マインドコントロールから身を守る対策法を徹底解説!仕事や恋愛でマインドコントロールする人の心理・特徴や解き方も確認しよう

マインドコントロールという言葉を聞いたことのある人は多いと思います。

カルト集団や宗教のイメージが強いですが、仕事や恋愛など普段の生活でもマインドコントロールにかかってしまう可能性があるのです。

被害に遭わないよう、その手口と説き方をご紹介します。

ここが怖い!マインドコントロール

個人の価値観を変えてしまう

子供・テレビ
マインドコントロールに関連する事件や問題としてよく取り上げられるのが「カルト」と呼ばれるものです。

カルトとは、特定の人や事物を熱狂的に崇拝することとされています。

なぜ問題視されているかというと、宗教だけの決まりや救済といった理由で個人の考えや行動を制限し、マインドコントロールをかけるからです。

マインドコントロールにかかった人は性格が変わってしまったり、特定の団体や商品に膨大なお金を使ったりするようになります。

最悪の場合、犯罪に手を染めてしまうこともあるのです。

実は日常的に行われている

カルトだけではなく商業・教育・恋愛・ダイエットなど、マインドコントロールの糸口はたくさんあります。

期間限定のほうがお得だと聞いて買う、スリムなほうが好かれるから痩せる、高学歴がいいから有名な学校へ進学する。

このように意図しないうちに考えや行動を選択させられているという点で、これらも一種のマインドコントロールといえます。

犯罪には及ばなくても、マインドコントロールは日常的に行われているということです。

被害に遭っても気づきにくい

虫眼鏡
マインドコントロールは、被害に遭っていると気付きにくいのが特徴です。

なぜならコントロールされている人は、コントロールされた状態のほうが好ましいと信じているからです。

被害者があたかも自分の意志で行動しているように見えるため、第三者による発覚も難しいとされています。

これらの点から、マインドコントロールは被害が大きくなってしまうことの多い犯罪ともいえます。

マインドコントロールから身を守るには

腕組みをする女性警官

マインドコントロールのリスクは日常に潜んでいます。被害に遭わないようにするために最も大切なことは、知識をつけることです。

様々な手口を知っておけば、誘導されていることに気付けます。

さらにマインドコントロールをしようとする人の心理を知ることで、自分やほかの誰かが被害に遭うのを防ぐことができます。

今回は仕事恋愛といった誰にでもありうるシチュエーションで、マインドコントロールの対策をご紹介します。

仕事編

ビジネス仕事をする上で避けては通れない、上司や部下といった上下関係

多くの人が自分よりも立場が上の人には従うという傾向があります。

そのため職場では、この上下関係を利用したマインドコントロールが起きやすいといわれています。具体的には、以下のような例です。

上下関係を利用したマインドコントロール

上司が部下を必要以上に叱責したとしましょう。叱責されることが多ければ多いほど、部下の「自分が悪い」という自己否定感が強くなります。

自己否定感が強まり自信を無くしたタイミングで、上司がその部下のことを褒めたらどうなるでしょうか。

部下はそのたった一度の誉め言葉で深く安心するのです。その安心感と同時に「上司に従うことこそが正しい」という認識が植え付けられます。

前述した「立場が上の人には従う」という感覚が、より個人的かつ強力になるのです。

部下はその後どんなに叱責されても、たとえ上司の言うことが間違っていたとしても言いなりになってしまいます。

「刷り込み」式のマインドコントロール

もうひとつご紹介するのは「刷り込み」と呼ばれる手法です。何気ない言動の繰り返しによって、対象をコントロールする方法です。

こちらも具体例を挙げてみましょう。

上司がある社員Aさんを褒めて「皆さんもAさんを目指しましょう」と言いました。

その後もほかの社員に「Aさんなら…」「Aさんを見習いなさい」と口酸っぱく指導します。

この繰り返しによって「Aさんの真似をすれば良い」という考えだけが刷り込まれます。

その結果より良い方法や新しい成果に価値を感じなくなり、自分で考えることをやめてしまうのです。

こんな人には注意!

仮面を持った男性

仕事においてマインドコントロールをしようとする人には「保守的な人」と「能力の低い人」の2パターンがいるといわれています。

保守的な人は自分のとってきた方法こそが正しいと信じているため、大変だったことも含めて相手も同じ体験をするべきだという心理があります。

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html