スメハラ(スメルハラスメント)の防止対策法を徹底解説!スメハラの原因や事例は?正しい指摘方法とマナーへの心得も確認しよう

パワハラ、モラハラなどのハラスメント=嫌がらせ行為というものは様々な場所で耳にするようになりました。

そんな中でもハラスメントとは全く縁がないと考える方も多くいるかと思います。

しかし、スメルハラスメント(通称スメハラ)はそんなハラスメント行為に関係ないと考えている方にも身近な問題です。

今回はそんなスメルハラスメントについての防止策を徹底解説します。

誰しも知らぬうちに自分のニオイがスメハラを起こしている可能性は捨てきれません。

体臭などの自分由来のニオイ、香水など身の回りの物のニオイなど様々な臭いの原因から対処法も見ていきましょう。

また、今更聞けないニオイのマナーや、もし身近な人がスメハラだった場合の対処法もご紹介するので合わせてご覧ください。

誰しもスメハラを起こしてしまう可能性がある

断る女性

スメハラの可能性を聞いても、自分はニオイなんて気になったことがないと考える方も多くいます。しかし、ここに落とし穴があります。

じつは自分のニオイというのは人間の自己防衛機能で感じにくくなっているのです。

そのため「自分はニオイは問題ない」と考えている方でも、スメハラを起こしてしまってる危険性があります。

体臭やタバコのニオイなど、自分は大したことはないと考えていても他人にはとてもキツく感じられることがあるのです。

スメハラのさまざまな事例

手で顔を覆う男性

ここからは実際にによくあるスメハラの事例を見ていきましょう。

電車でのスメハラ

多くの方が利用する交通機関では人が密集し、換気状況も悪いためニオイも充満しやすい場所になります。

ここで起きやすいスメハラが「体臭」「香水や衣服のニオイ」によるものでしょう。

換気が悪い電車内では脇のニオイや、香水や柔軟剤のニオイが混ざりあい、気分が悪くなる方もいるそうです。

特に満員電車内などの逃げられない状況ではかなりのストレスを与えます。

電車内では少しのニオイでも強く感じやすいため、自分がスメハラを起こしている可能性は捨てきれません。

交流でのスメハラ

友人や同僚、パートナーなどと誰かしらと交流がある方が多いかと思われます。そんな時によくあるのが「体臭」「口臭」のスメハラでしょう。

会話する時に口臭で不快感を与えていたり、横に座っているだけでニオイがキツイと感じさせていることがあります。

それには口が乾いて口臭がしてしまう、タバコのせいで体臭がキツくなってしまうなどの原因が考えられるでしょう。

これは自分が思う以上に周りの人にストレスを与えていることもあります。

もし、これが職場なら同僚とのコミュニケーションを阻害してしまうことは想像に難くないでしょう。

しかも最悪の場合、いつの間にか職場問題に発展することもありえます。

スメハラの原因とは?

虫眼鏡をのぞく女性

スメルハラスメントの原因にはそもそもどんなものがあるのでしょう。

じつは不快なニオイを作ってしまう原因は、自分の生活習慣や使っている物などが関わっています。

原因を知れば「自分ももしかしたら」とハラスメント対策を取ることができるはずです。

スメルハラスメントの原因を見て、自分が加害者になっていないか探っていきましょう。

男性の場合

笑顔 男性

まず男性の場合でのスメルハラスメントでよくあるものは、「体臭と口臭」「タバコ」「足の臭い」などです。

男性は男性ホルモンを分泌する関係上、ニオイも強くなりやすくなっています。

さらに、加齢と共に皮脂の酸化が起きやすくなったために、加齢臭が問題の方もいるでしょう。

この体臭の多くの原因は生活習慣が関わっており、普段の生活や食事との関係性が密接です。

不規則な生活を送る方や、油っこいものやニオイのキツイ料理が好きな方は特に注意が必要になります。

また、これは口臭でもいえることで、生活習慣による影響があるといえるでしょう。さらにその中でもタバコを吸う方はより注意が必要です。

タバコは体臭や口臭と混ざって不快なニオイを作る恐れがあります。体や衣服にニオイが残っていることもスメハラの原因になるのです。

また、足のニオイについては衛生上の問題と体質なども関わっています。

多くは靴下や靴の衛生管理や足の清潔さが保たれていないことが原因です。さらに水虫によってニオイが悪化をしていることもあります。

女性の場合

話を聞く女性

女性の場合に考えられるスメルハラスメントでよくあるものは「体臭と口臭」「香水」「衣服のニオイ」などです。

男性と同じく、女性も少なからず不規則な生活習慣によって体臭や口臭がキツくなることが原因として考えられるでしょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html