家庭内暴力から逃れる方法を徹底解説!家庭内暴力の原因と適切な対処法とは?警察に通報すべき場合や法律・相談窓口も確認しよう

闇に隠れる家庭内暴力は自分や家族の安全を脅かす存在です。

そのため、例えばパートナーに暴力を受けた時、対処法を知っているか否かで自分や家族を守れる確率は上がります。

今回はそんな家庭内暴力から逃れる方法を徹底解説しますので、「暴力があるかも」とお悩みの方もぜひ参考にご覧ください。

また、家庭内暴力の原因からも考えつつ、対処法や相談先についてもご紹介するので、これを機に身を守る術を学びましょう。

家庭内暴力は世間から孤立した状況で起きるため、暴力への認知の遅れや暴力自体もエスカレートする恐れがあります。

手遅れになってしまわないよう行動することが大事です。

 家庭内暴力といえるラインとは?

fear, woman, stop

家庭内暴力は性別問わず、家族から身体的・心的暴力を振るわれたなら「暴力を受けた」といえます。

それは殴られたりする暴力はもちろん、極端に人格を陥れるような発言もです。家族、親、成人した子供などの関係も問いません。

社会的に家庭内暴力を認定する場合には警察や相談機関、その先の裁判で認めさせる必要があります。

しかし、それ以前に暴力を受けたと感じた時点で家庭内暴力として相談や通報ができるということを覚えておきましょう。

言い合いになり手を挙げられただけ、ヒートアップして罵倒されただけと考えるのは危険な思考です。

ここでもし思い当たる節があるなら、自分の身を守るよう行動する必要があります。

 家庭内暴力の根深い原因

violence against women, don't look away, help

家庭内暴力には様々なパターンがあり、それぞれに根深い原因があります。

暴力を振るうことは決して許されないことですが、例えば手を挙げた本人自身も望んで暴力に走ったわけではないこともあるのです。

もちろん自分勝手な理由から暴力を振るう場合も当然あります。どんな理由であれ暴力行為は許されません。

しかし、解決法を探るにあたって様々な家庭内暴力の原因を見ていく必要があります。家庭内暴力の代表的な原因を見ていきましょう。

 暴力を受けていた可能性

暴力を振るう人は自身も暴力を受けていた可能性があります。

夫や親が暴力を振るうならその両親、成人した子供が暴力的になる場合も親から暴力を受けていた可能性を疑う必要があるでしょう。

暴力とは連鎖するもので、そういった暴力の因果関係は大きいものです。

暴力を受けていた経験によって、精神的に不安定な部分もあることも考えられます。

日常的なストレス

家庭内暴力を振るう人の原因は外的要因であることも考えられるでしょう。

例えば会社のストレスや人間関係などで多大なストレスを受け、精神的に追い詰められていることが原因です。

精神的なストレスはその本人の精神を蝕み、理性を奪ってしまうこともあります。

そのせいで感情をコントロールできず、身内に暴力的な行動を取ってしまうのです。

依存症による影響

依存症は冷静な判断力を奪うほど脳に影響を及ぼす病気なため、暴力を振るう原因となることもあります。

これは脳が依存状態に陥ると感情や欲求が優先されてしまい、理性的な部分が劣勢になるためです。

その結果、感情をコントロールできずに暴力を振るってしまう可能性があります。

依存症の人全てがそういった行動に出るわけではありませんが、暴力に繋がりやすい要因は少なからずあるでしょう。

 体もしくは精神的な問題

暴力を振るう=理性を失っている状態を引き起こしているのはそもそももしくは精神問題がある可能性もあります。

精神的な問題ならうつ病統合失調症などの精神疾患によって、感情をコントロールできていないことが原因かもしれません。

もしくは脳に腫瘍などの異常があり、突然暴力的になることもあります。

ある日、突然に人格が変わったかのように暴力を振るうようになったなどの場合には可能性を疑うべきでしょう。

 助けを求めるべきライン

hand, woman, female

家庭内暴力を受ける人は孤立状態であることが多いため、暴力を受けているという認識していない可能性も考えられます。

ましてや家族から暴力を受けているという事実が恥ずかしくて相談ができないこともあるでしょう。

しかし、暴力や人権侵害は原因を解決しない限り、自然に無くなる可能性は低いです。

例えば喧嘩の中でそのような暴力的な展開になり、その後解決したとしても何度も繰り返すようなケースもあります。

このように繰り返し「日常的に暴力と呼べるものがある」なら、信頼における人や相談機関に相談することがおすすめです。

誰しも心身ともに健康的に生活する権利があるということも忘れないようにしましょう。

家庭内暴力の対処法とポイント

question, question mark, survey

家庭内暴力を受けているとわかった時、どんな対処法が必要か知っておくことは身を守るために大切なことです。

ここからは実際に家庭内暴力を受けている場合を想定し、対処法と気をつけるべきポイントをご紹介します。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html