闇金の被害に遭わないための対策法を徹底解説!闇金の勧誘や取り立ての手口とは?お金を借りてしまった場合の相談先もご紹介

闇金とは、お金を貸す金融機関でありながら高額な利子を取り付けることで債務者を苦しめる違法集団のことです。

近年お金に困った若者や、いくつもの金融機関でお金を借りている多重債務者などをターゲットにした闇金被害が増えています。

私たちが暮らす社会とは正反対の場所に潜む、闇金業者の手口は非常に巧妙です。

自分は大丈夫と思っていても、思わぬところに落とし穴はあります。

落とし穴のさらに底の方で、甘い罠を仕掛けて手をこまねいているのが闇金業者のやり方です。

今回は闇金に引っかかってしまったときの対処法や、どんな機関に相談すれば良いかについてご紹介していきます。

闇金業者の実態

現金

 

闇金とは違法な貸し付け業者

闇金業者は国に申請を出さずに、金銭の貸し付けを行っている業者のことです。

貸金業を行う際の届け出のことを「貸付業登録」と言い、闇金はこの申請をしていない違法業者になります。

闇金の特徴

闇金は高額な利子を設定し、お金を借りている債務者から違法な借金の取り立てを行います。

債務者の自宅に昼夜を問わずに訪問したり、場合によっては債務者の勤務先にまで訪ねたりすることもあるようです。

闇金業者は目立たない場所に広告を出していることが多く、広告に記載されている電話番号も携帯番号だったりします。

また闇金業者の大きな特徴として挙げられるのが、契約内容の書面が無いことでしょう。

少しでも上記の特徴に当てはまることがあれば、すぐに警察に通報しましょう。

闇金業者のターゲットになりやすい人

[block]1[/block] 多重債務者

多重債務者とは複数の貸し付け業者からお金を借りている人のことです。

消費者金融やクレジット会社など、2社以上の貸し付け業者からキャッシングを利用している方が対象になります。

多重債務に陥りやすい人は、ギャンブル好き衝動買いをしがちであるという特徴が挙げられます。

また金銭に余裕がなくても、友人との旅行や飲み会の誘いを断れず消費者金融に手を出してしまうケースもあるようです。

自己破産者

自己破産申請が承認された場合、借金の返済義務が無くなる代わりに「官報」と呼ばれる書面に掲載されます。

「官報」とは国が毎日発行する新聞のような書面で、自己破産した人物の住所や氏名などが記載されているものです。

また官報はインターネットでの閲覧が可能となっており、誰でも記載内容を知ることができます

闇金業者は、この官報から自己破産を行った人物をリストアップし、ダイレクトメールを送付してコンタクトを取ってくるのです

その結果、闇金と関係を持ってしまったということもあります。

中小企業の経営者

中小企業を経営している方も事業が傾いた際に銀行からの融資を受けられず、闇金からお金を借りてしまうケースがあります。

この場合は事業者が生命保険などに加入していると、その保険金で借金を返済しようとする方もいるようです。

闇金業者は違法な手段で取り立てをしてくるので、債務者を精神的に追い詰めようとしてきます。

そうなる前に、法的機関に相談しましょう。

ブラックリスト

ブラックリストに掲載される人物のことを「金融事故者」と呼び、自己破産などの債務整理を行った人のことです。

ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードやローンの申請が下りなくなり、金融機関での借り入れができなくなります。

銀行などで融資を受けられないため、闇金業者を利用してしまう人もいるようです。

こんな人もターゲットになりやすい

虫眼鏡をのぞく女性

闇金業者のターゲットになりやすい人は、前述した人物像だけではありません。

自己主張が苦手で気弱な人は、得てして闇金業者の口車に乗せられやすい傾向があります。

また金銭的に自由のない主婦層も、一見すると闇金だと分からない悪質な闇金業者の手中に陥りやすいです。

闇金業者は常にアンテナを張り巡らせ、次の獲物を探しています。

自分には関係ないことだと一蹴する前に、今一度自分の経済状況を振り返ってみるとよいでしょう。

闇金の手口

甘い誘い文句に要注意

嘆く男性

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html