コンセントカバーのおすすめと選び方を徹底解説!電気泥棒対策に有効な屋外用コンセントカバーの機能と取り付け方法もご紹介

注意点としてはコンセントにプラグを刺したままだと家電を使用していなくても、微弱に電力を消費しているのですべて抜かなければなりません。

また最近は24時間換気といった機能が四六時中回り続ける家もあるので、そういったものも停止させなければなりません。

もし盗電が疑われたら?

なぞ

犯罪者心理として犯人は、習慣的に同じ犯罪を繰り返すことが考えられます。

もしも盗電が疑われるなら、すぐに対策を取る必要があるでしょう。

ですが犯人と相対してしまうのは、思わぬトラブルを招きかねないので絶対にやめましょう。

警察に被害届を出す

証拠を提出できる状況であれば、警察に被害届を出すのが一番安全で確実です。

危険やトラブルに巻き込まれないように、警察の力を借りましょう。

ですが証拠がないと警察も動けませんから、証拠を集めることは大切なことです。

監視カメラ等があれば確実ですが、電気料金など証拠になる物を持ち出しましょう。

防犯対策をとる

家の外のコンセント等は死角になりやすいので、犯人の恰好の的になります。

盗電は比較的発見しにくい犯罪ですので、犯人に犯罪をさせないようにする努力が大切です。

すぐに防犯対策をとりましょう。

盗電対策、どうすればいいの?

sign, designation of the, no background

比較的安価効果的なものがコンセントカバーです。

コンセントそのものを覆ってしまい施錠することで、簡単に防犯効果を挙げる事ができます。

導入もお手軽に、簡単にできますよ。

コンセントカバーにも様々なタイプがありますので、用途に合わせて賢く選んでいきましょう。

コンセントを使用しながらカバーできるタイプ

【TERADA】RDS10000SL 屋外コンセント用セキュリティカバー まもれーる・屋外くん(シルバー)

こちらはコンセントを使用しながらカバーできるタイプです。

家の外などで、常時コンセントを使用しているような場所にはこれを使いましょう。

カバーには鍵が付いていますので、防犯効果も高いです。

既存のコンセントカバーを交換するタイプ

サンワサプライ 鍵付きセキュリティスリムコンセントカバー TAP-KJCV1×2セット

このタイプは既存のカバーを外して交換してしまうタイプです。

手軽に交換できるので誰でも簡単に設置できてしまいます。

そして大きいものではないので、外観をスマートに飾ることができます。

注意点としては、コンセントを使用しながら防犯することが出来ないという点です。

コンセントを埋めてしまうタイプ

安全キャップ コンセントガード 感電防止に!!ベビーガード コンセントキャップ セーフティーカバー ホワイト(50個セット)

このタイプはコンセントに差し込んで埋めてしまうタイプです。

コンセントに差し込むだけでいいので簡単に導入できます。

防塵防汚に用いられるものですが、たったこれだけでも一定の防犯効果があるようです。

まとめ

sea, sand, coast

今回は盗電とその対策について解説しました。

電化製品はとても便利で生活をより便利に、より豊かさをもたらしてくれるものです。

そのために今の生活とは、切っても切り離せない物でもあります。

それゆえにこういった犯罪行為が急増しているのは、悲しい事実でもあります。

恐らくではありますが、この記事を読んで初めて盗電について知った方も多いのではないでしょうか。

そして、知らず識の内にこうした犯罪行為に及んでいる方も多いのではないでしょうか。

生活が便利になればなるほど、豊かになればなるほどこういった問題が増えるのも事実なのだと思います。

そしてそれは新しい時代のモラルとして、みなさんが認知していかなければいけない問題となっているのではないでしょうか。

盗電等といった犯罪行為をしないためにもさせないためにも、まずは一度防犯意識を持って盗電対策をしてみるところから始めてみましょう。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html