります。

プロの窃盗団は、まるで自転車を撤去する自治体の職員のようになりすまします。

そして、そのままトラックで持ち去り、あとでゆっくり鍵を破壊するという手口を用いているのです。

パーツだけ盗まれる!?

特に高価なパーツであるホイールは、取り外しも簡単に行えるものが多いため、ホイールだけ盗まれてしまうことがあります。

また、ライトやサイクルコンピュータも同様に取り外しが簡単なため、パーツだけ持って行かれてしまうことがあるのです。

バイク本体であれば戻ってくる可能性もあるでしょう。

ですが、パーツは所有者を特定することができないため、戻ってくる可能性は非常に低いのです。

鍵の種類とタイプにはどんなものがある?

では、どのような鍵を選んで、どのようにかければ盗難されにくいのでしょうか。

まずは鍵の種類から見てみましょう。

U字ロック

ロードバイクの鍵の中では一番堅牢で、破壊が難しく盗まれにくいといわれています。

ですが、その分重量が重く、持ち運びには向きません。

自宅で施錠する際に使用するなど、駐輪する場面によって使い分けられるといいでしょう。

ワイヤーロック

軽量で、伸縮性もあり、値段も安く最も多く使用されている鍵です。

ただ、工具で簡単に切断できるため、短時間の駐輪で使用するにしても不安があります

他の防犯方法と併用して使用するといいでしょう。

チェーンロック

鋼鉄製の鎖が使われているため、破壊しにくくやや重いです。

鎖の材質は、メーカーによりさまざまですが、強度の高いものもあります。

ワイヤーロックよりは切断されにくく、地球ロック(後述)の際にも使いやすく、バランスは良いでしょう

アラームロック

アラームロックとは、振動や衝撃を検知してアラームが作動する、犯人を威嚇して防犯するものです。

鍵本体にセンサーが内蔵されているタイプと、センサーだけに特化した単体タイプの2種類があります。

鍵本体にセンサーが内蔵されているタイプは、堅牢性の高いものが多く、それだけ重量が重くなってしまうという欠点があります。

センサーだけに特化した単体タイプは、軽量でロードバイク自体に取り付けてしまうタイプが多いです。

便利ですが、ロードバイクの外観を損ねると考える人たちもいます。

鍵のタイプ

また、鍵には、施錠解錠する鍵を持つタイプとダイヤルタイプがあります。

施錠解錠する鍵を持つタイプ

鍵タイプの方が、何度も駐輪する可能性がある場合特に施錠解錠が楽です。

ですが、鍵を紛失しかねないというリスクがあります。スペアキーの保管場所を忘れないようにしましょう。

ダイヤルタイプ

ワイヤーロック形式のものに多く、鍵を持ち歩く必要がないのは便利です。

また、番号の桁数は3〜5桁と種類もあり、番号を自分で決められるものもあります。

ただ、番号を忘れてしまうと元も子もなくなってしまいます。

施錠番号は写真を撮るなり、自分自身で記録をしっかりしておきましょう。

防犯性の高いロードバイクの鍵は?

では、防犯性の高いロードバイクの鍵とは何でしょうか。

前述しましたように、U字ロックが最も堅牢性が高いといわれています。

ところが、どんなに堅牢性が高くても完全に破壊不可能な鍵はありません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html