Twitterのアカウント乗っ取りへの対策方法を解説!設定方法を再確認して防犯しよう!乗っ取りはどこで判断すればいい?

»

SNSが急速に発達した今、Twitterはコミュニケーションツールのひとつとして欠かせない存在となりました。

しかし、Twitterがインターネットを利用した情報発信のツールである以上、私たちは常にアカウント乗っ取りの脅威に晒されています。

ここではTwitterのアカウント乗っ取りの対策・防犯方法をご紹介しましょう。

コンテンツ経由の乗っ取りからアカウントを守る対策方法

興味のあるコンテンツが表示されると、ついついアクセスしてしまう人も多いのではないでしょうか?

簡単に操作できるのがTwitterの魅力ですが、脅威にも容易に接近してしまうのがデメリットといえます。

まずはコンテンツを経由して乗っ取られるリスクに注目して、対策を見ていきましょう。

フォローしている人のタイムラインには注意が必要

自分がフォローしているユーザーのタイムラインには注意が必要です。

そのタイムラインに、不審な連続投稿がみられた場合、そのユーザーのアカウントはすでに乗っ取られている可能性があります。

リスクが高いので、そのような投稿にはアクセスしないようにしましょう。

不審なURLにアクセスしない

常に大量の情報で溢れているTwitter。

上記で示したようなユーザーの興味をひくような内容のツイートで、URLに誘導しようとするケースがあります。

不審なURLにはアクセスしないようにしましょう。

アプリとの連携による乗っ取りに対する対策方法

便利で面白いアプリが続々と登場する中、気軽にインストールする人が多数いるのではないでしょうか?

そして、インストールすると選択肢に出てくるのが「Twitterとの連携」です。

実は、アプリそのものは脅威でなくても、連携させることで脅威になりうるケースもあるので注意が必要です。

アプリ連携に注意する

この方法は、主な手口として、心理テストや占い、ゲームなどユーザーの興味をひく内容のアプリの連携を促してくる場合があります。

最近被害が多発しているので、インストール時の権限に注意することと、怪しげなアプリ連携をしないことが大切です。

Twitterのアプリ連携は、非常に便利な機能のひとつといえます。

しかし、それらのアプリの中にはTwitterのアカウント情報を盗み、悪用、乗っ取りを行う悪質なものが存在するのも事実です。

それらを防ぐため、容易にアプリに連携しないようにしましょう。

アプリとの連携を解除する

連携されたアプリによって勝手にツイートを投稿されるのも乗っ取りの一種です。

勝手なツイートがなされていることが確認された場合、連携先のアプリが原因のひとつだと考えられます。

この場合、連携アプリの管理画面から許可を取り消す操作を行うことが必要です。

フィッシング詐欺サイトに注意する

最近では、大手サイトに似せて作成された本物そっくりの「偽サイト」からユーザーをそのURLに誘導させることがあるのです。

そして、IDやパスワードを入力させ情報を盗むといった手口の詐欺が増えており、これを「フィッシング詐欺」といいます。

Twitterの場合は、URLが「twitter.com」なので、それ以外は偽サイトということになりますね。

また本物のサイトの場合、URLの頭にカギのマークが表示されます。

これはデータ送信を保護しているという証なので、偽サイトにはこれがありません。

Twitterの運営会社を名乗るパスワード変更の指示がある場合があっても、フィッシングサイトの詐欺メールの可能性もあります。

このような場合はURLではアクセスせず、ブックマークなどからアクセスするようにしましょう。

Twitter乗っ取りへの対策方法

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html