名義貸しの危険性と罪の重さ・トラブルを防ぐ対策法を徹底解説!会社や資格・家族間での名義貸しで借金した場合の対処法もご紹介

  • 2020年4月17日
  • 2020年4月17日
  • 詐欺
  • 625view

何らかの理由で困った顔の家族や知人・友人から、名義を貸すように頼まれることがあります。

「名義を貸す程度で問題解決につながるのなら」と、あっさり貸そうとする方もいるでしょう。

しかし名義貸しは危険が多いうえ、何の得にもなりません。

今回は名義貸しにはらむリスクや、トラブルの回避法などをご紹介しましょう。

名義貸しはなぜ危険なのか?

絶望する人

銀行口座や携帯電話、クレジットカードなどの名義を貸すのは、簡単なことのように見えます。

しかし残念ながら名義貸しを行うと、危険に巻き込まれることが多いです。

名義貸しにはらむリスクとしては、以下のような理由が挙げられます。

名義貸し自体が犯罪行為のため、逮捕されるリスクが

実は名義貸しを行うこと自体が犯罪行為です。より具体的には、詐欺罪が適用されます。

そして詐欺罪は刑事罰であるため、明るみに出た場合は警察沙汰です。

逮捕された場合、自身の信用や評判が落ち、加えて前科が付くことになります。

詐欺罪=詐欺師のイメージもあるため、詐欺師扱いされることもあるでしょう。

名義貸しをすると借金の返済義務も発生

また名義貸しによって、後になってから借金を背負う危険性も高いです。

例えば名義を借りた人が失踪し借金が発覚すると、その返済義務は名義人に発生します。

お金を貸した金融機関にとっては、あくまでも名義人に融資したことになっているためです。

このため連帯保証人になる場合と同じように、名義貸しの場合も借金を返す羽目になります。

仮に返済が滞った場合、ブラックリストへの登録や自己破産の危険性もあるでしょう。

このように名義貸しは、多額の借金を抱えるリスクとも隣り合わせです。

個人情報が流出・悪用される危険も

口座開設や携帯電話の契約で名義貸しした場合、個人情報が流出・悪用される危険もあります。

これは他人名義で口座や携帯電話を入手した場合、犯罪で利用されることもあるためです。

犯罪で悪用される以外にも、名簿業者を通じて闇金融や犯罪集団などの手に渡ることもあります。

名義貸しを行った場合、どの程度の罪になるのか?

手錠をはめられた両手

名義貸しは詐欺罪が適用される行為ですが、具体的にどういうことなのでしょうか。

実は名義貸しをすることは、他人をだますことを意味しています。

そして名義貸しが詐欺罪の対象になる以上、その罪や受ける刑も比較的重いです。

名義貸しは他人をだます行為

名義貸しが詐欺になる理由は、金融機関などを名義人を語かたり利用する点にあります。

例えば金融機関がお金を貸すなどする際は、貸す相手を審査するのが一般的です。

そして普通に返済できていれば問題はないでしょう。

しかし返済が滞った場合は、金融機関からお金をだまし取ったことになります。

それは詐欺を意味するため、名義貸しは詐欺罪の適用対象となる仕組みです。

6ヶ月以下の懲役か100万円以下の罰金に

名義貸しが原因で有罪判決を受けた場合、6ヶ月以下の懲役か100万円以下の罰金刑となります。

どちらになるかについては、名義貸しの悪質さに基づいて裁判官が決めることです。

仮に刑務所での懲役を免れても、100万円の罰金は非常に大きな負担になります。

そして罰金を支払えない場合は、労役場での労働に従事する流れです。

なお労役場は日給5000円のため、罰金100万円の場合は200日も働く羽目になります。

名義貸しによくあるケースとは?

貧乏

名義貸しをせずに済ませるには、まず名義貸しのケースを知ることが大切です。

主に身内などから頼まれるケースと、詐欺集団が儲け話で頼むケースがあります。

身内や知人・友人から借金やカードの名義貸しを頼まれるケース

名義貸しでありがちなのが、身内や知人・友人が頼んでくるケースです。

彼らが頼んでくる動機としては、主にお金に困っているケースが挙げられます。

借入限度額を超えたりブラックリストに登録されたりするなど、金策に困っているケースです。

彼らは自身ではお金の工面が困難なため、信用ある彼らの名義で何とかしようとします。

詐欺集団が謝礼金を稼げると持ち掛けるケース

また詐欺集団が名義貸しで謝礼金が稼げると持ち掛けるケースも多いです。

具体的には口座開設や携帯電話の契約によって謝礼金がもらえると騙ってきます。

このケースの場合、口座や携帯電話を振り込め詐欺などの犯罪に利用されるケースも多いです。

仮に犯罪に利用された場合、名義人も共犯者として逮捕などされます。

その点では、身内から名義貸しを依頼される以上に恐ろしいケースです。

名義貸しを頼まれた時の対策法とは?

疑問を感じる人

本サイトの記事は犯罪に巻き込まれない、犯罪を未然に防ぐという観点から書かれたものであり、 実際に犯罪に巻き込まれた場合や身に迫る危険がある場合はすぐに最寄りの警察署までご相談ください。

■警察庁 各都道府県警察の被害相談窓口
http://www.npa.go.jp/higaisya/ichiran/index.html