メルカリでの盗品対策法を徹底解説!盗品の見分け方と証拠は?盗品疑いの商品を購入・発見した場合の対処法と問い合わせ先も紹介

不用品を出品して売ることができるフリマアプリの「メルカリ」ですが、便利な反面トラブルが多いというのはご存じですか?

さまざまな取引トラブルのほか、出品物に盗品が紛れ込んでいるという盗品トラブルが増えているようです。

この記事では、メルカリでの盗品対策法を徹底解説!

メルカリで盗品を見分ける方法や盗品の疑いがあるメルカリ出品物の特徴をご紹介します。

また、盗品疑いの出品物を購入・発見したときの対処法と問い合わせ先についてもお伝えしたいと思います。

メルカリで盗品を見分ける方法は?

買い物バッグ, 財布, ハイヒール

メルカリに出品されている商品が盗まれた品物かどうかを見分ける方法は、残念ながらありません。

出品物が盗品であったとしてもその商品が本物であることには変わりなく、見た目には分からないからです。

ですが、盗品の疑いがあるメルカリの出品物には特徴があるので、その特徴を知ることで盗品の目安にすることはできるでしょう。

メルカリの出品物が盗品だという証拠は?

拡大, ガラス, 探偵

メルカリの出品物が盗品かどうか見分ける方法がないのと同じように、盗品だという証拠をつかむことも難しいといえます。

例えば、盗品だと思われる商品が自分の物で、その商品に自分の直筆のサインや名前が記されている場合は証拠になるでしょう。

ですが、それ以外の場合は確たる証拠をつかんだり盗品だという裏付けをとったりすることができないのです。

盗品だという確たる証拠や裏付けがないのに出品者を通報すると、名誉棄損や他の問題に発展する可能性があります。

たとえ出品物が盗品だったとしても、出品者が盗んだ品物であるとは限りません。

メルカリの出品物が明らかに盗品だという証拠がない限り、通報は慎重にすべきでしょう。

盗品の疑いがあるメルカリの出品物の特徴

メルカリの出品物が盗品かどうか見分ける方法はありませんが、盗品の疑いがあるメルカリの出品物には決まった特徴が見られます。

つぎは、盗品の疑いがあるメルカリの出品物の特徴について考えられるものをご紹介します。

使用した形跡がない新品未使用の商品

本 写真集 漫画本

メルカリは自宅で使わなくなった不用品や必要がなくなった品物を中古品としてリサイクルする目的でスタートしたサービスです。

ですから、メルカリの出品物は出品者が使用していた物や中古の品であるのが本来の姿といえます。

それにもかかわらず、使用した形跡が一切なかったり新品未使用だったりする出品物が多数見受けられます。

もちろん、そのような出品物でも出品者が純粋に要らないと思って出品した物はあるでしょう。

ですが、メルカリに出品して利益を得るために盗んできた商品である可能性も否定できないのです。

例えば、読んだ形跡がない本やビニールで梱包されたままの本は、盗品の可能性が高い出品物の代表的なものです。

実際に本屋で万引きをした本をメルカリに出品した出品者が逮捕された例もあります。

使用した形跡が全く見られなかったり新品未使用だったりする商品は、もしかしたら盗品かもしれないので注意が必要です。

新品未使用なのに半額以下で売られている商品

女性 女の子 パーセント

メルカリに出品する商品の値段は、出品者が任意で決めることができます。

そもそもメルカリは不用品や中古品をリサイクルするというコンセプトなので、通常は定価よりも値段が安く設定されています。

ですが、人気商品のため入手困難だったり希少価値が高いレアものだったりする場合は、値段設定が高めになる場合も。

新品未使用の商品の場合も同じで、自宅保管という条件が付くものの不用品や中古品よりは値段が高くなるのが一般的です。

それにもかかわらず、新品未使用の商品なのに半額以下の安値でメルカリに出品されている商品があります。

購入時のパッケージのままで開封もされていない化粧品などがその例です。

このような商品は1割引から3割引の値段が付けられることが多いですが、半額以下の安値で出品されていることも。

営利目的でメルカリを利用している出品者が多い中、完全に利益度外視で新品未使用の商品を出品しているのは違和感があります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html