当たり屋の手口とその対処法を紹介!歩行者もターゲットになる可能性がある?犯人が使う手口や場所を知って防犯しよう

もし自分が事故に遭ってしまったら、あなたはどうしますか?

考えるだけで怖いですが、実際にいつ自分の身に降りかかってくるかわからないのが事故です。

しかし、それが実は意図的に狙われた当たり屋だったとしたら…。

悪質な当たり屋は実際に存在し、その手口も年々巧妙になっています。

これまでは車がターゲットになる傾向でしたが、今では歩行者もターゲットになるのだとか。

本記事ではそんな卑劣な当たり屋の被害に遭わないために、当たり屋の手口や対処方法を伝授します!

当たり屋とは?

実際に当たり屋と聞いてどんなものが思い浮かびますか?あまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。

ここでは当たり屋とはどういうものかを解説します。

当たり屋の定義

当たり屋は故意に交通事故を起こし、人身事故における治療費や慰謝料、物損事故における修理費、またはこれらの事故の示談金や保険金などを請求するものである。事故による精神的動揺に漬け込んで行われる犯罪である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/当り屋

つまり当たり屋とは、普通に走行・歩行している車や自転車、歩行者に自分からわざと接触するような事故を引き起こすこと。

また、歩行者またはドライバーである自身が交通事故に巻き込まれた被害者であるかのように偽装し、損害賠償請求をするという犯罪行為のことです。

「当たり屋」という言葉は、そのような行動をする犯人のことを指す場合もあります。

当たり屋行為は、常に単独犯によって実行されるということだけではありません。集団で実行される場合もあるのです。

例えば、事故に巻き込まれた被害者役の犯人と現場を偶然通りがかった通行人役の共犯者など。

当たり屋行為のターゲットに対して、「目撃者が警察に証言すれば前科者になるだろう」という無言のプレッシャーを与えるのです。

さらに「取り調べなどの負担がかかるだろうから、この場で穏便に済ますためには金銭を支払えばよい」などと、心理的な揺さぶりをかけてきます。

事故を起こしたことで動揺する心理を利用する

加害者だといわれてしまうと本当に自分が前科者になってしまうのではないかと精神的に追い詰められてしまいます

そしてその動揺を利用し、正常な判断ができなくさせられることで焦って金銭の支払いに応じてしまうという被害が増えているのです。

当たり屋への対策は交通事故予防にもつながる

当たり屋がいつどこで犯罪行為を実行しようと計画しているのか、把握することは難しいでしょう。

つまり、万が一当たり屋に出くわしそうになったとしてもターゲットとして狙われることのないよう準備をしておくと安心できるといえます。

そして当たり屋への対策をすることは、交通事故全般の予防にもなるということを頭に入れておいてください。

当たり屋への対策を知っておくことで、交通事故に遭いそうになった場合や事故現場を目撃してしまった場合にも冷静な判断ができるのです。

今日からできる!当たり屋対策

大きな通りや人通りが多い道路を通行する

当たり屋は、証人の目や防犯カメラといった証拠となりやすいものを避けて当たり屋行為を行います。

つまり、当たり屋が好む場所と真逆の特徴を持った道路を通行することで当たり屋に遭遇する確率を大きく下げることができるのです。

防犯カメラはコンビニなどの店頭にも設置されていることが多いですし、店舗がある道路というのは証人が多くいるということでもあります。

住宅街の中にある道路よりも、多くの人が利用する店舗が集まっている道路を選んで通行しましょう。

交番や警察署が近くにある道を通る

もしも犯罪が起こり110番通報した場合に、すぐに警察官が駆け付けられるような場所では犯罪発生率が低いということが知られています。

当たり屋も犯罪行為の一つですので、交番や警察署の近くで当たり屋行為を行うことは極めて稀です。

交番もしくは警察署に近い道を選んで通行することで、当たり屋の犯罪に巻き込まれる可能性が低くなります。

当たり屋の被害に遭わないためには?

当たり屋が犯行を行いにく場所を通行するというのは、近所や土地勘がある場合には有効です。

では、その他に常日頃から当たり屋の被害に遭わないためにできることはどんなことがあるのでしょうか。

自己防衛の意識を持ち、車や自転車そして歩行であっても交通ルールを守ることが大前提す。

ここからは具体的にできる対策をご紹介します。

ドライバーとして知っておくべきこと

車間距離を守る

全てのドライバーには車間距離保持義務が課せられています。

これは道路交通法で定められた事故を防ぐための数値ですので、運転免許を所持している人は全員知っていることですね。

前方の車との車間距離を守っていれば、もし急ブレーキを踏まれた場合でも衝突は避けられます。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html