著作隣接権を侵害しない対策法を徹底解説!著作権との違いは?著作隣接権侵害の事例から結婚式やカラオケ動画の注意点も紹介

著作隣接権と聞いてもピンとこない方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、著作隣接権は私たちの生活にとって身近な存在です。

たとえば、趣味のカラオケ動画をYouTubeにアップしたい方などは著作隣接権の知識が必要となります。

前もって知っておくことで、著作隣接権を侵害しない対策法を講じられます。

著作隣接権が保障されている人たちとは

実演家

ギター・田舎・少女

実演家とは、著作物を演じる人のことです。歌手・演奏家・俳優・指揮者・演出家などがこれにあたります。

著作者ではないけれど、著作物を多くの人々に伝える人が著作隣接権に守られているといえます。

実演家はプロである必要はありません。趣味で演じる人々も含まれます。

実演家は著作隣接権のほかに「実演家人格権」にも守られています。

これにより自分の実演の名義をどうするかを決められます。

また、自分の名誉を害するような改変をされないように保護されます。

レコード製作者

CD・音楽・オーディオ

レコード製作者も、著作物を伝えるものとして著作隣接権に保護されます。

レコードとは、CD・DVD・ハードディスクなどをさします。

レコード製作者は、著作隣接権によりレコードを複製する権利を得ています。また、譲渡や貸与も認められます。

商業用レコードを有線などで放送された場合は使用料を得られる権利もあります。

つまり、レコード製作者以外がCDなどを私的利用以外で複製するのは著作隣接権の侵害であるといえます。

放送事業者及び有線放送事業者

子供・テレビ

放送にかかわる業者なども著作隣接権に保護されます。

私たちになじみが深いのはテレビや有線放送です。

放送及び有線放送を録音・録画・複製できる権利があります。

テレビでの放送や再放送の権利も著作隣接権が絡むものです。

私たちが普段お店で何気なく聴いている有線放送にも著作隣接権が深くかかわっているということです。

著作権との違い

創作者の権利と伝達者の権利

ピアノ・楽譜

著作権は創作者の権利で著作隣接権は伝達者の権利といえます。

著作権は作家や画家などのクリエイターをはじめ、自分の著作物をもつ人全てがもつ権利です。

著作物が生まれてから著作者の死後70年間まで守られます。

著作権は大きく「著作者人格権」と「著作権(財産権)」に分かれます。

これにより、著作物の不正使用や著作者の名誉が保護されるのです。

一方、著作隣接権は、実演家など著作物を伝える人の権利です。

著作権に守られた著作物を、正当に伝達するために実演家などが保護されます。

実演という行為やそれが広く伝えられる放送が守られます。

実演家はじめ伝達者の利益や権利が守られることにより、私たちは安心してテレビやCDを楽しめるのです。

著作隣接権は実演・レコード発行が行われたときから70年間、放送又は有線放送が行われたときから50年間守られます。

著作権と著作隣接権を侵害した場合

ショックを受ける人

著作権を侵害した場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられます。懲役と罰金が併科されることもあります。

著作隣接権を侵害した場合も、同様に10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられます。

同じく、懲役と罰金が併科されることもあります。

法人がこれらの権利を侵害した場合は、なんと3億円以下の罰金に処せられます。

いずれの権利も侵害してしまうと大変な刑罰が下される場合があるとわかりました。

知らずに侵害してしまったということのないように、十分に知識を持ち注意深く行動しましょう。

著作隣接権侵害の事例

音源を無断で商業使用

カフェ・植物

自分のお店を持ち、BGMに持っているCDを流したいと考えた場合です。

楽曲の著作権と、実演家およびレコード製作者の著作隣接権に配慮しなければなりません。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html