騒音トラブルの被害を未然に防ぐ対策法を徹底解説!騒音トラブルの相談先は?騒音が原因で起きた事件と実例から解決方法も紹介

ご近所トラブルの中でもとくに多いのが音による騒音トラブルだといいます。

とくにアパートや賃貸マンションの場合は床や壁の遮音性が低く、分譲マンションより生活音が周囲に伝わりやすくなっています。

そのため、共同生活ということを意識して生活しないと騒音トラブルが発生してしまう可能性があるのです。

この記事では、騒音トラブルの被害を未然に防ぐ対策法を徹底解説!

騒音トラブルが原因で起きた事件と実例から、騒音トラブルの相談先や解決方法もご紹介します。

どうして騒音トラブルが起きるのか?

モデル 男性 女性

共同生活を行ううえで音には気をつけなければならないことは誰もがご存じのことでしょう。

それにもかかわらず騒音トラブルが起きてしまうのはどうしてなのでしょうか?

同じ音でも人によって感じ方が違う

日常生活を送るうえで生活音が出てしまうのは仕方のないことです。

ですが、その生活音の感じ方は人によって違うということを理解しておかなければなりません。

自分には大したことのない音でも、周りの人からすると我慢できない騒音になっている可能性もあるのです。

住人同士のコミュニケーション不足

住人同士のコミュニケーションが希薄になっているというのも騒音トラブルが発生する原因として考えられます。

小さな子どもがいることや夜勤をしていることなど、相手のことをお互いに知っておくことで気遣いができることもあるでしょう。

騒音が気になっても、住人の人となりが分かっていることで許すことができたり大目に見ることができたりするのです。

騒音トラブルが原因で起きた事件と実例

では、実際に騒音トラブルが原因で起きた事件にはどのようなものがあるのでしょうか?

中には騒動が大きくなって傷害事件にまで発展したケースもあるといいます。

ペットの鳴き声

遠吠え 犬

隣家の庭で多頭飼育されている犬が昼夜問わず吠え続け、原告が精神疾患にかかってしまったという実例があります。

原告が苦情を入れても被告が聞き入れてくれなかったため裁判で争うことになり、30万円の損害賠償命令が被告に下されました。

騒音トラブルの元となった犬の鳴き声の様子や時間帯などを原告が詳細に記録していたため、有力な証拠となり勝訴した実例です。

子どもの足音

子供 叫ぶ

マンションの上の部屋に住む子どもの足音がうるさく、通常の生活ができなくなり退去せざるを得なくなったという実例もあります。

この騒音トラブルでは30万円の慰謝料を請求して裁判が起こされましたが、受忍限度内にあると判断され請求が棄却されました。

大音量の音楽

ラジカセ

近所の夫婦に嫌がらせをする目的で、2年半もの長期間にわたって大音量で音楽を流し続けた主婦の騒音トラブルもあります。

加害者が故意に出した騒音によって、近所の夫婦だけでなく近隣住民にまで不眠やめまいなどの健康被害が出ました。

この騒音トラブルは刑事事件に発展し、刑法上の傷害罪に該当するとして実刑判決が下されています。

騒音トラブルの被害を未然に防ぐには?

誰もが被害者にも加害者にもなってしまう恐れがあるのが騒音トラブルです。

騒音トラブルの被害を未然に防ぐにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

物件の周辺環境をチェックする

公園 ブランコ

子どもの騒ぎ声などの騒音トラブルを回避するためには、物件の周辺環境もしっかりとチェックしておく必要があります。

保育園や幼稚園、小学校・中学校・高校など、子どもが集まる施設が物件の周辺にないか確認しましょう。

また、公園やグラウンドなどが近くにある物件も注意したほうがいいかもしれません。

物件の遮音性をチェックする

スペース 壁 床

物件を決めるときには、壁や床の遮音性能をチェックしておくことも大事です。

竣工図面や物件についての資料などから壁の構造や厚さが分かる場合があるので、管理会社や大家にたずねてみるといいでしょう。

物件の間取りをチェックする

家 デザイン 間取り

アパートやマンションなど間取りを確認できる場合は、隣の部屋との位置関係をチェックしておくことをおすすめします。

隣の部屋と自分の部屋のリビングと寝室が隣り合っている場合は、騒音トラブルが発生する可能性があります。

クローゼットや押し入れなどの収納が部屋の境目にある間取りが理想的です。

木造よりも鉄筋コンクリート造の物件を選ぶ

構造 ビル

物件を選ぶ際には物件の構造を確認することも大事なポイントです。

騒音トラブルを防ぐためには、音が伝わりやすい木造の物件よりも遮音性の高い鉄筋コンクリート造の物件を選ぶようにしましょう。

最上階や角部屋の物件を選ぶ

家 最上階

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html