静脈認証の活用方法を徹底解説!静脈認証の仕組みと精度・読み取りのコツは?生体認証としてのメリット・デメリットも確認しよう

私たちが普段、なにげなく暮らしているシーンの中でも、静脈認証という単語を聞いたことがある、という方も少なくないでしょう。

現在、多く導入されつつある、誰ひとりとして持っていない個人の生体パターンを解読し、本人確認を行う生体認証。

この静脈認証をはじめ、顔認証、虹彩認証、DNA認証など様々な生体認証方法が採用されています。

現在、認知されている多くは自分の目でハッキリと確認できる指紋認証でしょう。

今回取り上げる静脈認証よりもはるかに多くの人に認識されているようですが、指紋認証は実は静脈認証を使用していたという場面も多くあるのです。

今回は、明日誰かに自慢したくなる『静脈認証の活用方法』について深く解説していきます。

静脈認証の仕組み

日立製作所(HITACHI) 指静脈認証 PC-KCA110 (パスワード入力に代わり指をかざし認証Windowsログオン等行う生体認証装置)

静脈認証は、体の中で複雑に走っている静脈パターンの法則を読み解き、本人確認をする生体認証のひとつです。

静脈認証は、指静脈認証手のひら静脈認証という方法があります。

特定波長の近赤外線を使って指を透過撮影すると静脈のパターンが抽出できます。

これをあらかじめ記録されたパターンと比較することで本人判断を行います。

引用元:https://info.hitachi-ics.co.jp/product/virsecur/vein/vein01.html#b

簡単にいうと、体の中で複雑に走っている静脈パターンをあらかじめ静脈認証装置に登録します。

そして再度その場所に訪れた際に、登録しておいた指の静脈に近赤外線を透過させ、カメラで比較照合するものですね。

「透過光撮影方式」というのですが、これを搭載した機器を用いて本人確認を実行できる、シンプルかつ、確実な認証方法といえます。

手のひら静脈認証を導入している場合では、装置の中で右手の人さし指を登録していることが多いのです。

精度について

高い信頼性から期待したい精度の発展

手のひら

1人の人が持っている静脈パターンは左右10本の指、親指、中指、人さし指、薬指、小指です。

これらすべての静脈パターンが異なっており、これは一卵性双生児も同じで静脈パターンはそれぞれ異なる法則を持っています。

手のひら静脈認証も同様です。

誰ひとりとして同じ静脈パターンを持っていないという理由で、高い信頼性から静脈認証による本人確認は現在かなり幅広い場面で普及しています。

誤認証がないわけではない

しかし、誤認証がまったくないというわけではありません。

指先がいつも冷たいと感じている人などは、血管の収縮によって登録していた当時の静脈パターンからわずかなズレの範囲を超えててしまうことがあります。

それにより静脈の形が変わっていることも多々あるようなので、精度に関してはまだ伸びしろ部分があるのが実情です。

これからの開発の発展に期待したい部分もありますね。

様々な活用方法

金庫
静脈認証での本人確認は、様々な場所で導入されており今後さらに普及すると考えられるでしょう。

今でいえば、例えば地方自治体の献血ルーム、空港での入国出国ゲートなどでも静脈認証を導入していることがあります。

短時間で本人確認が完了するため、時間的に大幅な効率化が見込めます。

指紋認証や網膜認証なども銀行システムやハイレベルのセキュリティシステムを導入する場合に活用されますが、それを逆手にとる犯罪もあるのです。

映画などでも観たことがあるかと思いますが、例えばターゲットの網膜コンタクトレンズや、指紋を複製することでセキュリティの壁を破ってしまうケースも。

こういった何らかの偽造によって本人ではない場合でも本人と判断してしまうといったことも、静脈認証であれば防げる可能性が高いのです。

生体認証としてのメリットは?

数多く存在している生体認証の中で、静脈認証を選ぶメリットとしてどんなことが挙げられるでしょうか?

考察すると、大きく以下の2つが挙げられます。

ユーザーの心理的負担を最小限にできる

指紋

現在導入されている生体認証の中において、静脈認証のメリットとして、他の生体認証方法に比べてユーザーの心理的な負担が少ないことが挙げられます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html