#MeToo運動でセクハラや性犯罪を抑制する取り組みを徹底解説!日本の#MeTooの現状は?被害女性が自分を守る方法とは

»

セクハラや性被害の告発の場として、2017年から世界中で広がりをみせてきた#MeToo運動

これによってこれまで被害にあってきたにもかかわらず泣き寝入りをするしかなかった被害女性たちが、次々と過去の被害を告発。

世界中に広がり、日本のSNSでも多くの女性の共感を集めました。

しかし一方で、被害の声を上げたことで「セカンドハラスメント」という二次被害が発生するおそれもあります。

今回はセクハラや性犯罪を抑制するための取り組みや、被害女性が自分の身を守るための対処法をご紹介します。

日本の#MeTooの現状

woman, shout, scream

2017年、ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力の被害を実名・顔出しで告発し日本社会に大きなインパクトを与えました。

それを機に作家の森まゆみさん、人気ブロガーのはあちゅうさんといった著名人が過去のセクハラ被害を告白。

日本でも少しずつ#MeToo運動が広がりをみせ始めました。

このように日本でも声を上げる被害女性が現れる一方で、実際は「声を上げにくい」という環境がいまだに根強いということも事実です。

日本でセクハラや性犯罪を抑制するためには、どうしたらいいのでしょうか。

他人事ではない 身近にあるセクハラ

model, time, woman

職場はセクハラが特に起こりやすい環境といえます。

上司や先輩という社会的立場が上であることを利用することで相手にNOと言いにくい状況を作るのです。

女性の活躍推進を掲げる企業が増えているにもかかわらず、今後のキャリアへの影響をちらつかせて付け入るような悪質な手口も蔓延しています。

また「スクールセクハラ」という事例も数多く存在します。

教師という立場を利用した性的嫌がらせのほか、教師同士や生徒・児童同士でおこる場合もあるのです。

他にも大学でおこるアカデミック・ハラスメント、家族間や友人間と、生活の中のさまざまな状況でセクハラが起こりうるといえるでしょう。

セクハラに関する取り組み

child sitting, jeans, in the door

厚生労働省の資料によると、男女雇用機会均等法に関する相談の約4割が職場でのセクハラ被害についての相談なのだとか。

そもそも男女雇用機会均等法は性的嫌がらせ防止の対策を事業主に義務付けています

しかし、会社はセクハラ・性犯罪に対してどのような取り組みを行っているのでしょうか。

社長が「ハラスメントは許さない」と発言する

経営者である社長がトップメッセージとして「性的嫌がらせを許さない」という姿勢を明確にすることでハラスメントが起こりにくい職場環境をつくります。

セクハラは「あってはならないもの」と明確化する

役職のある立場の人だけではなく、労働者も含め社内全体で「セクハラはあってはならない」という方針を周知・徹底することで、会社としても立場を示します。

加害者に対する厳格な対処方針を周知する

性的いやがらせを行った加害者に対しては厳重に対処するというポイントを、就業規則に明記するなどして周知します。

相談窓口(ホットライン)を設置する

blur, smartphone, chatting

あらかじめ相談窓口をつくっておき被害者が相談しやすい環境をつくります。また相談に対して適切に応じられるよう、体制を整備します。

#MeToo運動によって変化したアメリカの状況

people, woman, rally

#MeToo運動が広がり始めた2017年以降、職場での性的嫌がらせの申し立て件数が大幅に増加しています。

アメリカ政府の独立機関「雇用機会均等委員会」(EEOC)の発表を確認してみましょう。

それによると2017年10月~2018年9月の申立件数は前年の同時期と比較して12%以上増加しました。

これは、今までセクハラ被害に対して泣き寝入りに甘んじていた女性が、次々と声を上げられるようになった結果といえます。

セクハラの二次被害「セカンドハラスメント」とは

worried girl, woman, waiting

しかし一方で、セクハラを相談・告発した人が「セカンドハラスメント」という二次被害にあうケースが増えています。

前述した伊藤詩織さんやはあちゅうさんも被害告発後に少なからずのバッシングを浴びたという現実があります。

ハラスメントを受けた被害者が周囲に相談したことによって嫌がらせを受けたり、かえって責められたりする二次被害。

これを「セカンドハラスメント」といいます。

またそこまでわかりやすいバッシング以外でも、相談を受けた側が発する何気ない言葉によって相談者がさらに深く傷つくことも。

  • 拒めたのではないか
  • もっと早くに声を上げればよかったのではないか
  • そんなことはセクハラに入らないのではないか

など、相談者の悩みを矮小化したり発言を封じ込めてしまうような言葉はセカンドハラスメントにあたります。

被害女性が身を守る方法とは

girl, shy, hands

声を上げた被害女性がセカンドハラスメントから身を守るにはどうしたらいいのでしょうか。

証拠を集めてまとめておく

被害を受けた日時や場所、時系列といった状況を冷静に思い返し記録しておきましょう

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html